北斉書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北斉書』(ほくせいしょ、繁体字: 北齊書; 簡体字: 北齐书; ピン音: Běiqíshū; ウェード式: Pei-ch'i shu)は、李百薬の書いた紀伝体断代史で、二十四史の一つである。8巻と列伝42巻の合計50巻、636年貞観10年)の成立。東魏北斉の歴史を記載した正史である。

李百薬の父である李徳林の手になる紀伝体で全27巻の『北斉史』が存在していて、それが代には38篇に編みなおされていた。李百薬は父の史書の上に、王邵の『北斉志』より得た資料を付加することによって、本書を完成させたのである。本書には外国伝は存在しない。

18巻分は李百薬が書いた文章が残る(巻4, 13, 16-25, 41-45, 50)が、残りは散逸したため、後代の人が『北史』などの諸書によって補った。原名は『斉書』(せいしょ)であるが、代以降に蕭子顕の『南斉書』と区別するため『北斉書』と呼び習わされるようになった。

史通』を著した劉知幾は、本書に対して王邵の『北斉志』や宋孝王の『関東風俗伝』より劣るという、非常に手厳しい評価を下している。

内容[編集]

帝紀[編集]

  1. 帝紀第一 - 神武帝
  2. 帝紀第二 - 神武帝下
  3. 帝紀第三 - 文襄帝
  4. 帝紀第四 - 文宣帝
  5. 帝紀第五 - 廃帝
  6. 帝紀第六 - 孝昭帝
  7. 帝紀第七 - 武成帝
  8. 帝紀第八 - 後主幼主

列伝[編集]

  1. 列伝第一 - 神武婁后文襄元后文宣李后孝昭元后武成胡后後主斛律后胡后穆后
  2. 列伝第二 - 高祖十一王 - 永安簡平王浚平陽靖翼王淹彭城景思王浟上党剛粛王渙襄城景王淯任城王湝高陽康穆王湜博陵文簡王済華山王凝馮翊王潤漢陽敬懐王洽
  3. 列伝第三 - 文襄六王- 河南康舒王孝瑜広寧王孝珩河間王孝琬蘭陵武王孝瓘安徳王延宗漁陽王紹信
  4. 列伝第四 - 文宣四王・孝昭六王・武成十二王・後主五男
  5. 列伝第五 - 趙郡王琛清河王岳
  6. 列伝第六 - 広平公盛陽州公永楽襄楽王顕国上洛王思宗平秦王帰彦武興王普長楽太守霊山
  7. 列伝第七 - 竇泰尉景婁昭厙狄干韓軌潘楽
  8. 列伝第八 - 段栄段韶段孝言
  9. 列伝第九 - 斛律金斛律光斛律羨
  10. 列伝第十 - 孫騰高隆之司馬子如
  11. 列伝第十一 - 賀抜允蔡儁韓賢尉長命王懐劉貴任延敬莫多婁貸文高市貴厙狄迴洛厙狄盛薛孤延張保洛侯莫陳相
  12. 列伝第十二 - 張瓊斛律羌挙堯雄宋顕王則慕容紹宗薛修義叱列平歩大汗薩慕容儼
  13. 列伝第十三 - 高乾封隆之
  14. 列伝第十四 - 李元忠李密李愍李景遺盧文偉盧詢祖盧勇李義深
  15. 列伝第十五 - 魏蘭根・崔崔瞻
  16. 列伝第十六 - 孫搴陳元康杜弼
  17. 列伝第十七 - 張纂張亮張耀趙起徐遠王峻王紘
  18. 列伝第十八 - 敬顕儁平鑑
  19. 列伝第十九 - 万俟普可朱渾元劉豊破六韓常金祚韋子粲
  20. 列伝第二十 - 元坦元斌元孝友元暉業元弼元韶
  21. 列伝第二十一 - 李渾李絵・李鄭述祖
  22. 列伝第二十二 - 崔暹高徳政崔昂
  23. 列伝第二十三 - 王昕王晞
  24. 列伝第二十四 - 陸法和王琳
  25. 列伝第二十五 - 蕭明蕭祗蕭退蕭放徐之才
  26. 列伝第二十六 - 楊愔
  27. 列伝第二十七 - 裴譲之皇甫和李構張宴之陸卬王松年劉禕
  28. 列伝第二十八 - 邢卲
  29. 列伝第二十九 - 魏収
  30. 列伝第三十 - 辛術元文遙趙彦深
  31. 列伝第三十一 - 崔季舒祖珽
  32. 列伝第三十二 - 尉瑾馮子琮赫連子悦唐邕白建
  33. 列伝第三十三 - 暴顕皮景和鮮于世栄綦連猛元景安独孤永業傅伏高保寧
  34. 列伝第三十四 - 陽斐盧潜崔劼盧叔武陽休之袁聿修
  35. 列伝第三十五 - 李稚廉封述許惇羊烈源彪
  36. 列伝第三十六 儒林 - 李鉉刁柔馮偉張買奴劉軌思鮑季詳邢峙劉昼馬敬徳張景仁権会張思伯張彫孫霊暉石曜
  37. 列伝第三十七 文苑 - 祖鴻勲李広樊遜劉逖荀士遜顔之推
  38. 列伝第三十八 循吏 - 張華原宋世良郎基孟業崔伯謙蘇瓊房豹路去病
  39. 列伝第三十九 酷吏 - 邸珍宋遊道盧斐畢義雲
  40. 列伝第四十 外戚 - 婁叡爾朱文暢鄭仲礼李祖昇胡長仁胡長粲
  41. 列伝第四十一 方伎 - 由吾道栄王春信都芳宋景業許遵呉遵世趙輔和皇甫玉解法選魏寧綦母懐文張子信馬嗣明
  42. 列伝第四十二 恩倖 - 郭秀和士開穆提婆高阿那肱韓鳳韓宝業

外部リンク[編集]