京畿 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京畿(けいき)は、中国唐代行政区画のひとつ。

618年武徳元年)、唐朝が成立すると関隴岷蜀河東を中央直轄地区とし、15州総管府、33直属州を管轄したのが前身である。

直轄区域は627年貞観元年)、管轄区域は関内道河北道河南道隴右道に分割されて廃止されたが、716年開元4年)、京畿の州県は中央の直接管理地区となり、733年(開元21年)には京畿が設置された。

下部行政区画(618年段階)[編集]

参考文献[編集]

  • 郭声波『中国行政区画通史」(復旦大学出版社 2012年)