武平郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武平郡(ぶへい-ぐん)は、かつてベトナム北部に中国王朝が設置した

概要[編集]

271年建衡3年)、陶璜が扶厳夷を撃破し、武平郡が立てられた[1]。武平郡は交州に属した。

のとき、武平郡は武寧武興進山根寧安武扶安封渓の7県を管轄した[2]

南朝斉のとき、武平郡は武定・封渓・平道・武興・根寧・南移の6県を管轄した[3]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、武平郡は廃止されて、交州に編入され、武平郡の呼称は姿を消した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』呉書三嗣主伝
  2. ^ 晋書』地理志下
  3. ^ 南斉書』州郡志上
  4. ^ 隋書』地理志下