夜郎郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夜郎郡(やろう-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から唐代にかけて、現在の雲南省東部および貴州省南西部にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

311年永嘉5年)、牂牁郡朱提郡建寧郡を分割して夜郎郡が立てられた。夜郎郡は寧州に属し、郡治は夜郎県に置かれた。

南朝宋のとき、夜郎郡は夜郎・広談談楽談指の4県を管轄した[1]

南朝斉のとき、夜郎郡は夜郎・談指・談楽・広談の4県を管轄した[2]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、夜郎郡は廃止されて、静人県が置かれた[3]

642年貞観16年)、唐により開山洞に珍州が置かれ、夜郎麗皋楽源の3県を管轄した。742年天宝元年)、珍州は夜郎郡と改称された。758年乾元元年)、夜郎郡は珍州と改称され、夜郎郡の呼称は姿を消した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 宋書』州郡志四
  2. ^ 南斉書』州郡志下
  3. ^ 隋書』地理志下
  4. ^ 旧唐書』地理志三