至徳 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

至徳(しとく)は中国代の元号。756年(天宝)7月に粛宗の即位と同時に改元され、用いられた。756年 - 758年。

西暦・干支との対照表[編集]

至徳 元載 2載 3載
西暦 756年 757年 758年
干支 丙申 丁酉 戊戌

他元号の対照表[編集]

至徳 元載 2載 3載
西暦 756年 757年 758年
安禄山 聖武 聖武2
載初
天成
天成2
日本 勝宝8 勝宝9
天平宝字
宝字2
渤海 大興19 大興20 大興21
南詔 賛普鐘5 賛普鐘6 賛普鐘7

関連項目[編集]


前の元号:
天宝
中国の元号
次の元号:
乾元