元鼎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

元鼎(げんてい)は、中国前漢代の元号(紀元前116年-紀元前111年)。武帝の第5元。それまで、元年・2年・3年とだけ年を記録してきたが、各年代に名称を設けるべきだという建議がなされた。そこで、宝鼎が発見されたのを機に、これを「元鼎」とし、それ以前に関しても遡って、初元を「建元」、二元を「元光」、三元を「元朔」、四元を「元狩」と名付けた。これにより、元号制が始まった。

  • 2年:桑弘羊が大農丞となり、均輸法が実施される。
  • 3年4月:常山王劉舜薨去。
  • 4年2月:中山王劉勝薨去。
  • 5年4月:南越国にて呂嘉の乱が発生、漢から離反した。
  • 5年秋:路博徳楊僕を南越征伐に派遣。
  • 6年:南越国を滅ぼし、漢の九郡(南海、蒼梧、鬱林、合浦、交阯、九真、日南、珠厓、儋耳)を設置。

西暦との対照表[編集]

元鼎 元年 2年 3年 4年 5年 6年
西暦 前116年 前115年 前114年 前113年 前112年 前111年
干支 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午

関連項目[編集]


前の元号:
元狩
中国の元号
前漢
次の元号:
元封