袁州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
袁州路から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

袁州(えんしゅう)は中国にかつて存在した州。現在の江西省宜春市一帯に相当する。

隋代[編集]

591年開皇11年)、袁州を設置し、宜陽県(598年に宜春県と改称)に州治を置く。607年大業3年)、袁州を宜春郡と改称した。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇11年 区分 大業3年
袁州 宜春郡
- 宜春県
萍郷県
新渝県
宜陽県
萍郷県
新渝県

唐代[編集]

622年武徳5年)、宜春郡を袁州と改称、627年貞観元年)に全国を10道に分割した際には江南道733年開元21年)には江南西道の管轄とされた。746年天宝5年)、宜春郡とされたが、758年乾元元年)に再び袁州と改称された。

宋代[編集]

元代[編集]

1276年至元13年、袁州安撫司を設置、翌年には総管府に昇格し、宜春、分宜、万載、萍郷の4県を管轄した。1282年(至元19年)、袁州路と改編され江西行省の管轄とされた。1295年元貞元年)には萍郷が州に昇格している。

下部行政区画は下記の通り

明清代[編集]

1369年洪武2年)、袁州府と改称、清末まで沿襲された。

民国[編集]

中華民国が成立すると1914年民国3年)に府制廃止に伴い袁州は廃止、管轄県は江西省廬陵道に移管された。

関連項目[編集]