宗像大社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宗像大社
Munakata-taisha, shaden.JPG
辺津宮 社殿
(右に拝殿、左に本殿:いずれも国の重要文化財
所在地 福岡県宗像市田島2331(辺津宮)
福岡県宗像市大島1811(中津宮)
福岡県宗像市大島沖之島(沖津宮)
位置 北緯33度49分51秒
東経130度30分51秒
座標: 北緯33度49分51秒 東経130度30分51秒
主祭神 田心姫神(沖津宮)
湍津姫神(中津宮)
市杵島姫神(辺津宮)
神体 御霊代
青玉(沖津宮)[1]
紫玉(中津宮)[1]
社格 式内社(名神大)
官幣大社
別表神社
創建 不詳(有史以前)
別名 道主貴(みちぬしのむち)
例祭 10月1日 - 3日
テンプレートを表示

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にある神社式内社名神大社)で、旧社格官幣大社で現在は別表神社。日本各地に七千余ある宗像神社厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。また、あらゆる道の神としての最高神、貴(むち)の称号を伊勢神宮(おおひるめのむち)、出雲大社(おおなむち)に並び持ち、道主貴(みちぬしのむち)と称す。神宝として古代祭祀国宝を多数有し、裏伊勢とも称される。 2017年平成29年)、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の一つとして、世界遺産に登録された。

概要[編集]

『宗像大社』は沖ノ島沖津宮筑前大島中津宮宗像市田島の辺津宮の三社の総称であるが、現在では「辺津宮」のみを指す場合も多い。筑前大島には沖津宮遥拝所(瀛津宮)もある。地図上で辺津宮から11km離れた中津宮、さらに49km離れた沖津宮を線で結ぶと、その直線は145km離れた朝鮮半島釜山の方向に向かう。古代から大陸と半島の政治、経済、文化の海上路であった。古くから海上交通安全としての神威にちなみ、信仰されているが、現在では海上に限らず、道主貴の名のもとにあらゆる道、陸上・交通安全の神として信仰を集めている。そのため、福岡県やその周辺では宗像大社のステッカーを貼った自動車が多数見受けられるほか、新車を購入した際に祈願殿にて御祓いを受ける人も非常に多い。また、車に装着する交通安全のお守りは宗像大社が発祥である。

沖津宮のある海上交通の要所に位置する沖ノ島は、古来より島に立ち入り見聞きした事を口外してはならず「お不言さま(おいわずさま)」と呼ばれ、島全体が神体である。そのため現在でも女人禁制であり、男性であっても上陸前にはを行なわなければならない。これが男女差別だと言われることもあるが、これは島の神が女の神様(田心姫神)であり、女性が島に上陸すると嫉妬され祟りがあると言われているからである。昭和29年以来十数年に渡り沖の島の発掘調査が行われ、4世紀から9世紀までの古代祭祀遺構や装飾品などの大量の祭祀遺物(奉献品)、この他に縄文時代から弥生時代にかけての石器や土器などの遺物が発見された。このことから、沖ノ島は俗に「海の正倉院」と呼ばれており、有史以前の古代から海人族らの信仰の対象とされていたことが偲ばれる。現在は、台風などの緊急避難港に指定されている。なお、大社の神勅の額は、伏見宮貞愛親王揮毫している。

考古学者の吉村作治氏が提唱し、沖ノ島及び宗像地域の祭祀遺跡などを世界遺産にする運動が起こり、2009年に「沖津宮・中津宮・辺津宮」及び「沖津宮遥拝所と沖ノ島全体」を含めて、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として暫定リストに追加掲載、2015年には推薦候補となり、2017年7月、ポーランドクラクフでのユネスコ世界遺産委員会で、正式に世界遺産に登録された。

祭神[編集]

3社にそれぞれ以下の神を祀り、宗像三女神(宗像大神)と総称する。

社殿[編集]

宗像大社辺津宮

  • 本殿、拝殿、祈願殿、儀式殿、清明殿、勅使館、祓舎、手水舎、宗像祖宮、神門、大鳥居、高宮祭場、第二宮、第三宮、など

宗像大社中津宮

  • 本殿、拝殿、奥宮御嶽神社、七夕社、牽牛社、など

宗像大社沖津宮

  • 拝殿、禊場、沖津宮社務所、など

沖津宮遙拝所

  • 遥拝殿、鳥居、など

歴史[編集]

伝えられる伝承では日本神話に起源を持つ。天照大神素戔嗚尊誓約(うけい)の際、天照大神が素戔嗚の剣を噛み砕き、プッと吹き出した破片から生まれたのが宗像三女神である。彼女たちはアマテラスの神勅を奉じて、皇孫ニニギノミコトを助けるため玄界灘に浮かぶ筑紫宗像の島々に降り、この地を治めるようになったのが宗像大社の起源とされている。記紀に記載される「天から地に降りた神」はニニギノミコトと(その天孫降臨以前に下った)宗像三女神だけである。これは記紀に記載される神名とその鎮座地が明確に記述されたものとしては、最も古い。

宗像は『古事記』では胸形という字が当てられ、また胸肩、宗形とも表記されるが、もとは水潟であったとする説もある。古くから当地の民の氏神として信仰を集めてきたが、神功皇后三韓征伐の際ここに航海の安全を祈り霊験があったといわれ、事あるごとに宗像に奉幣使を派遣する習いになったとされる。大和朝廷から重視され、またこの逸話からは航海安全の守護神として崇められるようになった経緯がうかがえる。

律令制導入により国郡制が布かれると宗像一郡神領として与えられ、当地の豪族宗形氏神主として神社に奉仕し、神郡行政も司ることになった。宗形氏の由緒を記した石碑によれば、宗形氏の族長が二代にわたって中国の商人の娘を正室に迎えている。また宗形徳善は娘の尼子娘天武天皇後宮に入れ、白雉5年(654年)に二人の間に生まれた第一皇子高市皇子壬申の乱で父を助けて大功を挙げ、のちに太政大臣に任ぜられた。長屋王は高市の子であり、また高階氏の祖ともなった。

鎌倉時代以降、宗形氏の後身で大宮司家の地位を世襲した宗像氏が武士化し、有力な国人領主に成長したが、戦国時代には大内氏大友氏少弐氏など近隣の大名同士の戦争に動員され、宗像大社も軍事攻撃の対象となってたびたび放火・破壊を受け、その宗像氏も衰退していった。しかしそのつど朝廷武家の信奉があり再建を繰り返してきた。こけら葺きの大屋根が美しい現在の辺津宮本殿は、天正6年(1578年)に大宮司宗像氏貞が再建、辺津宮拝殿は、筑前領主であった小早川隆景によって天正16年(1590年)に再建された。辺津宮の本殿拝殿ともに国の重要文化財に指定されている。宗像氏が担ってきた祭祀はその後、草刈氏草刈重継)に引き継がれた。江戸時代には筑前福岡藩黒田氏などによる社殿の造営・修理、社領の寄進などが度々伝えられている。その後、幕末から明治の廃仏毀釈により神宮寺であった屏風山鎮国寺は大社から切り離され、昭和第二次世界大戦の後、荒廃していた境内は赤間(宗像市赤間地区)出身で、幼い頃より宗像大社を崇敬していた実業家、出光佐三の寄進により整備され、沖津宮のある沖ノ島祭祀遺跡の調査発掘に際しては国に働きかけるなど尽力している。

摂社、末社[編集]

神事・祭事[編集]

  • 秋季大祭 - 毎年10月1〜3日。1〜3日の辺津宮本殿での催しに先立って中津宮・沖津宮で神迎えの神事があり、漁船群の立てる色とりどりの旗や幟で海上神幸を行う(みあれ祭)。本殿では舞、風俗舞、流鏑馬、奉納相撲などが披露される。起源は平安時代にまで遡るといい、「放生会」と呼ぶこともある。
  • 七夕祭 - 毎年旧暦7月7日夕刻時、筑前大島の中津宮末社で行われる。牽牛社・織女社というのがあり、その前に短冊を付けた竹笹を立てて技芸の上達を祈る。水に映る姿を見て男女の因縁を占う神事や、七夕揮毫大会も開かれる。正平年中行事によると、1346年「七月七日之七夕虫振神事」とある。

文化財[編集]

国宝[編集]

  • 福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品・伝福岡県宗像大社沖津宮祭祀遺跡出土品 一括
玄界灘に浮かぶ絶海の孤島・沖ノ島の20数箇所の祭祀遺跡から発掘された一括遺物。1954年から1971年に至る第1次〜第3次の発掘調査で出土したもので、時代的には古墳時代から平安時代4世紀10世紀)にわたる。中国・朝鮮半島製品を含む、各種の銅鏡、金銅(銅に金メッキ)製の馬具類のほか、土師器、三彩陶器、滑石製品、玉類、刀剣類などが出土品の主なものである。出土品中にはペルシャサーサーン朝製と見られるガラス椀の破片などもある。考古学、美術史、宗教史、古代史など、さまざまな分野の研究に資するところの多い、学術的にきわめて貴重な資料である。3次にわたる発掘調査の結果は『沖ノ島』『続沖ノ島』『宗像沖ノ島』という報告書の形で刊行されている。これら出土品は宗像大社の神宝館で公開されている。1962年に第1次・第2次発掘調査出土品が国宝に指定され、2003年には第3次発掘調査出土品が追加指定されている。約8万点に及ぶ一括遺物の国宝としては、数量の上で日本一である。

重要文化財[編集]

  • 宗像神社辺津宮拝殿
  • 宗像神社辺津宮本殿
  • 木造狛犬一対
  • 石造狛犬一対
  • 藍韋威肩白胴丸 兜、壺袖付(あいかわおどしかたじろどうまる)-「胴丸」は鎧の一種。
  • 経石(正面阿弥陀如来像・背面阿弥陀経)(阿弥陀仏経碑)
  • 宗像神社文書 12巻 附:宗像神社記録5巻、1冊、宗像社家文書惣目録 1冊
  • 色定法師一筆一切経 4342巻[2] 自文治三年(1187年)至嘉禄三年(1227年)奥書(宗像市田島 興聖寺所有、宗像大社管理)
  • 滑石製経筒 仁平4年銘(宗像市稲元区所有、宗像大社管理)

史跡(国指定)[編集]

  • 宗像神社境内

福岡県指定有形文化財[編集]

  • 宗像神社中津宮本殿

その他[編集]

宗像大社と出光佐三[編集]

出光興産の創業者出光佐三は旧宗像郡の出身で、幼少より宗像大社を崇敬していた。1937年に参拝した際に荒廃した宗像大社を知り、1942年に宗像神社復興期成会の結成を呼び掛け、初代会長に就任。戦中・戦後の活動停止を経て、1969年に宗像大社復興期成会に改組した[3]。現在の辺津宮拝殿なども佐三の寄進によるところが大きいが、本人が畏れ多いと辞退したため境内にその名を示す痕跡がない。佐三をモデルにした小説『海賊とよばれた男』では、敗戦に際して社内に分祀勧請した宗像神社の三女神に日本日本民族の加護を祈願する姿が描かれている。佐三は伊勢神宮は「皇室の祖先」、宗像大社は「国民の祖先」という自らの考えを著書に記している。出光美術館は「宗像・沖ノ島」展などの特別展を積極的に開催している。

名物[編集]

  • 宗像大社せんべい
  • 幸福餅

交通[編集]

辺津宮
中津宮・沖津宮遥拝所
  • 神湊漁港(宗像市玄海町 東郷駅から西鉄バス宗像で20分)より大島港まで宗像市営渡船で15分、市営フェリーで25分、港よりタクシーまたは徒歩

鹿児島本線赤間駅からバスを利用する方法もガイドブックで紹介されているが、赤間駅からは一日数本しか出ておらず、またその全てが東郷駅を経由するので、バスを使う場合は東郷駅を利用した方が良い。ちなみに両駅とも快速は停車する。特急は要確認。(2014年6月現在)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『神社有職故実』全129頁中8頁 昭和26年7月15日神社本庁発行
  2. ^ 1958年の重要文化財指定時の員数は4331巻であったが、1992年に11巻が追加指定された(平成4年6月22日文部省告示第85号)。
  3. ^ 公益財団法人出光美術館 2014, p. 15
[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、59頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、327頁
  • 上山春平他『日本「神社」総覧』新人物往来社、1992年、264-265頁
  • 『神道の本』学研、1992年、211頁

外部リンク[編集]