長屋王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長屋王(ながやのおおきみ、天武天皇13年(684年)? - 神亀6年2月12日729年3月16日))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇族太政大臣高市皇子の長男。官位正二位左大臣

皇親勢力の巨頭として政界の重鎮となったが、対立する藤原四兄弟陰謀といわれる長屋王の変自殺した。

出自[編集]

天武天皇13年(684年)誕生説が有力であるが、懐風藻の記事にもとづき天武天皇5年(676年)とする説もある。父は天武天皇の長男の高市皇子、母は天智天皇の皇女の御名部皇女元明天皇の同母姉)であり、皇親として嫡流に非常に近い存在であった。

経歴[編集]

大宝4年(704年無位から正四位上に直叙される。通常の二世王の蔭位従四位下であるが、三階も高い叙位を受けていることから、天武天皇の皇孫の中でも特別に優遇されていたことがわかる。和銅2年(709年従三位宮内卿に叙任されて公卿に列す。和銅3年(710年式部卿を経て、霊亀2年(716年)には正三位に叙せられている。

霊亀3年(717年左大臣石上麻呂薨去すると、翌養老2年(718年)長屋王は参議中納言を経ずに一挙に大納言に任ぜられ、太政官右大臣・藤原不比等に次ぐ地位を占める。この異例の昇進は妻の係累にあたる元正天皇吉備内親王の姉)と藤原不比等(藤原長娥子の父)という二人の有力者の意向によるものとされる。血統の良さもさることながら、優れた政治的能力を期待され、藤原不比等も長屋王を政治家として育成を図ろうとしていたことが窺われる[1]。また、元正天皇は即位前に吉備内親王と同居していたらしく[2]、その夫である長屋王に厚い信任を寄せていたといわれている。

長屋王政権[編集]

養老4年(720年)8月に藤原不比等が薨去すると、翌養老5年(721年)正月に長屋王は従二位右大臣に叙任されて政界の主導者となる。なお、不比等の子である藤原四兄弟武智麻呂房前宇合麻呂)はまだ若く、議政官は当時参議官職にあった房前のみであったため、長屋王は知太政官事舎人親王とともに皇親勢力藤原氏を圧倒した。長屋王は政権を握ると、和銅年間から顕著になってきていた公民の貧窮化や徭役忌避への対策を通じて、社会の安定化と律令制維持を図るという、不比等の政治路線を踏襲する施策を打ち出す[1]

  • 養老5年(721年)3月:水害干魃に起因する貧窮対策として、平城京および畿内の公民に対して1年間の調を免除し、他の七道諸国の公民に対しても同様に夫役を免除する[3]
  • 養老5年(721年)6月:前年度発生した隼人蝦夷の反乱鎮圧のための兵役の負荷軽減対策として、陸奥筑紫の公民に対して1年間の調・を免除する。戦場で死亡した者は、その父子ともに1年間の租税を免除する[4]
  • 養老6年(722年)2月:諸衛府衛士の役務期間が長すぎて逃亡が相次いでいたことから、勤務年限を3年とし必ず交替させる[5]
  • 養老6年(722年)閏4月:陸奥按察使管内の公民の調・庸を徐々に免除して、農耕養蚕を勧奨して、を習得させる。辺境を助けるための租税として麻布を徴収することとし、蝦夷に与えるに充当する。陸奥国出身で朝廷に仕えている者(衛士・資人・采女など)は全員本国に帰国させてそれぞれの地位に戻す[6]
  • 養老7年(723年)4月:日向大隅薩摩の各国は兵役の負荷が重く、兵役の後に飢饉疫病が発生していることから、3年間租税を免除する[7]

また、長屋王政権における重要な民政策として開田策がある[8]

  • 養老6年(722年)閏4月:秋の収穫後に10日を限度として人民を賦役させ、官粮や官の調度を活用して、諸司の裁量のもとで良田100万町歩の開墾を進めることとし、故意に開墾を進めない場合は官職を解任する(百万町歩開墾計画[6]
  • 養老7年(723年)4月:人口の増加に伴う口分田の不足に対応するために、田地の開墾を奨励することとし、新たに田地を開墾した場合は三代目まで、田地を手入れして耕作できるようにした場合は本人の代のみ、それぞれ田地の所有を認める(三世一身法[9]

この頃、律令制支配の浸透によって蝦夷や隼人では反乱が頻発していたが、長屋王は朝廷の最高責任者として機敏な対処を行い、速やかな反乱の鎮圧を実現している[10]

長屋王の変[編集]

長屋王墓(奈良県生駒郡平群町

神亀元年(724年)2月に聖武天皇即位と同時に長屋王は正二位左大臣に進む。間もなく聖武天皇は生母である藤原宮子(藤原不比等の娘)を尊んで「大夫人」と称する旨の勅を発する[16]。しかし、3月になって長屋王らは公式令によれば「皇太夫人」と称すべきこと、勅によって「大夫人」を用いれば違令となり、公式令によって「皇太夫人」を用いれば違勅になる旨の上奏を行った。これに対して天皇は先の勅を撤回し、文章上は「皇太夫人」を、口頭では「大御祖」と呼称するとの詔を出して事態を収拾した(辛巳事件[17]。この事件をきっかけとして長屋王と藤原四兄弟との政治的な対立が露になってゆく。

また、長屋王と吉備内親王の間の子女(膳夫王桑田王葛木王鉤取王)は先の霊亀元年(715年)に皇孫として扱う詔勅が出されるなど、一定程度の皇位継承権を持つことが意識されていたらしく、聖武天皇やその後継に万一の事態が発生した場合に、長屋王家の子女が皇嗣に浮上する可能性があった。このため、聖武天皇の外戚である藤原四兄弟にとって、長屋王家が目障りな存在だったと考えられる[18]

さらに当時の朝廷には、母親が非皇族かつ病弱であった聖武天皇を天皇に相応しくないと見なす考えがあり、聖武天皇は神亀4年(727年)に藤原光明子所生の皇子である基王を生れて間もなく皇太子に指名し、基王が成人した後に譲位し、自らが太上天皇となって政治を行おうと目論んだ。しかし、神亀5年(728年)基王に満1歳になる前に先立たれてしまい、聖武天皇には非藤原氏系の安積親王しか男子がいない状況となった。こうして、聖武系の皇位継承に不安が生じた状況の中で、藤原四兄弟が長屋王家(長屋王および吉備内親王所生の諸王)を抹殺した長屋王の変が発生する[18]

神亀6年(729年)2月に漆部君足(ぬりべのきみたり)と中臣宮処東人が「長屋王は密かに左道を学びて国家を傾けんと欲す」と密告し、それをうけて藤原宇合らの率いる六衛府の軍勢が長屋王の邸宅を包囲する。なお、『兵防令』差兵条では20名以上の兵士を動員する際には、天皇の契勅が必要とされており、長屋王邸を包囲するための兵力動員にあたっては、事前に聖武天皇の許可を得ていたことがわかる。舎人親王などによる糾問の結果、長屋王および吉備内親王と所生の諸王らはをくくって自殺した。『獄令』決大辟条には、皇親及び貴族には死罪の代替として自尽が認められる(ただし、悪逆以上の大罪にはこれを認めない)という規定がある。従って、長屋王の自殺が自らの決断したものなのか、死罪の代替として宇合らに強要されたものなのかは明らかでない。

一方で、皇位継承権の埒外である藤原長娥子と所生の諸王(安宿王ら)には全く咎めはなかった。また、変に連座して罰せられた官人従五位下・上毛野宿奈麻呂ら微官の7名に過ぎず、皇親勢力の大物である舎人・新田部両親王が長屋王を糾弾する側に回るなど、長屋王が政権を握る中で藤原四兄弟に対抗できる勢力を構築できていなかったことは明白であった[19]

長屋王の自殺後、藤原四兄弟は妹で聖武天皇夫人であった光明子を皇后に立て、藤原四子政権を樹立する。しかし、天平9年(737年)に天然痘により4人とも揃って病死してしまったことから、長屋王を自殺に追い込んだ祟りではないかと噂されたという[20]。なお、『続日本紀』によると、翌天平10年(738年)長屋王を「誣告」し恩賞を得ていた中臣宮処東人が、かつて長屋王に仕えていた大伴子虫により斬殺されてしまう。『続日本紀』に「誣告」と記載されていることから、同書が成立した平安時代初期の朝廷内では、長屋王が無実の罪を着せられたことが公然の事実となっていたと想定されている[21]

人物[編集]

養老3年(719年新羅からの使者を長屋王邸に迎えて盛大な宴会が催された際の、長屋王自身の作になる漢詩が『懐風藻』に収録されている。なお『懐風藻』にはこのときの詩を含め、長屋王の漢詩作品が計3首収められている。

神亀5年(728年)5月に王の父母と聖武天皇をはじめとする歴代天皇のために、大般若経一部六百巻の書写を発願している(『神亀経』)。

長屋王に関する議論[編集]

官人としての特殊性[編集]

長屋王は官人として、次のような特殊性を持つ。第一に、いきなり正四位上に初叙された点である。第二に、参議中納言も経ずにいきなり大納言になった点である。第三に、食封の増額と封租の全部支給が、親王とともに認められた点である。この点、従来は父である高市皇子皇太子としての待遇を受けていたからとする見解が有力だったが、寺崎保広は、皇親制や位階制などが始まって間もなかったことや天武天皇の孫の中でも特に有力な血筋であったことなどを原因としている。

長屋親王説[編集]

後述のとおり、長屋王の邸宅跡から発掘された木簡に「長屋親王宮鮑大贄十編」の文字があったこと、『日本霊異記』の長屋王の変に関する説話では「長屋親王」と称されていることなどから、在世時には長屋親王と称されていたとする学説もある。長屋王と吉備内親王の間の子供達が外祖母にあたる元明天皇によって二世王の待遇(元来は天武天皇の三世王)を受けていることなどから長屋王に対しても特別待遇がされていた可能性もある。通常の律令解釈によれば、親王は天皇の息子または孫に対して天皇から親王宣下を受けない限り名乗れなかったとされる。

長屋王邸発掘調査と長屋王家木簡の出土[編集]

昭和61年(1986年)から平成元年(1989年)にかけて、奈良市二条大路南のそごうデパート建設予定地で奈良文化財研究所による発掘調査が行われ、昭和63年(1988年)には奈良時代貴族邸宅址が大量の木簡群(長屋王家木簡)とともに発見され、長屋王邸と判明した[22]

長屋王邸は平城宮の東南角に隣接する高級住宅街に位置し、二条大路に面し、南は曲水苑池の庭である平城京の左京三条二坊跡庭園と向かい合っている。約30,000m2を占めていた[23]。出土した4万点に及ぶ木簡の中から、「長屋親王」の文字が入った木簡が発見され、長屋王の邸宅であったことが判明した。また、奈良時代の貴族生活を知る貴重な遺産ともなったが、地元や研究者の反対にも関わらず遺構の多くは建設により破壊された。現在はイトーヨーカドー奈良店として利用され敷地の一角に記念碑が設けられているのみである。

逸話[編集]

  • 日本霊異記』では身分の低い僧を牙笏で打ち据えるような傲慢な人物として描かれており、そのために仏罰が下って滅ぼされたとしている。
  • 長屋王邸から出土した木簡から、氷室を所有し、夏に食していた事が判明した。
  • 奈良文化財研究所の調べでは、その推定年俸(年収)は約4億円ともされる[24]

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

子孫の高階氏は、伯父の舎人親王系の清原氏と共に長く血統が続いた数少ない天武系後裔氏族でもあった。

系図[編集]

 
古人大兄皇子
 
倭姫王
(天智天皇后)
 
 
 
 
 
(38)天智天皇
(中大兄皇子)
 
(41)持統天皇
(天武天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(43)元明天皇
(草壁皇子妃)
 
 
 
間人皇女
(孝徳天皇后)
 
 
(39)弘文天皇
(大友皇子)
 
葛野王
 
池辺王
 
淡海三船
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志貴皇子
(春日宮天皇)
 
(49)光仁天皇
 
(50)桓武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早良親王
(崇道天皇)
 
 
 
(40)天武天皇
(大海人皇子)
 
高市皇子
 
長屋王
 
桑田王
 
磯部王
 
石見王
 
高階峰緒
高階氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
草壁皇子
(岡宮天皇)
 
(44)元正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大津皇子
 
 
(42)文武天皇
 
(45)聖武天皇
 
(46)孝謙天皇
(48)称徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍壁皇子
 
 
吉備内親王
 
 
 
 
 
 
井上内親王
(光仁天皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長親王
 
智努王
文室浄三
 
大原王
 
文室綿麻呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御原王
 
小倉王
 
(清原)夏野
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
舎人親王
(崇道尽敬皇帝)
 
 
(47)淳仁天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞代王
 
(清原)有雄
清原氏へ〕
 
 
 
 
 
 
 
 
新田部親王
 
塩焼王
 
(氷上)川継
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道祖王
 


長屋王が登場する作品[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

宝塚歌劇[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 森田[1993: 167]
  2. ^ 森田悌「行基の宗教運動」『古代国家と万葉集』
  3. ^ 『続日本紀』養老5年3月7日条
  4. ^ 『続日本紀』養老5年6月10日条
  5. ^ 『続日本紀』養老6年2月23日条
  6. ^ a b 『続日本紀』養老6年閏4月25日条
  7. ^ 『続日本紀』養老7年4月8日条
  8. ^ 森田[1993: 165]
  9. ^ 『続日本紀』養老7年4月17日条
  10. ^ 森田[1993: 164]
  11. ^ 『続日本紀』養老4年9月28日条
  12. ^ 『続日本紀』養老4年9月29日条
  13. ^ 『続日本紀』神亀元年3月25日条
  14. ^ 『続日本紀』神亀元年4月7日条
  15. ^ 『続日本紀』神亀元年4月14日条
  16. ^ 『続日本紀』神亀元年2月6日条
  17. ^ 『続日本紀』神亀元年3月22日条
  18. ^ a b 森田[1993: 162]
  19. ^ 森田[1993: 160]
  20. ^ それを明言した同時代史料はないが、同年10月20日に長屋王の遺児・安宿王黄文王らに不定期の叙位があったのはその傍証とされる。
  21. ^ 青木和夫『日本の歴史 3 奈良の都』、中公文庫1973年、286頁
  22. ^ ただし、この邸宅について本来は吉備内親王及びその姉の氷高内親王(元正天皇)の邸宅であり、氷高の即位及び吉備と長屋王の婚姻によって長屋王も居住するようになった「吉備内親王邸」であるとする森田悌及び作家の永井路子による異説もある。
  23. ^ 邸宅の総面積は6万m²(4近く、約400m四方)に達する。参考・『詳説 日本史図録』 山川出版社 (第5版)2011年 p.51
  24. ^ アサヒグラフ編 『古代史発掘 新遺跡カタログ ’88~’90 VOL.3』 朝日新聞社 1991年 p.65
  25. ^ 『公卿補任』
  26. ^ a b c d e f g h 塩入[2003: 13]

参考文献[編集]

関連項目[編集]