宗像大宮司の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗像大宮司(むなかただいぐうじ)とは今の福岡県宗像市にある宗像大社の宮司のことである。大宮司職は宗像大宮司家の嫡流断絶まで宗像氏が独占していた。現在では宮ごとに3つに分かれている。

宗像大宮司の一覧[編集]

順番 人名 在任期間 備考
1 清氏 延喜14年(914年) - 天慶元年(938年 伝・宇多天皇の皇子
2 氏男 天慶2年(939年) - 応和3年(963年  
3 氏世 康保元年(964年) - 寛和2年(986年  
4 氏能 永延元年(987年) - 長和元年(1012年  
5 宗時 長和2年(1013年) - 長元5年(1032年  
6 妙忠 長元6年(1033年) - 永承5年(1050年  
(一説) 為忠    
7 氏高 永承6年(1051年) - 延久3年(1071年  
8 氏助 延久4年(1072年) - 寛治7年(1093年  
9 氏季 嘉保元年(1094年) - 嘉承元年(1106年  
10 氏道 嘉承2年(1107年) - 天仁元年(1108年  
11 氏尚 天仁2年(1109年) - 元永元年(1118年  
12 氏房 保安元年(1120年) - 保安3年(1122年  
13 氏永 保安4年(1123年  
14 氏房 天治元年(1124年) - 大治4年(1129年  
15 氏平 大治5年(1130年  
16 氏俊 天承元年(1131年  
17 氏平 天承元年(1131年)  
18 氏房 長承元年(1132年  
19 氏俊 長承元年(1132年) - 保延3年(1137年  
20 氏信 保延4年(1138年) - 康治2年(1143年  
21 氏平 天養元年(1144年) - 久安元年(1145年  
22 氏信 久安2年(1146年) - 久安6年(1150年  
23 氏平 仁平元年(1151年) - 仁平3年(1153年  
24 氏俊 久寿元年(1154年) - 平治元年(1159年  
25 氏実 永暦元年(1160年) - 応保元年(1161年  
26 氏勝 応保2年(1162年  
27 氏幸 長寛元年(1163年) - 長寛2年(1164年  
28 氏実 永万元年(1165年) - 承安2年(1172年  
29 氏幸 承安3年(1173年) - 安元元年(1175年  
30 氏実 安元2年(1176年) - 寿永元年(1182年  
31 氏家 寿永2年(1183年  
32 氏実 寿永2年(1183年)  
33 氏家 元暦元年(1184年  
34 氏永 文治元年(1185年  
35 氏実 文治元年(1185年) - 文治4年(1188年 鎌倉幕府御家人となる
36 氏国 文治5年(1189年) - 建久8年(1197年  
37 氏仲 建久9年(1198年  
38 氏国 正治元年(1199年) - 建暦元年(1211年  
39 氏重 建暦2年(1212年  
40 氏国 建保元年(1213年) - 建保3年(1215年  
41 氏能 建保4年(1216年  
42 氏国 建保5年(1217年) - 寛喜3年(1231年  
43 氏経 貞永元年(1232年) - 嘉禎元年(1235年  
44 氏昌 嘉禎2年(1236年) - 宝治元年(1247年  
45 氏澄 宝治2年(1248年  
46 氏経 建長元年(1249年  
47 氏業 建長2年(1250年  
48 長氏(氏長) 建長3年(1251年) - 文永元年(1264年  
49 氏盛 文永2年(1265年) - 建治3年(1277年  
50 氏範 建治3年(1277年)  
51 氏正 弘安元年(1278年) - 正応3年(1290年  
52 氏俊 正応4年(1291年) - 正中元年(1324年  
53 氏名 正中2年(1325年) - 建武2年(1335年  
54 氏俊 延元元年/建武3年(1336年) - 正平3年/貞和4年(1348年  
55 氏頼 正平4年/貞和5年(1349年) - 文中3年/応安7年(1374年  
56 氏重 天授元年/永和元年(1375年) - 元中9年/明徳3年(1392年  
57 氏経 明徳4年(1393年) - 応永9年(1402年  
58 氏忠 応永10年(1403年  
59 氏勝(長松) 応永11年(1404年  
60 氏経 応永12年(1405年) - 応永16年(1409年  
61 氏顕 応永17年(1410年) - 応永27年(1420年  
62 氏俊 応永28年(1421年) - 応永34年(1427年  
63 氏信 正長元年(1428年) - 永享元年(1429年  
64 氏継 永享2年(1430年) - 永享4年(1432年  
65 氏俊 永享5年(1433年) - 嘉吉3年(1443年  
66 氏弘 文安元年(1444年) - 文安2年(1445年  
67 氏正 文安3年(1446年) - 長禄3年(1459年  
68 氏郷 寛正元年(1460年) - 文正元年(1466年  
69 氏国 応仁元年(1467年  
70 氏定 応仁2年(1468年  
71 興氏 文明元年(1469年) - 明応4年(1495年  
72 氏佐 明応5年(1496年) - 明応7年(1498年  
73 興氏 明応8年(1499年  
74 氏佐 明応9年(1500年) - 文亀3年(1503年  
75 興氏 永正元年(1504年  
76(-) 正氏    
77(76) 氏続 永正2年(1505年  
78(77) 正氏 永正3年(1506年) - 天文15年(1546年 山田事件
79(78) 氏男 天文16年(1547年) - 天文20年(1551年  
80(79) 氏貞 天文21年(1552年) - 天正14年(1586年 宗像氏嫡流の大宮司家断絶、宗像氏改易
宗繁 嫡流断絶後の宮司の一人  
辰美 前に同じ  
  • 宗像大宮司は79代までだったとする説のほうが有名である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 伊東尾四郎編『宗像郡誌 中編』(1931年)