宗像氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宗像氏、宗形氏(むなかたし)は、筑前国の古族である。胸形君(むなかたのきみ)とも。

また、上代より宗像の地を支配した海洋豪族、宗像大社を奉じる一族も「宗像氏」(胸形氏、宗形氏、胸肩氏とも)を冠する事があり、併せて記す。

上代以前の宗像氏[編集]

伝承に依れば、海洋豪族海人族)として、宗像地方響灘西部から玄界灘全域に至る広大な海域を支配したとされる。

上代から古代まで、畿内の大和朝廷から瀬戸内海、関門海峡を通って宗像の地の沖から世界遺産沖ノ島、対馬を経て朝鮮半島に至る海路は「海北道中」と呼ばれ文化交流、交易上重要性を増した。道中の安全を祈る宗像三女神を祀る社は海北道中の中途に数多くあり、代表的な社が次の宗像大社である。

古事記、日本書紀などに宗像祭神を祀る「胸形君」(むなかたのきみ)が現れる。

宗像大社神主・宗形氏[編集]

海路の重要性が増すとともに宗像大社は国の祭祀の対象となる。清氏親王より前代は、宗形徳善宗形鳥麿が歴史書に登場する。徳善の娘尼子娘天武天皇の妃となり高市皇子を生み国母となるなど、大和朝廷中枢と親密な関係にあったと見られる。また大和の宗像神社 (桜井市)は、その頃、宗像大社本貫から分祀されたものと見られる。

この時代は宗像大社の神主職を宗形氏大領が独占していた。(祭政一致)

宗像大宮司・宗像氏[編集]

宗像氏
家紋
本姓 宗像朝臣
朝臣
家祖 清氏親王
宇多天皇後裔)
種別 神別地祇
  社家
  武家
出身地 筑前国宗像郡宗像大社
主な根拠地 筑前国宗像郡宗像大社
支流、分家
許斐氏社家
深田氏社家
嶺氏社家
凡例 / Category:日本の氏族

天照大神素戔嗚尊誓約によって生まれた宗像三神を祭神とする全国宗像神社の総本社・宗像大社の大宮司家を中核とする。

宗像氏は、正三位中納言清氏親王を祖とするが、伝承の域を出ない。914年までは、胸形氏宗形氏胸肩氏等と表記された。また、平安時代末期辺りから武士化し、戦国大名としても活躍した。戦国時代宗像氏貞の急死により大宮司家が断絶した。

氏貞には3人の娘がいたが、そのうちの一人が小早川隆景の重臣草刈重継に嫁ぎ、宗像氏の相伝文書は草刈家に伝来することになった。また、「むなかた」の由来は、沼沢地に接する集落を意味する。

歴史[編集]

ここでは上代から宗像大宮司までの宗像氏に関連する出来事を一括して記す。

神代、上代[編集]

古代[編集]

中世[編集]

津軽棟方氏[編集]

因幡国松賀城主・胸形兵庫頭義直を祖とし、応仁の頃、筑前国宗像に移住。天正19年(1591年)、陸奥国外ヶ浜へ移住。子孫は弘前藩津軽氏の重臣となる。江戸時代中期に「棟方」に改名し、幕末まで続いた。なお、筑前宗像氏との関係は不詳。

詳細は「胸形義利」の項目を参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]