吉村作治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉村 作治(よしむら さくじ、1943年2月1日 - )は日本考古学者、博士(工学)早稲田大学名誉教授サイバー大学客員教授東日本国際大学専任教授学長

早稲田大学人間科学部教授国際教養学部教授、サイバー大学学長(任期満了に伴う退任。2011年4月1日付で同客員教授に就任)を歴任。

1969年早稲田大学第一文学部卒業。元アラブゲリラ隊員(自称)[1]1999年早稲田大学理工学部博士(工学)取得。なお、それ以前に、ディプロマミルとされるパシフィック・ウエスタン大学より考古学博士号を購入していたことが発覚している[2]

長女はエジプトで活動する女優の吉村佳南(よしむら かなん)。

日本におけるエジプト考古学の第一人者で、衛星写真分析などのハイテクを導入した調査方法で遺跡を発掘する手法が評価されている。

人物[編集]

留学と発掘調査、研究などでエジプトでの生活が長く、元妻もエジプト人である。

パレスチナの難民キャンプやゲリラの訓練キャンプへの取材も行った経験もあり、大変なアラブ通である。

口髭がチャームポイントだが、これはアラブでの生活が長く、成人男子は髭を蓄えるもの、という通念のあるエジプトでの活動を効果的に行うためだという[3]

地上波テレビドキュメンタリーにコメンテーターや解説者として出演し、ときには自ら司会も行う。NHKの考古学ミステリー番組やテレビ東京サイエンスドキュメンタリーに出演することが多い。アラブ通であることから、湾岸戦争のときにテレビのコメンテーターなどを務めたことがあるが、アラブに詳しいだけにイラクに同情的と見られ、しかもアメリカを非難したために、親米論壇から非難され(視聴者や読者から脅迫もされたと語っていた:本人談)、以後は政治的な発言は控えている。また、バツイチとしてテレビに出演したこともある。また、TBS系列の番組の出演や、同局が主催する自身ゆかりの企画展が多い縁もあり、この系列が企画するものであれば本人曰く「専門ではないけど、TBSさん専属なので」として出演や講演会を行うこともある。一部の企画展等においては一種のお約束ともいえる挨拶となっており、この時は教育や比較文明の視点を中心に話を進めることが多い。

料理が得意でNHK教育テレビの料理番組「きょうの料理『男の料理』」に度々出演したことがあり、料理に関する著作もある。早稲田大学早稲田キャンパスの近くに「エジプト考古学ビル」という名のビルを所有し、同ビル一階で『パピルス』というエジプト料理店を経営していたが、既に閉店している。

また、沖ノ島世界遺産化運動の第一人者であり、毎年宗像市を訪れて講演を行う。

なお、「ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り」の企画に参加しており、毎年、各地で祭りの取材を行っている(この企画で放送される番組にも出演している)[4]

エジプト考古学において知られているが、博士や教育者としての専門は歴史ではない。彼自身の考え方もまた、教育現場で指すところの歴史という枠組みだけではなく、様々な分野と交えての比較文明の立場に重きを置いているとしている。教育者としてはゆとり教育を肯定した上で、学校教育の外でも様々な経験を積み広い視野で物事を見られる人間になってほしい、と語っている。また、日本の教育は成績優秀者を伸ばすだけでなく、学校での成績が悪い人間にこそ隠れた素質を見つけだす手助けすべきである、という視点で学生を見ているという。

エピソード[編集]

東京大学の文科II類(現在は文科III類)に入れば学者の道へ、日本大学芸術学部の演劇科に入れば役者の道へと考えていた。結局東京大学は落ちたので役者の道へ進もうと決めたところ、母から「学者は役者になれるけど、役者は学者になれない」と言われて、両方やりたいと思ったため浪人することにした。3浪を経験し、受験に疲れた家族を見て東京大学への進学を断念。早稲田大学へ進学。吉村は当時のことを、早稲田大学の入試は現在ほど難しくなかったと語っている。さまざまなアルバイトをしながら、タンカー船と交渉し安価で洋行した。後に早稲田大学を経由してエジプトへ留学するが、家が近かった大学教授に特別講義を受けることにより通常の授業に出席する時間を節約し、大使館でアルバイトに励んでいた。当時は他の日本人留学生との交流は悪かったと語っているが、一方で大使館関係者として様々な貴重な経験を得て、後に発掘を始めるに当たってこうして築いた人脈が大きな力になったという。

ただし2012年のインタビューでは、1967年にエジプト女性と結婚する際にイスラム教徒になり、離婚後も改宗はしていない、日本人はイスラム教から学ぶ点が多いはずだ[5]と語っている。

離婚の理由は、エジプトは家族の絆、特に母親の力が強く、日本に帰国して教職に就くことを決めた際に姑から「エジプトに定住するのではなかったのか」と問い詰められ、「約束を反故にした」と離婚を迫られたのだという[3]。夜中に一人でチャーシュー(豚肉)入りのラーメンを食べ妻に発覚したことも、離婚の一因だとされている。

祖母は小規模な新宗教団体の教祖であったが、母は跡を継がなかった。(彼女は人の人生を掴むような仕事を世襲で継いではいけないと思ったのだろうと述べている)彼自身はイスラムに帰依していた時期を除き、無宗教を公言している(無神論者ではない)。

1999年1月、仙台市成人式で来賓として講演したが、余りの新成人のマナーの悪さに「これは新成人でなく新生児のお祝いなのだ!もう二度と成人式には出ない!!」と大激怒した。

エジプトでの古代の発掘事業プロジェクトを巡り、プロジェクトを持ち掛けた男性(プロジェクトの事務局長を名乗っていたとされる)に出資金名目で金を騙し取られたとして、大阪市内の会社社長が、男性に資金集めを依頼した吉村に対し、約7,000万円の損害賠償を求め、大阪地方裁判所に訴えを起こした。吉村は「問題の男性とは連絡を取れなくなった」と主張している[6]

早稲田大学の博士号取得前にディプロマミルであるパシフィック・ウエスタン大学から30万円で博士号(考古学)を購入。ただし吉村自身が冗談であったとして、このディプロマミルの取得を公言している。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『アラブ・ゲリラ』 1972年 R出版
  • 『HOW TO 大冒険 脱出プランから秘境走破術まで』(1974年7月、主婦と生活社・21世紀ブックス)
  • 『エジプト史を掘る』NHKブックス、1976 のち小学館ライブラリー
  • 『イスラムとアラブ・ビジネス』日本工業新聞社 1979
  • 『ピラミッドの謎』講談社現代新書 1979
  • 『アラブ人と日本人』ティビーエス・ブリタニカ 1981
  • 『ナイルのほとりの物語』文化出版局 1982 のち小学館ライブラリー
  • 『クレオパトラの謎』講談社現代新書 1983
  • 『古代エジプト女王伝』新潮選書 1983
  • 『日本人の知らないコーランの奇蹟 四億人を支配するムハンマドの預言書』経済界 リュウブックス 1983
  • 『エジプトの古代遺跡』熊瀬川紀撮影 小学館 1984
  • 『ツタンカーメンの謎』講談社現代新書 1984
  • 『ピラミッドは語る―王の墓・黄金・盗掘』(1985年、岩波ジュニア新書
  • 『ファラオの食卓 古代エジプト食物語』講談社 もんじゅ選書 1986 のち小学館ライブラリー
  • 『貴族の墓のミイラたち』日本放送出版協会 NHKブックス 1988 のち平凡社ライブラリー
  • 『古代エジプトの秘教魔術』大陸書房 1988 『ファラオと死者の書―古代エジプト人の死生観』小学館ライブラリー
  • 『Mr.ピラミッド吉村作治の簡単クッキング 10分でできるおいしいお惣菜』実業之日本社 1989
  • 『吉村作治の味の冒険手帳 美味しければ自己流でいい!』主婦と生活社 1989
  • 『アラブ人とつきあう方法』ティビーエス・ブリタニカ 1990
  • 『美味しいアラビアンナイト 食で知る異国の素顔』ベストセラーズ ワニの本 1991
  • 『聖戦の教典コーランの秘密 中東の明日を左右するアラブの大義とは』ベストセラーズ ワニ文庫 1991
  • 『布施員(フセイン)をはめた醜手(ブッシュ) 湾岸戦争の結果は、世界中を再び騒がせる』情報センター出版局 1991
  • 『男・独り暮らしの快適人生術』徳間書店 1992
  • 『日本人とアラブ人』世界文化社 1992
  • 『ノーモア・マリッジ』情報センター出版局 1992 『僕が結婚をやめた理由 幸せになりたいなら読みなさい』PHP文庫
  • 『ピラミッド・新たなる謎 定説はくつがえされる!』光文社文庫 1992 のち講談社+α文庫
  • 『さんちゃんのピラミッド 古代エジプトに夢をかけた考古学者』瀬野丘太郎学習研究社 1993
  • 『それでも君は大学へ行くのか』ティビーエス・ブリタニカ 1993 のちPHP文庫
  • 『平成・学問のすすめ』講談社 1993
  • 『吉村作治のクイズ地球の探検隊 海のシルクロードを行こう』光文社 カッパ・ブックス 1993
  • 『世界の遺跡探検術 古代文明の歩き方』集英社 1994 『古代遺跡を楽しむ本』PHP文庫
  • 『ピラミッドの謎をハイテクで探る』講談社 1994
  • 『冒険の食卓 世界一の食事当番の秘伝』青春出版社 1994
  • 『吉村作治の古代エジプト講義録』(1994年、講談社)のち講談社+α文庫
  • 『世界の食材探検術 比較食文化論. 食糧・野菜編』集英社 1995
  • 『タブーやぶりも悪くない 君は常識をどう越えるか』PHP研究所 1995
  • 『ファラオに逢いたい エジプト考古学者への道』小学館 1995 『古代エジプトを掘る』PHP文庫
  • 『吉村作治の街角考古学 早稲田・慶応<三田>界隈を歩く』徳間書店 1995
  • 『エジプト遺跡の手ざわり』NTT出版 気球の本 1996
  • 『エジプト発掘30年』平凡社 1996
  • 『古代エジプト千一夜』近代文芸社 1996
  • 『古代エジプトの謎を掘る』世界文化社 1996
  • 『50歳からの人生を変える「料理学」』講談社 1996
  • 『豊饒のナイル、ルクソールの食卓 エジプトグルメ紀行』中公文庫 1996
  • 『エジプト美の起源 カイロ博物館入門』熊瀬川紀撮影 小学館 ショトル・ミュージアム 1997
  • 『君はピラミッドを見たか』近代文芸社 1997
  • 『古代エジプトファラオの昼寝』近代文芸社 1997
  • 『ビジュアルガイド世界の遺跡 吉村作治の文明探検」平凡社
『超古代ピラミッドとスフィンクス』1997
『ツタンカーメンファラオの都テーベ』1997
『マヤ・アステカ太陽の文明』1998
『東南アジアの華アンコール・ボロブドゥール』1999
『トルコ東西文明交流の地』1999
  • 『ファラオが教えてくれたこと ピラミッドを生んだ古代エジプトの知恵』ベネッセコーポレーション 1998
  • 『吉村作治の世界博物探検記』集英社 1998
  • 『ナイルの暗号』青山出版社 1999
  • 『吉村作治の古代エジプト不思議物語』汐文社 1999
  • 『55歳からの知的生き方 あなたの可能性が目覚める「生涯学習ノススメ」』ゴマブックス 2000
  • 『エジプトミイラ五〇〇〇年の謎』講談社+α新書 2000
  • 『ピラミッド文明・ナイルの旅』日本放送出版協会 2000 のちNHKライブラリー
  • 『吉村作治の古代ギリシア不思議物語』岩出まゆみ写真 汐文社 2000
  • 『吉村作治の古代中国不思議物語』岩出まゆみ写真 汐文社 2000
  • 『吉村作治の古代ローマ不思議物語』岩出まゆみ写真 汐文社 2000
  • 『痛快!ピラミッド学』集英社インターナショナル 2001
  • 『今、解き明かす!古代文明興亡の真実』(2001年、成美堂出版
  • 『ひとのちから』麗澤大学出版会 2001
  • 『古代エジプトの"人生"の遺産』青春出版社 プレイブックスインテリジェンス 2002
  • 『古代エジプト埋もれた記憶』青春出版社 2003
  • 『父の遺した言葉』(2003年、ポプラ社
  • 『夢、一直線』講談社 2003
  • 『ヒエログリフで学ぼう!』(2004年、荒地出版社
  • 『ピラミッドがくれた不思議な力』(2004年、近代映画社
  • 『悠久のエジプト 5千年の時を超えて 吉村作治写真集』撮影・文 アケト 2004
  • 『ミイラ発見!! 私のエジプト発掘物語』アケト 2005
  • 『ピラミッドの謎』(2006年、岩波ジュニア新書、ISBN 4005005446
  • 『ぼっ・ぼっ・ぼくらはエジプト探険団』アスコム 2006
  • 『エジプト考古学者の独言(ひとりごと) 週刊作治』正続 アケト 2008-09
  • 『色即是空 コラム392』アケト 2008
  • 『古代エジプト・クフ王「第1の船」の復原に関する研究 現行復原の検証と新復原案の提示 博士学位請求論文』アケト 2009
  • 『エジプトに夢を掘る』フォー・ユー 2010
  • 『教授のお仕事』文藝春秋、2012 のち文庫
  • 『イスラム教徒の頭の中 アラブ人と日本人、何が違って何が同じ?』CCCメディアハウス 2017

共著[編集]

  • 『ピラミッド・ミステリーを語る ハイテクで知るピラミッド5,000年の謎』栗本薫共著 朝日出版社 カラー版レクチュア・ブックス 1987
  • 『NHK大英博物館 2 エジプト・大ファラオの帝国』責任編集 日本放送出版協会 1990
  • 『無国籍企業橘商会 国際ビジネスウォーズ』原作 里見桂漫画 集英社 ジャンプ・コミックスデラックス 1995
  • 『青田大学番外地』vol.1-3 原作 金井たつお漫画 集英社 SCオールマン 1996-97
  • 『はじめて出会う世界考古学』編 有斐閣アルマ 1996
  • 『インカとエジプト』増田義郎共著 岩波新書 2002
  • 『古代エジプトを知る事典』編著 東京堂出版 2005
  • 『「太陽の哲学」を求めて エジプト文明から人類の未来を考える』梅原猛共著 PHP研究所 2008
  • 『人間の目利き アラブから学ぶ「人生の読み手」になる方法』曽野綾子共著 講談社 2014

翻訳[編集]

  • ピーター・トンプキンズ『失われた王墓 大ピラミッドの謎に挑む』日本ブリタニカ 1981
  • リリアン・アフリカーノ『ビジネスマンのための中東ガイド アラブ・ビジネス(必)情報』日本工業新聞社 大手町ビジネスブックス 1981
  • リチャード・ポープ編『アラブ1500年の闘い』川床睦夫共訳 ティビーエス・ブリタニカ 1982
  • ジョン・ベインズ, ジャミール・マレック『古代のエジプト』図説世界文化地理大百科 朝倉書店 1983
  • ラビブ・ハバシュ『エジプトのオベリスク』六興出版 1985
  • ザヒ・ハワス『図説古代エジプトの女性たち よみがえる沈黙の世界』西川厚共訳 原書房 1998
  • ナスリー・イスカンダル『エジプトのミイラ』監訳 アケト 2001
  • ロザリー・デイヴィッド, リック・アーチボルド『ミイラ全身解剖 ミイラ科学と古病理学が明かす古代エジプト人の生と死 カラー版』監訳 講談社 2001

監修[編集]

記念論文集
  • 『永遠に生きる 吉村作治先生古稀記念論文集』中央公論美術出版 2013

テレビ出演[編集]

ほか多数

CM出演[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 吉村作治『HOW TO 大冒険 脱出プランから秘境走破術まで』(主婦と生活社・21世紀ブックス、1974年)の裏表紙の著者略歴には、自身を「元アラブゲリラ隊員」と記している。その時の模様については同書「アラブゲリラに潜入する(ヨルダン)」(p.24-26) に詳しい。ゲリラとしての体験として「訓練を終えて、イスラエル国境に近い山の中に入り、実戦の場に立たされると」(p.25) と軍事訓練を受けて戦場に出た旨記載されている。しかし「結局、ぼくは七か月ぐらいで、アラブゲリラのもとを去った」(p.26) としゲリラとしての経歴が長期に及ぶものではないことも記している。
  2. ^ a b 2006年12月30日 産経新聞iza「非認定大学の博士号 吉村作治学長も取得」に記事と本人のインタビュー、他。
  3. ^ a b NHKラジオ深夜便 隠居大学 2012年4月
  4. ^ ダイドー祭りドットコム(吉村作治が観た!日本の祭り)
  5. ^ 日本経済新聞2012年1月28日夕刊
  6. ^ 読売新聞 2010年5月28日

外部リンク[編集]

メールマガジン