細野不二彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
細野 不二彦
生誕 (1959-12-02) 1959年12月2日(58歳)[1]
日本の旗 東京都大田区[1]
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1979年 -
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作
受賞 第41回小学館漫画賞受賞(『ギャラリーフェイク』『太郎』)
テンプレートを表示

細野 不二彦(ほその ふじひこ、1959年12月2日[1] - )は、日本漫画家東京都大田区出身[1]慶應義塾高等学校慶應義塾大学経済学部卒業[2]

1995年、『ギャラリーフェイク』『太郎』にて第41回(平成7年度)小学館漫画賞青年一般部門を受賞。

来歴[編集]

大学時代からスタジオぬえで活動[3]。大学在学中の1979年、『マンガ少年』(朝日ソノラマ刊)掲載の「クラッシャージョウ」(高千穂遙原作作品のコミック化)でデビュー[4]。単発だったが好評のため継続した。

1980年に『恋のプリズナー』[注 1]で「週刊少年サンデー」に初掲載[5]1980年代前半は小学館系の新人漫画家として『さすがの猿飛』『どっきりドクター』『Gu-Guガンモ』などのコメディー作品を発表。『さすがの猿飛』と『Gu-Guガンモ』はフジテレビ系列でテレビアニメ化され、日曜日のゴールデンタイムに全国放送された[注 2]

1980年代後半より青年漫画雑誌に執筆の場を移し、『愛しのバットマン』『太郎』『ギャラリーフェイク』『ダブル・フェイス』『電波の城』などを発表している。漫画家として取り上げるジャンルは幅広く、同時連載もあって作品数・仕事量は非常に多い。

1991年には『ジャッジ』がOVA化、2005年には『ギャラリーフェイク』がテレビ東京系にてテレビアニメ化されている。また、1991年にはゲームソフト『ラグランジュポイント』(コナミ)、1997年には『グランドレッド』(バンプレスト)のキャラクターデザインも手がけた。

2012年3月14日、漫画家のインタビューネット配信番組「漫画元気発動計画」の第12回から第15回に出演して漫画製作の裏話を語った。

2017年には『さすがの猿飛』の33年ぶりの続編『さすがの猿飛G』の執筆をスタートした[6]

エピソード[編集]

慶応義塾高校時代は河森正治(メカニックデザイナー、演出家)・美樹本晴彦(漫画家・キャラクターデザイナー)・大野木寛(脚本家)らとグループを組んで絵を描いていた。各々にイラストの得意分野があったが、細野は天才的な画力をもつ努力家で、なんでも描いていたという[7]。当時の画風は石川賢に近かったが、プロになる前に絵柄を変えろと言われ徹底的に変えたという[7]。河森らスタジオぬえが手がけた『超時空要塞マクロス』がアニメ版『さすがの猿飛』と同じ日曜日放送になると知り、細野は「きのうの勤め先が今日の裏番組」になると困ると思ったという[8][注 3]

ダーティペア』アニメ版のユニフォームデザインを担当している。原作小説の設定および安彦良和による表紙や挿絵[注 4]をある程度参考にしているが、当時から奇抜な衣装や発想に富んでいたことがうかがえる。

島本和彦の自伝的漫画『アオイホノオ』では、主人公ホノオが「カッコイイ絵柄でギャグをやる」という作風を思いついて喜ぶが、『週刊少年サンデー』に初登場した細野の『恋のプリズナー』を読んで衝撃を受けるというエピソードが描かれる[注 5]岡田斗司夫は「細野不二彦の登場以来、新人マンガ家の条件として『可愛い女の子が描けるかどうか?』はほぼ絶対の条件になった。」と解説している[9]

作品リスト[編集]

その他[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この作品は、高橋留美子ら当時の新人漫画家のデビュー作を集めた『チャレンジ新人賞 サンデーまんがカレッジ』(1982年刊行)に収録されている。
  2. ^ 『どっきりドクター』も連載終了後かなり経った1998年にテレビアニメ化された。
  3. ^ 実際は『マクロス』がTBS系列で昼14時から、『さすがの猿飛』がフジテレビ系列で夜19時から放送となり、時間帯は重ならなかった。
  4. ^ 原作者の高千穂から「『地獄の黙示録』に出てくるプレイメイトの感じ」という指示による。
  5. ^ ドラマ版第2話では、大学の矢野先輩から「細野不二彦が既にやっている」と告げられ、『さすがの猿飛』を読まされる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『漫画家人名事典』 日外アソシエーツ、2003年、p.334、ISBN 4-8169-1760-8
  2. ^ 慶應大卒業についてのみ「まんがカレッジ」(1986年発行)に記載
  3. ^ 細野不二彦先生インタビュー/2008年7月号”. 日本漫画学院 (2008年). 2008年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月21日閲覧。
  4. ^ 『現代漫画博物館 : 1945-2005』竹内オサム(監修)、小学館、2006年、別冊資料編p.62、ISBN 978-4091790033
  5. ^ 細野不二彦インタビュー”. 小学館 (2000年). 2001年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月21日閲覧。
  6. ^ "細野不二彦『さすがの猿飛』33年ぶり完全新作で復活 ". ORICON NEWS.(2017年6月1日)2018年2月4日閲覧。
  7. ^ a b 『おぼえていますか 映画「超時空要塞マクロス」より』、徳間書店アニメージュ文庫、1985年、87頁。
  8. ^ 『マクロス劇場版スペシャルプレビュー 愛・おぼえていますか』、小学館、1984年、103頁。
  9. ^ 岡田斗司夫 "だまされるな!アオイホノオ11のひみつ 第五話「嗚呼、東京」のひみつ". ドラマ24 アオイホノオ.
  10. ^ ヤングマガジン編集部『3×3EYES Another World』講談社〈KCデラックス〉、1999年。
  11. ^ 旭凛太郎 日本漫画学院インタビュー - 閉鎖。(2004年11月3日時点のアーカイブ
  12. ^ かわくぼ香織 日本漫画学院インタビュー - 閉鎖。(2004年12月16日時点のアーカイブ
  13. ^ 一色登希彦公式サイト コラム#37[リンク切れ]