栗本薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今岡 純代
(いまおか すみよ)
ペンネーム 栗本 薫、中島 梓、京堂 司
誕生 今岡 純代(旧姓:山田)
1953年2月13日
東京都葛飾区
死没 (2009-05-26) 2009年5月26日(満56歳没)
職業 作家評論家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1976年 - 2009年
ジャンル SFファンタジーミステリーなど
文学活動 やおいボーイズラブ
代表作 グイン・サーガ』シリーズ
魔界水滸伝
伊集院大介』シリーズ
主な受賞歴 群像新人文学賞評論部門(1977年)
江戸川乱歩賞(1981年)
吉川英治文学新人賞(1981年)
日本SF大賞特別賞(2009年)
星雲賞日本長編部門(2010年)
デビュー作 評論:パロディの起源と進化
小説:ぼくらの時代
配偶者 今岡清
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 - 2009年5月26日)は、日本女性小説家評論家日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。

代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。

また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に 梶原一明(経済評論家)がいる。

年譜[編集]

  • 1953年昭和28年)2月13日 - 東京都葛飾区生まれ。父は愛知県名古屋市、母は東京都谷中の出身[1]。裕福な家庭であった。
  • 1971年(昭和46年)3月 - 跡見学園高等学校卒業。
  • 1971年(昭和46年)4月 - 早稲田大学第一文学部入学。
  • 1975年(昭和50年)3月 - 早稲田大学第一文学部文芸科卒業。
  • 1976年(昭和51年)7月 - 評論『パロディの起源と進化』(別冊新評筒井康隆の世界』掲載)で商業誌デビュー。
  • 1976年(昭和51年) - 『都筑道夫の生活と推理』で第2回幻影城新人賞評論部門佳作を受賞。
  • 1977年(昭和52年) - 『文学の輪郭』(中島梓名義)で第20回群像新人文学賞評論部門を受賞。
  • 1978年(昭和53年)4月 - 『奇想天外』誌にて『日本SF作家ノート』(中島梓名義)連載開始( - 1979年6月)。
  • 1978年(昭和53年) - 『ぼくらの時代』で第24回江戸川乱歩賞を受賞。幻影城6・7月合併号に京堂司名義で新人として連作ショートショートを4篇掲載。
  • 1978年(昭和53年)9月 - 『ぼくら』シリーズ第1巻『ぼくらの時代』刊行。
  • 1978年(昭和53年)9月 - 評論集『文学の輪郭』(中島梓名義)刊行。
  • 1978年(昭和53年)10月 - 『JUNE』創刊号に作品を発表(ジュスティーヌ・セリエ名義)[2]
  • 1979年(昭和54年)4月 - ラジオ番組『ハヤカワSFバラエティ』DJ(中島梓名義)。
  • 1979年(昭和54年)9月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第1巻『豹頭の仮面』刊行。
  • 1980年(昭和55年)4月 - クイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』に女性3枠レギュラー解答者として出演(中島梓名義)。
  • 1980年(昭和55年) - 『羽根の折れた天使』が第33回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作品となる。
  • 1980年(昭和55年)8月 - 『伊集院大介』シリーズ第1巻『絃の聖域』刊行。
  • 1981年(昭和56年) - 『絃の聖域』が第34回日本推理作家協会賞(長編部門)候補作品となる。
  • 1981年(昭和56年) - 『絃の聖域』で第2回吉川英治文学新人賞を受賞。
  • 1981年(昭和56年)11月 - 『魔界水滸伝』シリーズ第1巻刊行。
  • 1981年(昭和56年) - 12月、今岡清と結婚。
  • 1982年(昭和57年) - 『ヒントでピント』で女性軍の4代目キャプテンに昇格。
  • 1983年(昭和58年)8月 - 『トワイライト・サーガ』シリーズ第1巻『カローンの蜘蛛』刊行。
  • 1983年(昭和58年) - 『ヒントでピント』を産休のため一時降板[3]
  • 1984年(昭和59年)9月 - 『お役者捕物帖』シリーズ第1巻『吸血鬼』刊行。
  • 1984年(昭和59年)9 - 10月 - 「日中文化交流協会青年代表団」[4]の一員として、「三千人青年訪中」イベントに参加。翌年、同イベントの体験をまとめた『昭和遣唐使3000人の旅』刊行。
  • 1984年(昭和59年) - 『ヒントでピント』レギュラー解答者に復帰、6代目女性軍キャプテンに。
  • 1986年(昭和61年)6月 - 初めての歌舞伎作品『変化道成寺』上演。
  • 1986年(昭和61年)- 執筆業専念を理由に、『ヒントでピント』レギュラー解答者を完全降板[5]
  • 1987年(昭和62年)12月 - 初めて演出を手がけたミュージカル『ミスター!ミスター!!』(中島梓名義)上演。
  • 1988年(昭和63年)11月 - 『朝日のあたる家』シリーズ第1巻刊行。
  • 1990年平成2年)12月 - 乳癌のため入院・手術。翌々年、闘病記『アマゾネスのように』(中島梓名義)刊行。
  • 1991年(平成3年)7月 - 『終わりのないラブソング』シリーズ第1巻刊行。
  • 1993年(平成5年)9月 - 『バサラ』シリーズ第1巻刊行。
  • 1995年(平成7年)10月 - 『六道ヶ辻』シリーズ第1巻『大導寺一族の滅亡』刊行。
  • 1997年(平成9年)7月 - 『レクイエム・イン・ブルー』シリーズ第1巻『蒼の断章』刊行。
  • 1997年(平成9年)12月 - 『夢幻戦記』シリーズ第1巻『総司地獄変 上』刊行。
  • 1999年(平成11年)12月 - 個人誌『天狼叢書』創刊。
  • 2000年(平成12年)9月 - 公式サイト『神楽坂倶楽部』開設。
  • 2005年(平成17年)4月 - 『グイン・サーガ』シリーズ第100巻『豹頭王の試練』刊行。記念イベント『百の大典』開催。
  • 2007年(平成19年)12月 - 膵臓癌で2度目の癌手術。翌年に闘病記『ガン病棟のピーターラビット』(中島梓名義)刊行。
  • 2009年(平成21年)5月26日19時18分 - 膵臓癌のため死去[6][7][8]。享年56。
  • 2009年(平成21年)7月 - センス・オブ・ジェンダー賞特別賞(功労賞)受賞。
  • 2009年(平成21年)7月20日 - 九段会館にて『お別れの会』開催。
  • 2009年(平成21年)11月 - 絶筆となった闘病記『転移』(中島梓名義)刊行。
  • 2009年(平成21年)12月 - 『グイン・サーガ』が日本SF大賞特別賞を受賞。
  • 2010年(平成22年)7 - 9月 - 弥生美術館にて『栗本薫/中島梓展 〜書くことは生きること〜』開催。
  • 2010年(平成22年)8月 - 『グイン・サーガ』が第41回星雲賞日本長編部門を受賞。

経歴[編集]

20代前半の1977年に群像新人文学賞評論部門を、翌1978年に江戸川乱歩賞を受賞した[9]。当時、早稲田大学に創設されたばかりの「文芸科」出身の小説家としても話題となった。同時期デビューに見延典子がいる。また、分野ごとに中島梓、栗本薫両名義を使い分け、乱歩賞受賞直後には、『平凡パンチ』誌上で中島梓と栗本薫の1人2役対談が企画された。

約30年間の活動で、新刊だけで約400冊の作品を発表した。その中には1年間に20冊以上の新刊を発表した年も4年あり、晩年も年間10冊以上の新刊を発表していた。

SFファンタジー伝奇時代小説ホラーミステリ、耽美小説など、作品が極めて幅広いジャンルに渡っていることも大きな特徴である。特に1980年代には、それぞれの分野で人気を博し、さまざまなベストセラー作品を生み出すと同時に、各ジャンルの数多くのアンソロジーに作品が収録された。

「文学における物語性の復権」を唱え実践する姿勢は、デビュー当初、非常に高く評価された[10]。新たなジャンルの先駆者として後の創作者たちに影響を与えた功績も大きいが、その一方で、様々なジャンル・フィクション(漫画含む)の愛読家であった栗本には、過去に読んだ小説・漫画などの影響が強い作品が多く、その作品のオリジナリティが低いという指摘もある(ただし、必ずしも批判的な指摘ではない)[11]。栗本自身、その創作活動においてオリジナリティにまったく重きを置いておらず、そのことを自身の著作『小説道場』(中島梓名義)の中で公言している[12]

ミステリーに対しては謎解きや理論よりも文体や雰囲気に、SFに対しては現実に対するフィクションのアプローチとしてのSF的手法に興味の中心があると述べている。

作品には、森茉莉の影響を受け[13]、同性愛傾向が見られるものも多い。1978年の耽美小説誌『JUNE』の創刊にも深く関わっており、創刊号には第二のサガンと評された20歳のフランス人女性小説家という架空の経歴で、ジュスティーヌ・セリエの名でフランスを舞台にした耽美な作品『薔薇十字館』を発表し(日本人女子大生あかぎはるなの訳となっているが、これも栗本の筆名。挿絵は竹宮惠子[2][14][15]、フランスでの大学生活などの架空の近況報告を行いつつ、セリエ名義では4作品を発表した[2]。1979年に刊行された『真夜中の天使』は、1975年にTBSテレビで放送された沢田研二主演のテレビドラマ『悪魔のようなあいつ』の男性登場人物たちの関係性に触発され草案を練ったものだという。現在のボーイズラブに繋がる源流的な作品として、ジャンルの創始に一役買った作品でもあるとされる[13]。『JUNE』誌上では栗本薫、中島梓の他、ジュスティーヌ・セリエ、あかぎはるな、神谷敬里、滝沢美女夜、沙羅、アラン・ラトクリフなど、さまざまな名義で作品や評論を提供、あかぎはるな名義では『comic JUN』に掲載されたブックガイド記事「世界JUN文学全集 西洋篇」「世界JUN文学全集 日本篇」の監修なども行い、読者の少女たちを楽しませるだけでなく、「男性同士の性愛」を軸に文化・教養を紹介することに尽力した[2]。『JUNE』で連載された『小説道場』門下からも、秋月こお江森備柏枝真郷榎田尤利など、同ジャンルの作品を手がける多数の作家を輩出している。また、『JUNE』休刊後は直接に小説術を伝授する「中島塾」を主宰していた。

中島梓名義の評論作品は、相対的には作品数が少ないが、『コミュニケーション不全症候群』は、現代の日本人のコミュニケーション薄弱な生活を鋭く分析しており、笠井潔などから高い評価を得ている[16]

幼少時より創作活動を行っていたが、もともとは小説家よりも漫画家志向が強かった。漫画雑誌『COM』の愛読者であり、同誌主催のコンテストに何度か応募し、また、『S-Fマガジン』誌主催のコンテスト・イラスト部門へも応募したが、いずれも落選した[17]。栗本の描いたイラストや漫画はほとんど発表されていないが、『S-Fマガジン』1987年1月臨時増刊号にイラスト集「グイン・イメージ・ボード」が、『別冊小説現代』1985年WINTER号に漫画「D介日記 日々是好日」が掲載されている。

小説執筆活動も学生時代から活発に行っていた。跡見学園高等学校時代には文芸部の部長を務め、早稲田大学ではサークル「ワセダミステリクラブ」に名目のみながら2年間所属していた[17]。その当時の作品を収録した短編集として、『接吻』が刊行されている。他にも『真夜中の天使』や『トワイライト・サーガ』など、商業誌デビュー前に書かれた作品がのちに出版された例が多くみられる。また、安部公房大江健三郎サルトル筒井康隆などを論じた卒業論文「想像力の構造」を、早稲田大学で師事した平岡篤頼朝日新聞紙上で激賞したことをきっかけとして、評論活動を本格的に行うようになった。栗本の商業誌デビュー(『別冊新評 筒井康隆の世界』)も、平岡の一文を見た同誌編集長の依頼によるものである。

4歳時からピアノを習っていたこともあって、音楽への傾倒も強く、音楽大学への進学を志した時期もあったという[17]。早稲田大学では、音楽サークル「ハーモニカ・ソサエティ」に参加した。デビュー後もハードロック系バンド「パンドラ」でキーボードを担当していた。作曲を始めたのは「パンドラ」時代であり、その後開始したミュージカル創作活動では、数多くの劇中曲の作曲を手掛けることとなった。バンド活動は晩年まで続けていたが、その方向性は次第にジャズへと移行した。

1980年昭和55年)4月から1986年昭和61年)3月まで(1983年4月 - 12月は産休のため一時降板)、テレビのクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』(テレビ朝日)に女性軍キャプテンとしてレギュラー出演した。同番組のメインである「16分割クイズ」においては、わずか2〜3枚開いただけで正解に導くことも多々あり、司会の土居まさるからは「16分割の姫」と番組内で言われた。

長唄小唄清元津軽三味線名取でもある[18]。また、和歌集『花陽炎春之巻』を自費出版し、2本の歌舞伎脚本も手掛けている。日常的に着物を着用する着物愛好家としても知られており、着物に対する愛着を綴ったエッセイ『着物中毒』を著している。

作品の多くに「あとがき」を付し、デビューからまもない一時期は、「あとがき作家」などとも名乗っていた。『グイン・サーガ』正伝の各巻にも必ずあとがきが付されており、シリーズの初期にはキャラクター人気投票やファンレター紹介などが行われていたが、次第に作者の近況報告が中心となっていった。

執筆時にはIBMThinkPadを使っていた[19]

今日泊亜蘭の最後のSF長編『我が月は緑』(『光の塔』の30年後を描いた作品)に「白百合楽劇団」を主宰する“栗名梓”として登場する[20]

主要作品[編集]

小説(シリーズ作品)[編集]

グイン・サーガ
豹頭の超戦士グインを主人公としたヒロイック・ファンタジー。ハヤカワ文庫より刊行(1979年 - )。当初は100巻での完結が予定されていた。これを越え、正伝130巻・外伝21巻が刊行されたが、著者が死去したため未完となった。
魔界水滸伝
クトゥルー神話を題材として、地球を侵略せんとするクトゥルーの神々と、それを迎え撃つ日本を中心とした地球古来の神々、そして人類との三つ巴の戦いを描いた伝奇SF。カドカワノベルズより刊行。のちに角川文庫。さらにのちにハルキ文庫(正伝のみ)。正伝全20巻(1981年 - 1991年)、外伝『白銀の神話』全4巻(1991年 - 1993年)。
新・魔界水滸伝
『魔界水滸伝』から5000年後の銀河を舞台とした続編。機械文明の第一銀河帝国と、精神文明の第二銀河帝国との戦いを描く。角川文庫より刊行(1995年 - )。4巻まで刊行されたが、未完成作品となる。
伊集院大介シリーズ
ひょろりとした長身、銀縁眼鏡の名探偵・伊集院大介を主人公としたミステリ長編24作、短編集4冊が刊行されている。他、それらに未収録の短編がいくつか存在する。講談社よりハードカバー、もしくはソフトカバーにて刊行。のちに講談社文庫。一部は講談社ノベルスや角川文庫でも刊行されている。
また、シリーズ内シリーズとして、伊集院大介の宿敵シリウスとの闘いを描いた『天狼星』シリーズ5作品がある。
ぼくらシリーズ
作者と同名の青年の栗本薫を主人公とした青春ミステリ。長編3作が刊行されている。ほか、スピンオフ作品として、長編2作といくつかの短編がある。また、伊集院大介シリーズと舞台を同じくしているため、いくつかの作品で、栗本薫と伊集院大介との共演が果たされている。講談社よりハードカバーにて刊行。のちに講談社文庫。一部は新風舎文庫からも刊行されている。
夢幻戦記
新選組沖田総司を主人公とした伝奇SF。沖田総司は全宇宙の運命を握る夢幻公子の転生した姿であった、という設定で描かれる。ハルキ・ノベルスより刊行。15巻まで刊行されている。
六道ヶ辻
平安時代から続く名家・大導寺家の人々の、大正から昭和初期にかけての姿を描いたミステリ。
  • 『大導寺一族の滅亡』
  • 『ウンター・デン・リンデンの薔薇』
  • 『大導寺竜介の青春』
  • 『墨染の桜』
  • 『死者たちの謝肉祭』
  • 『たまゆらの鏡 大正ヴァンパイア伝説』
角川書店よりハードカバーにて刊行。のちに角川文庫。『たまゆらの鏡』は角川文庫のみ。
終わりのないラブソング
村瀬二葉と三浦竜一、2人の青年の愛の軌跡を描く恋愛小説。角川ルビー文庫より刊行。1 - 3巻は角川スニーカー文庫より刊行ののち、角川ルビー文庫。全8巻。番外編に『TOMORROW』。
レクイエム・イン・ブルー
劇団の座長・朝倉勇貴と、座付作者・飯島蓮との愛憎劇を描いた恋愛小説。角川ルビー文庫より刊行。
  • 『蒼の断章』
  • 『銀の序章』
  • 『黒の間奏』
  • 『紅の終章』
バサラ
出雲阿国と、謎の男の弥勒丸を主人公とした時代小説。3巻まで刊行されている。カドカワノベルズより刊行(1993年 - )。
緑の戦士
植物が支配する異世界を舞台とした、植物を愛する少女・水村るかの冒険を描くファンタジー。角川書店より、新書判ハードカバーで刊行(1995年 - 1997年)。
  • 『緑の戦士』
  • 『緑の戦士 花の騎士るか』
  • 『緑の戦士 緑の星へ!』
お役者捕物帖
江戸で人気絶頂の女形の嵐夢之丞を主人公とする時代小説。新潮社より、ハードカバーもしくはソフトカバーで刊行。のちに新潮文庫。『吸血鬼』は朝日文庫でも刊行。
  • 『吸血鬼』
  • 『地獄島』
トワイライト・サーガ
『グイン・サーガ』の未来の世界を舞台としたヒロイック・ファンタジー。闇王国パロスの美貌の王子ゼフィールと、それに従うトルース出身の戦士ヴァン・カルスとの放浪譚。光風社出版より、ハードカバーで刊行。のちに角川文庫。
東京サーガ(今西良・森田透ブランチ)
現代の東京を舞台とした一連の作品群「東京サーガ」のうち、かつて同じバンドのアイドルとして人気を二分した今西良と森田透を中心とする人々の愛憎劇を描いた物語。ただし『真夜中の天使』は、『翼あるもの』以降の作品とはかなり設定が異なっており、いわばパラレル・ワールドのような物語となっている。
  • 『真夜中の天使』
  • 『翼あるもの』
  • 『朝日のあたる家』(全5巻)
  • 『嘘は罪』
  • 『ムーン・リヴァー』
『真夜中の天使』『翼あるもの』は文藝春秋よりハードカバーで刊行。のちに文春文庫。『朝日のあたる家』は光風社出版よりハードカバーで刊行。のちに角川ルビー文庫。『嘘は罪』は角川書店よりハードカバーで刊行、のちに角川文庫。『ムーン・リヴァー』は角川書店よりハードカバーで刊行。
東京サーガ(矢代俊一シリーズ)
『東京サーガ』のうち、天才サックス奏者の矢代俊一を主人公とした作品群。その第1作『キャバレー』は1986年に映画化された。
長編3作が刊行されている。ほか、スピンオフ作品として、長編2作がある。また、伊集院大介シリーズと舞台を同じくしており、同シリーズの『身も心も』で、伊集院大介との共演が果たされている。角川書店、角川春樹事務所光風社出版天狼プロダクションから刊行されている。同じ『東京サーガ』に属する「今西良・森田透ブランチ」でもミュージシャンとして登場している。

小説(その他)[編集]

SF[編集]

長編
短編集

ファンタジー[編集]

長編

ミステリ[編集]

長編

ハードボイルド[編集]

長編

青春・風俗小説[編集]

長編
短編集

伝奇・時代小説[編集]

長編
短編集

ホラー[編集]

長編
  • あなたとワルツを踊りたい』(早川書房)
  • 』(角川書店)
  • 』(角川書店)
  • 』(角川春樹事務所)
  • 』(角川春樹事務所)
  • 』(角川書店)
  • 』(角川春樹事務所)
  • 』(角川春樹事務所)

耽美小説[編集]

長編
短編集

オムニバス[編集]

短編集

評論・エッセイ(中島梓名義)[編集]

評論[編集]

エッセイ[編集]

共著[編集]

栗本薫名義
中島梓名義

アンソロジー(編者担当)[編集]

栗本薫名義
中島梓名義

舞台[編集]

演出(中島梓名義)[編集]

脚本のみ[編集]

中島梓名義
栗本薫名義
あかぎはるな名義

テレビドラマ脚本[編集]

出演[編集]

テレビ番組
ラジオ番組

主な楽曲[編集]

  • 熊谷美由紀(現・松田美由紀)「だけど I LOVE YOU」(中島梓名義、作詞)

脚注[編集]

  1. ^ 『私の父、私の母』中央公論社、1994年、144-148頁
  2. ^ a b c d 石田美紀 『密やかな教育―“やおい・ボーイズラブ”前史』 洛北出版、2008年
  3. ^ 楠田枝里子が臨時代理で5代目女性軍キャプテンを務めた。
  4. ^ 主なメンバーは栗本の他、尾崎秀樹(団長)、立松和平(副団長)、藤島親方(当時)、武蔵川親方(当時)、井沢元彦高橋克彦杉浦日向子
  5. ^ その後、山内美郷が同番組最終回まで約8年間、7代目女性軍キャプテンを務めた。
  6. ^ 作家、栗本薫さんが死去” (2009年5月27日). 2009年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月27日閲覧。
  7. ^ 訃報:江戸川乱歩賞の作家、栗本薫さん 56歳” (2009年5月27日). 2009年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月27日閲覧。
  8. ^ クイズ番組「ヒントでピント」の司会者だった土居まさるも、1999年1月18日に奇しくも膵臓癌により58歳の若さで死去した。
  9. ^ 江戸川乱歩賞の受賞者としては当時史上最年少であった。
  10. ^ 『小説トリッパー』2001年秋季号(朝日新聞社)
  11. ^ 新保博久『世紀末日本推理小説事情』(筑摩書房)
  12. ^ 中島梓『新版 小説道場1』(光風社出版)
  13. ^ a b 柿沼瑛子・栗原知代編著『耽美小説・ゲイ文学ブックガイド』(白夜書房)
  14. ^ Erin JUN創刊号はこんな雑誌だった
  15. ^ 挿絵 竹宮惠子の図書館 K.T.Library
  16. ^ 笠井潔『終焉の終り』(福武書店)
  17. ^ a b c 中島梓『マンガ青春期』(集英社)
  18. ^ 堀江あき子編『栗本薫・中島梓 JUNEからグイン・サーガまで』(河出書房新社)
  19. ^ 『グイン・サーガハンドブック3』(ハヤカワ文庫)
  20. ^ 今日泊『我が月は緑』上巻pp412、第2章「辛酸行」第4節「仇討三重奏」
  21. ^ 1994年の「700回記念大会」にはOBチームメンバーとして山藤章二とペアで出演した。

関連項目[編集]

  • 影の会 - 雑誌『幻影城』出身の作家たちで作っていた会。
  • 高信太郎木原敏江竹宮惠子杉浦日向子中田雅喜 - 交友があった漫画家。
  • 秋山協一郎 - 編集者。ワセダミステリクラブの先輩。秋山が編集していた雑誌『バラエティ』の仕事の依頼で交流が始まり、彼が作った出版社&編集プロダクション「綺譚社」に「中島梓事務所」が間借りしていたことがあった。そのため、綺譚社の電話番をしていた高野文子は、中島梓事務所の電話番も兼ねていた。また、秋山は『魔界水滸伝』の登場人物、加賀四郎のモデルにもなっている。

外部リンク[編集]