菅浩江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅浩江
ペンネーム 菅浩江
誕生 (1963-04-21) 1963年4月21日(53歳)
京都府京都市
職業 SF作家日本舞踊名取作曲家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 追手門学院大学中退。
活動期間 1981年4月
ジャンル SF小説推理小説
主な受賞歴 第23回星雲賞日本長編部門
第24回星雲賞日本短編部門
第54回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門
第32回星雲賞日本長編部門
デビュー作 「ブルー・フライト」
配偶者 武田康廣
公式サイト 電脳版PLEIADES
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

菅 浩江(すが ひろえ、1963年4月21日 - )は日本SF作家京都府京都市生まれ。女性。菅原道真菅原孝標女の血を引いていると自称しているが[1]、詳細は不明。 追手門学院大学中退。

概要[編集]

夫はガイナックス統括本部長の武田康廣。菅は京都在住で、東京在住の武田とは別居結婚。

日本舞踊名取で、電子オルガン講師の資格も持ち、ガイナックスのPC用ゲーム『電脳学園』『サイレントメビウス』の作曲を担当するなど、多芸である。

日本推理作家協会会員。本格ミステリ作家クラブ会員。宇宙作家クラブ会員。日本SF作家クラブ会員だったが、2014年に退会。

2013年よりサンライズ制作による日本テレビアニメ作品であるTIGER & BUNNY、それを題材とした3Dキャラクターモデルを自由に動かして動画を制作できるフリーの3DCGソフトウェアであるMikuMikuDanceに興味を抱き積極的にニコニコ動画に関わっている[2]

また、上記と関連して、2014年2月にニコニコ動画上でのMikuMikuDanceを用いた動画投稿イベントのひとつであるMMD杯では森永ダースKADOKAWA、2009年より高岡市長現職である高橋正樹らと共に投稿作品選考委員を務めた[3]

なお、これに先駆けて2013年8月16日にニコニコ動画上に前述の「TIGER & BUNNY」をモチーフとした「バニかわ音頭」なる自作曲を投稿している[4]

略歴[編集]

  • 1980年 - 京都府立桂高等学校在学中に第4回日本SFショー開催に参画。当時の事務局長が岡田斗司夫で、この時に岡田及びゼネラルプロダクツとの繋がりが生まれる。
  • 1981年 - やはり高校在学中、当時所属し、日本SFショーにも協力していた(上述第4回限りで手を引いた)同人誌『星群』(菅は小学生時代から参加)に発表した短編「ブルー・フライト」が、矢野徹の推薦によって『SF宝石』(光文社刊)1981年4月号に転載されデビュー。「ブルー・フライト」はその後、短編集『雨の檻』に収録された。
  • 1989年 -第1長編『ゆらぎの森のシエラ』(ソノラマ文庫)を発表し、再デビュー。
  • 1992年 -『メルサスの少年』で第23回星雲賞日本長編部門受賞。
  • 1993年 - 短編『そばかすのフィギュア』で第24回星雲賞日本短編部門受賞。
  • 2001年 -『永遠の森 博物館惑星』で第54回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門、第32回星雲賞日本長編部門を受賞。
  • 2013年 - 文部科学省教科用図書検定調査審議会臨時委員[5]

作品リスト[編集]

単著[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が菅浩江の作品

  • 異形コレクション 侵略!(1998年2月 廣済堂文庫)「子供の領分」
  • エロティシズム12幻想(2000年2月 エニックス / 2002年3月 講談社文庫)「和服継承」
  • ミステリア(2003年12月 祥伝社文庫)「鮮やかなあの色を」
  • ザ・ベストミステリーズ2007 推理小説年鑑(2007年7月 講談社)「エクステ効果」
    • 【分冊・改題】ULTIMATE MYSTERY 究極のミステリー、ここにあり(2010年4月 講談社文庫)

脚注[編集]

  1. ^ 2013年8月28日13:28 本人のツイート
  2. ^ SF小説家が突如タイバニとMMDにハマったあげくこうなった ~スガのMMD七転八倒”. 2014年3月20日閲覧。
  3. ^ MMD杯運営委員会. “第12回MMD杯 閉会式#菅浩江賞”. 2014年3月20日閲覧。
  4. ^ 菅浩江 (2013年8月16日). “バニかわ音頭-ロウエ版(配布あり)”. 2014年3月20日閲覧。
  5. ^ 教科用図書検定調査審議会 委員名簿”. 文部科学省 (2014年4月1日). 2014年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]