草野原々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

草野 原々(くさの げんげん、1990年4月16日 - )は、日本SF作家北海道札幌市在住。

経歴・人物[編集]

広島県東広島市生まれ[1]。のちに神奈川県横浜市に転居。桐蔭学園高校を卒業後、慶應義塾大学環境情報学部卒。現在、北海道大学大学院理学院博士課程在学中[1]

2016年、ラブライブ!SF合同同人誌『School idol Fictionally』(国立音ノ木坂学院SF研究部)に発表した「最後にして最初の矢澤」を改題・改稿した投稿作、「最後にして最初のアイドル」が第4回ハヤカワSFコンテストで《特別賞》を受賞し、電子書籍オリジナル版として配信されSF作家デビュー。日本SF作家クラブ会員。

2017年7月、「最後にして最初のアイドル」は第48回星雲賞日本短編部門を、同年8月には、第16回センス・オブ・ジェンダー賞《未来にはばたけアイドル賞》を受賞している。2019年7月には「暗黒声優」で第50回星雲賞日本短編部門を受賞した。

作品リスト[編集]

小説[編集]

単行本
  • 最後にして最初のアイドル(2018年1月 ハヤカワ文庫JA)
    • 最後にして最初のアイドル(2016年11月 早川書房【電子書籍】/再録:『伊藤計劃トリビュート2』2017年1月 ハヤカワ文庫JA)
    • エヴォリューションがーるず(2017年7月 早川書房【電子書籍】)
    • 暗黒声優(書き下ろし)
  • これは学園ラブコメです。(2019年4月 ガガガ文庫
  • 大進化どうぶつデスゲーム(2019年4月 ハヤカワ文庫JA)
    • 冒頭部のみ「S-Fマガジン」2019年4月号に先行掲載
  • 大絶滅恐竜タイムウォーズ(2019年4月 ハヤカワ文庫JA)
未単行本化作品
  • 【自己紹介】はじめまして、バーチャルCTuber 真銀アヤです。(初出:「小説すばる」2018年10月号)
  • 幽世知能(初出:「S-Fマガジン」2019年2月号/再録:『アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー』2019年6月 ハヤカワ文庫JA)
  • 理由農作錬金術師アイティ(初出:「三田文学」2019年春季号)
  • 札幌 vs. 那覇(初出:「文芸ラジオ」第5号)
  • いつでも、どこでも、永遠に。(『NOVA 2019年秋号』2019年8月 河出文庫)

エッセイ・評論等[編集]

  • 「草野原々インタビュウ」 - 『S-Fマガジン』2016年12月号 収録
  • 「Oh ! マイアイドル」 - 『小説すばる』2017年2月号 寄稿
  • 「『けものフレンズ』はなぜSFとして「すっごーい!」のか」 - 『S-Fマガジン』cakes版(Web上)2017年2月17日 寄稿
  • 「塾員クロスロード」 - 『三田評論』2017年5月号 寄稿
  • 「『最後にして最初のアイドル』星雲賞受賞記念インタビュウ」 - 『S-Fマガジン』cakes版(Web上)2017年7月22日 寄稿
  • 「SF映画総解説 ホーリー・マウンテン」- 『S-Fマガジン』2017年10月号収録
  • 「書評| 久木田水生、神崎宣次、佐々木拓 著 『ロボットからの倫理学入門』」 - 『応用倫理』第10号(北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター、2017年11月30日)
  • 「『ブラック★ロックシューター』から読み解く情動の哲学と人生の価値」- 『ユリイカ』2018年3月臨時増刊号 総特集=岡田麿里青土社、2018年2月26日)
  • 「百合が俺を人間にしてくれた【2】――対談◆宮澤伊織×草野原々」 - HAYAKAWA BOOKS & MAGAZINES(HAYAKAWA ONLINE、2018年9月13日)
  • 「デジタルゲームのむなしさと人生のむなしさ」 - 『プレイヤーはどこへ行くのか――デジタルゲームへの批評的接近』(限界研 編/竹本竜都・宮本道人 編著、南雲堂、2018年12月15日)
  • 「おしえて! 新シリーズ!」 - 『ガ報』No.144(小学館、2019年4月発行)掲載
  • 「『三体』の創作メソッドを考えてみる」 - 『文學界』2019年10月号 掲載
  • 「2020年のわたし」 - 『SFが読みたい! 2020年版』(S‐Fマガジン編集部、早川書房、2020年2月10日)掲載

講演等[編集]

  • 「『けものフレンズはSFなのです』『なのです』」- 『はるこん』にて。2017年4月23日
  • 「げんげんの『ラブライブ!』トーク」 - 『ドンブラコンLL』にて。2017年8月27日
  • 「平成最後の夏と百合 宮澤伊織×草野原々」 - 秋葉原、書泉ブックタワーにて。2018年8月24日

脚注[編集]

  1. ^ a b 『伊藤計劃トリビュート 2』早川書房編集部編、ハヤカワ文庫JA、2017年1月発行 10頁「著者プロフィール」

外部リンク[編集]