第六大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第六大陸
著者 小川一水
イラスト 幸村誠
発行日 日本の旗 2003年
発行元 日本の旗 早川書房
ジャンル SF
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
コード ISBN 978-4150307271
ISBN 978-4150307356
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

第六大陸』(だいろくたいりく)は、小川一水による2003年刊のSF小説早川書房よりハヤカワ文庫として全2巻刊行。第35回星雲賞日本長編部門の受賞作。一般にハードSFとして分類される。

概要[編集]

近未来の開発をテーマにした、小川の得意とする技術系SFである。タイトルは、月を5大陸に続く(南極大陸に代わる)第6の大陸と位置づけたものである。

早川書房からの小川初の単行本である。近年のハヤカワ文庫では珍しいカラー口絵付きで、カバー表紙絵と共に、『プラネテス』で知られる幸村誠が描いている。

あらすじ[編集]

2025年化石燃料の枯渇が深刻な問題となった結果、世界各国が平和主義路線を歩み始めた時代。レジャー用の深海交通艇南沙諸島の海底を航行し、海底にドーム型都市が造られる近未来。

25歳にして世界トップレベルの建築技術を誇る御鳥羽総合建設の俊英である青峰走也(あおみね そうや)は、結婚式場を建設するという途方も無い計画を実現するため、依頼主であるレジャー企業エデン・レジャーエンターテイメント社会長・桃園寺閃之助(とうえんじ せんのすけ)の孫娘・桃園寺妙(とうえんじ たえ)を伴い月に向かう。

完成および運用までの12年に及ぶ歳月のなかで、走也と妙は月と地球、その間に広がる宇宙で様々な経験を積んで、成長していく。

受賞[編集]

漫画[編集]

ウェブコミック誌『FlexComixネクスト』(フレックスコミックス)で2008年12月9日更新号から2010年11月22日更新号まで全22話の連載が行われた。作画は吉祥寺笑。単行本は全5巻[1]

書誌情報[編集]

他作品への登場[編集]

山本弘のSF小説『去年はいい年になるだろう』では、2001年の小川一水が登場しこの作品の構想を語っている。ただし物語中では、歴史改変により小川は執筆を断念している。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、最終巻は4巻の発売後から2年後に発売された。

外部リンク[編集]