眉村卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
眉村 卓まゆむら たく
誕生 村上 卓児
(1934-10-20) 1934年10月20日
大阪府大阪市西成区
死没 (2019-11-03) 2019年11月3日(85歳没)
大阪府大阪市阿倍野区
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
教育 学士経済学
最終学歴 大阪大学経済学部卒業
活動期間 1960年 - 2019年
ジャンル SF
文学活動 インサイダー文学論
創作集団プロミネンス
代表作司政官シリーズ
なぞの転校生
ねらわれた学園
迷宮物語
時空の旅人
僕と妻の1778の物語
主な受賞歴 空想科学小説コンテスト佳作(1961年)
泉鏡花文学賞(1979年)
星雲賞(1979年)
日本文芸大賞(1987年)
星雲賞(1996年)
デビュー作 『下級アイデアマン』
子供 村上知子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(まゆむら たく[1][2]1934年〈昭和9年〉10月20日 - 2019年〈令和元年〉11月3日[1][2])は、日本SF作家。代表作「司政官シリーズ」で1979年 (昭和54年) に泉鏡花文学賞を、同年と1996年 (平成8年) に星雲賞日本長編部門を受賞している。[3]本名は(むらかみ たくじ)。

経歴[編集]

1934年 (昭和9年) に大阪府大阪市西成区で生まれる。大阪府立住吉高校を経て[4]1957年 (昭和32年) に大阪大学経済学部卒業後、大阪窯業耐火煉瓦株式会社(のちの株式会社ヨータイ)に入社、日生工場(現岡山県備前市日生町)赴任[5]1958年 (昭和33年) に大阪本社に転勤。1960年 (昭和35年) からSF同人誌宇宙塵』に参加する[6]。翌1961年 (昭和36年) に、宝石社から出版されていた雑誌『ヒッチコックマガジン』に作品が掲載され商業誌デビューを飾った[6]。同年には「下級アイデアマン」が第1回空想科学小説コンテスト(のちのハヤカワ・SFコンテスト)佳作第2席に入選している[6][7]

1963年 (昭和28年) に初めての単行本である処女長編『燃える傾斜』を刊行、同年、大阪窯業耐火煉瓦株式会社を退社、株式会社大広の嘱託コピーライターとなる。

1965年 (昭和40年) 、第一作品集『準B級市民』を刊行、同年大広を辞め、専業作家として活動を開始する[1]1968年 (昭和43年) には、三一書房の「さんいちぶっくす」から初のショートショート集『ながいながい午睡』を刊行した[8]。以降、生涯に渡ってショートショートを書き継いでいくが、その数は3000篇もの数に達する[8]。これは星新一の書いたショートショートの倍近い分量である[8]

1979年 (昭和54年) には、『消滅の光輪』にて第7回泉鏡花文学賞および星雲賞を受賞した[1]1987年 (昭和62年) に『夕焼けの回転木馬』で第7回日本文芸大賞を受賞し、1996年 (平成8年) には『引き潮のとき』で2度目となる星雲賞を受賞した。インサイダー文学論を提唱し[7]、組織と個人の葛藤を作品のテーマとしている。また多数の短編SFやエッセイジュブナイル小説を執筆した。作家活動以外ではラジオパーソナリティも務めた[7](『チャチャヤング』(毎日放送)、『男のポケット』(FM大阪)、『飛べ! 熊五郎、ただ今大奮闘』(ラジオ関西))。

ジュブナイル小説の代表作にはNHK少年ドラマシリーズ』などでテレビドラマ化された『なぞの転校生』、『ねらわれた学園』などがある。ジュブナイル小説の多くが絶版となったが、2003年 (平成15年) から講談社青い鳥文庫から4冊が復刻されている。

また、福島正実が創設した作家、翻訳家、画家等の集団「少年文芸作家クラブ」(のち「創作集団プロミネンス」)にも参加した。「覆面座談会事件」で福島と仲たがいした他のSF作家たちが会から脱会したのちも、光瀬龍とともに会に残った。また、1974年には福島と長編『飢餓列島』を共作している[9]

日本SF作家クラブ会員であり、矢野徹会長時代に四代目事務局長をつとめたが、1992年 (平成6年) から2008年 (平成20年) まで退会していたことがあったという[10]

大阪芸術大学芸術学部文芸学科の教授、同大学院の芸術研究科教授[11]平安女学院大学文化創造センター客員教授も務めた。

2006年 (平成18年) から、産経新聞夕刊(大阪本社発行)の読者投稿欄『夕焼けエッセー』(2019年〈平成31年〉4月から朝刊『朝晴れエッセー』)の選考委員を務めた[1]

2009年 (平成21年) 11月に、癌で2002年 (平成14年) に死去した妻・悦子に日々、自作のショート・ショートを捧げた実話をもとにした、映画『僕と妻の1778の物語』が製作発表され、東宝配給で2011年 (平成23年) 1月に公開された。2012年 (平成24年) 6月には「笑うは薬」堀内孝雄歌唱でエピソードがCD化された。

2012年 (平成24年) より、泉大津市オリアム随筆賞の選考委員に就任した。2013年 (平成25年) 、他のベテラン作家とともに、日本SF作家クラブの名誉会員に[12]

2019年 (令和元年) 11月3日、誤嚥性肺炎のため大阪市阿倍野区大阪鉄道病院で死去。85歳没[2]。死の3日前に完成させた自伝的長編小説『その果てを知らず』が最後の作品になった[6]。同作品は、翌年に講談社から刊行された。

2020年 (令和2年) 、第40回日本SF大賞で功績賞を受賞。

句作[編集]

眉村は高校時代に俳句部に所属し、水原秋桜子主宰の「馬酔木」に投句するなどしていた。作家としてデビューした昭和40年代には、毎日新聞の記者をしていた赤尾兜子とパーティで知り合い、これをきっかけにして兜子の主宰誌「」の同人となっている。当時眉村は俳句の中にSF的な感覚を盛り込むことを試みていたが、逆に兜子から、小説の文章が俳句的で読者に伝わらないという指摘を受け、以後小説の書き方を変えたという。兜子の死後は多忙もあってしばらく句作から離れたが、上述の妻の死以降、ショート・ショートと平行してふたたび句作に取り組むようになり、「渦」にも復帰、2009年には最初の句集『霧を行く』を出版している[13]

作品[編集]

小説[編集]

原則として初版出版。多くが後に文庫化された。短編集は収録作品を変更して発行されていることが多い。

1960年代[編集]

  • 燃える傾斜(1963年)東都書房 のちハヤカワ文庫角川文庫ハルキ文庫
  • 準B級市民(1965年)ハヤカワSFシリーズ
  • 幻影の構成(1966年)早川書房・日本SFシリーズ のち文庫、角川文庫、ハルキ文庫
  • 万国博がやってくる(1968年)ハヤカワSFシリーズ
  • EXPO'87(1968年)早川書房・日本SFシリーズ /(1973年)ハヤカワ文庫、角川文庫
  • 天才はつくられる 秋元書房、1968 のち文庫、角川文庫
  • わがセクソイド(1969年)立風書房 のち角川文庫
  • テキュニット(1969年)三一書房
  • ながいながい午睡 三一書房 1969 (ショートショート集、45篇収録[注 1])
  • 虹は消えた(1969年)ハヤカワSFシリーズ

1970年代[編集]

  • 地球への遠い道 毎日新聞社、1970 のち角川文庫、秋元文庫
  • まぼろしのペンフレンド 岩崎書店、1970 のち角川文庫、青い鳥文庫
  • 時のオデュセウス(1971年)ハヤカワSFシリーズ
  • C席の客 ビジネスショートショート(1971年)日本経済新聞社/(1973年)角川文庫
  • なぞの転校生 鶴書房盛光社、1972 のち角川文庫、秋元文庫、青い鳥文庫
  • かれらの中の海 早川書房 1973 のち講談社文庫
  • 重力地獄 ハヤカワ文庫、1973 のち角川文庫
  • 飢餓列島 福島正実共著 角川書店 1974 のち文庫
  • サロンは終わった(1974年)ハヤカワ文庫JA(再構成短編集)
  • ぼくの砂時計 ショートショート 講談社 1974 のち文庫
  • 司政官 早川書房 1974 のち文庫、創元SF文庫
  • 産業士官候補生 ハヤカワ文庫、1974 のち角川文庫 「EXPO'87」のスピンオフ作品
  • ねじれた町 すばる書房盛光社 1974年 のち秋元文庫、角川文庫、ハルキ文庫、青い鳥文庫
  • 二十四時間の侵入者 秋元文庫、1974 のち角川文庫
  • あの真珠色の朝を… 角川文庫、1974
  • 変な男 文化出版局 1975 のち角川文庫
  • 奇妙な妻 1975 (ハヤカワ文庫) のち角川文庫
  • 還らざる城 1975 (旺文社ノベルス) のち文庫
  • 地獄の才能 1975 (秋元文庫) のち角川文庫、ぶんか社文庫
  • ワルのり旅行 1975 (角川文庫)
  • 還らざる空 1975 (ハヤカワ文庫)
  • ねらわれた学園 1976 (角川文庫) のち青い鳥文庫
  • 出たとこまかせON AIR SFジョッキー 立風書房 1976 のち角川文庫
  • 鳴りやすい鍵束 徳間書店 1976 のち文庫
  • 異郷変化 1976.12 (角川文庫)
  • 深夜放送のハプニング 1977.2 (秋元文庫) のち角川文庫
  • 泣いたら死がくる 1977.4 (秋元文庫) のち角川文庫
  • 通りすぎた奴 立風書房 1977.5 のち角川文庫
  • 思いあがりの夏 1977.6 (角川文庫) 『幕末未来人』『幕末高校生』原作『名残の雪』を含む
  • 影の影 1977.8 (ハヤカワ文庫)
  • 猛烈教師 三省堂 1977.9 (三省堂らいぶらりい SF傑作短編集)
  • 枯れた時間 1977.10 (ハヤカワ文庫)
  • 閉ざされた時間割 1977.10 (角川文庫) のちハルキ文庫
  • 白い小箱 実業之日本社 1977.11 のち角川文庫
  • ぎやまんと機械 PHP研究所 1977.12 のち角川文庫
  • ぬばたまの… 講談社 1978.3 のち文庫
  • 白い不等式 1978.6 (秋元文庫) のち角川文庫
  • 六枚の切符 講談社 1978.6 のち文庫
  • 消滅の光輪 早川書房 1979.4 のち文庫、ハルキ文庫
  • 午後の楽隊 講談社 1979.4 のち集英社文庫
  • 滅びざるもの 徳間書店 1979.6 のち文庫
  • かなたへの旅 1979.10 (集英社文庫)
  • おしゃべり迷路 角川書店 1979.11 のち文庫

1980年代[編集]

  • つくられた明日 1980.1 (角川文庫) のち秋元文庫
  • 月光のさす場所 角川書店 1980.3 のち文庫
  • 一分間だけ ショート・ショート 角川文庫 1980.4 のち秋元文庫 (68篇収録)
  • ぼくたちのポケット 角川文庫 1980.11 (ショートショート集、56篇収録)
  • 長い暁 早川書房 1980.11 のち文庫
  • 二次会のあと 講談社 1981.1 のち文庫
  • 幻の季節 主婦の友社 1981.5 のちケイブンシャ文庫
  • 遥かに照らせ 徳間書店 1981.5 のち文庫
  • とらえられたスクールバス 角川文庫 1981-1983 (のちに「時空の旅人」に改題してハルキ文庫刊)
  • モーレツ教師 角川文庫 1981.6 (ショートショート集、16篇収録)
  • おしゃべり各駅停車 角川書店 1981.7 のち文庫
  • 傾いた地平線 角川書店 1981.9
  • 疲れた社員たち 実業之日本社 1982.3
  • 黄色い夢、青い夢 1982.7 (集英社文庫)
  • ポケットのABC ショート・ショート 1982.10 (角川文庫)
  • ポケットのXYZ ショート・ショート 1982.10 (角川文庫)
  • 逃げ姫 1983.4 (集英社文庫コバルト)
  • 不器用な戦士たち 講談社 1983.12 のち文庫
  • ふつうの家族 ショート・ショート 1984.2 (角川文庫)
  • 孔雀の街 1984.5 (集英社文庫コバルト)
  • ぼくらのロボット物語 岩崎書店 1985.1 (あたらしいSF童話)
  • 最後のポケット 1985.6 (角川文庫)
  • 月光の底 1985.12 (集英社文庫コバルト)
  • それぞれの曲り角 1986.2 (角川文庫)
  • 夕焼けの回転木馬 1986.4 (角川文庫)
  • 迷宮物語 1986.8 (角川文庫)
  • 侵入を阻止せよ 1986.12 (集英社文庫コバルト)
  • 職場、好きですか? 26のオフィス・ショートショート 勁文社 1987.2 のち文庫
  • 不定期エスパー 長篇青春冒険ロマン 1-8 徳間ノベルス 1988-1990 のち文庫
  • 強いられた変身 1988.1 (角川文庫)
  • 素顔の時間 1988.2 (角川文庫)
  • 引き潮のとき (全5巻) 早川書房 1988-1995
  • 里沙の日記 1988.8 (集英社文庫コバルト)
  • それぞれの遭遇 1988.11 (ケイブンシャ文庫コスモティーンズ
  • 異世界分岐点 自選日常恐怖作品集 新芸術社 1989.7
  • 駅とその町 異色SF小説 実業之日本社 1989.10 (のち『魔性の町』に改題して講談社文庫より再刊)
  • こんにちは、花子さん 勁文社 1989.8 のちケイブンシャ文庫 (ショートショート集、26篇収録)
  • 頑張って、太郎さん 勁文社 1989.12 のちケイブンシャ文庫 (ショートショート集、18篇収録)

1990年代[編集]

  • ライトグレーの部屋 1990.6 (集英社文庫コバルト)
  • 出張の帰途 祥伝社 (ノン・ポシェット) 1990.12 のち祥伝社文庫
  • 怪しい人びと 新潮文庫 1992.3 (ショートショート集、32篇収録)
  • ワンダー・ティー・ルーム 実業之日本社 1992.4
  • 乾いた家族 ケイブンシャ文庫 1993.6 (ショートショート集、50篇収録)
  • ゆるやかな家族 ケイブンシャ文庫 1993.10 (ショートショート集、39篇収録)
  • 駅にいた蛸 集英社 1993.12
  • 虹の裏側 出版芸術社 1994.10 (ふしぎ文学館)
  • 発想力獲得食 三一書房 1995.9 のち双葉文庫 (ショートショート集、30篇収録)
  • 精神集中剤 1998.3 (徳間文庫)
  • カルタゴの運命 新人物往来社 1998.11
  • 日がわり一話 第1-2集 出版芸術社 (第1集 1998.5、第2集 1998.9)[注 2]

2000年代[編集]

  • 日課・一日3枚以上 (全10巻) (2000年8月~2001年9月刊、真生印刷[注 3])
  • 妻に捧げた1778話 2004.5 (新潮新書) 「僕と妻の1778話」集英社文庫
  • いいかげんワールド 出版芸術社 2006.7
  • 新・異世界分岐点 出版芸術社 2006.9
  • 沈みゆく人 出版芸術社 2011
  • たそがれ・あやしげ 出版芸術社 2013.6 (ショートショート集、21篇収録)
  • 自殺卵 出版芸術社 2013.8
  • 短話ガチャンポン 双葉文庫 2015.8 (ショートショート集、26篇収録)
  • 終幕のゆくえ 双葉文庫 2016.12 (ショートショート集、20篇収録)
  • 夕焼けのかなた 双葉文庫 2017.12 (ショートショート集、26篇収録)
  • その果てを知らず 講談社 2020.10 (遺作)
  • 静かな終末 竹書房文庫 2021.3[注 4]
  • 司政官シリーズ(1970年代〜80年代に書かれた同名作品集の再刊)
    • 司政官(短編集)
    • 長い暁(短編集)
    • 消滅の光輪
    • 引き潮のとき
  • 『無任所要員』シリーズ
    • 工事中止命令
    • 虹は消えた
    • 最後の手段
    • 契約締結命令

エッセイ[編集]

  • ぎやまんと機械 PHP研究所 1977 のち角川文庫
  • 照りかげりの風景 傑作エッセイ 広済堂出版 1981.12
  • 大阪の街角 眉村卓Sembaエッセイ 三一書房 1995.11
  • しょーもない、コキ 出版芸術社 2011.5
  • 歳月パラパラ 出版芸術社 2014.7

句集[編集]

  • 霧を行く 深夜叢書社 2009.7

翻訳[編集]

  • ストックホルムのひまなし探偵(私立探偵スベントン)オーケ=ホルムベリイ 講談社、1973
  • 北極怪盗とさばくの怪職人(私立探偵スベントン)オーケ=ホルムベリイ 講談社、1973
  • デパート怪人はにおいなし(私立探偵スベントン)オーケ=ホルムベリイ 講談社、1973
  • おばけ屋敷と四つの怪事件(私立探偵スベントン)オーケ=ホルムベリイ 講談社、1973
  • ねことり怪人と地下室ギャング(私立探偵スベントン)オーケ=ホルムベリイ 講談社、1973

監修[編集]

  • 夕焼けエッセー まとめて5年分 産経新聞出版 2009.8 (眉村卓他監修)
  • 夕焼けエッセー2017 産経新聞出版 2016.10 (眉村卓他監修)

テレビドラマ化された作品[編集]

映画化された作品[編集]

アニメ映画化された作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

[編集]

  1. ^ 2019年現在文庫化はされていないが、収録作品は分散されて他の再刊本に再録されている[14]
  2. ^ 私家版である『日課・一日3枚以上』収録作品との重複もあるが、1000話以降の作品も一部収録されている[15]
  3. ^ ガンで余命宣告を受けた悦子夫人のために書いた全1778篇のショートショートの内最初の1000篇を収録したもの[15]。各巻に100篇ずつ収められている[15]。私家版であるため一般には流通していない[15]
  4. ^ 主に、作家活動の最初期の10年間に書かれたショートショートの内これまでに単行本・文庫に未収録だった作品50篇を収録

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 作家、眉村卓さん死去 85歳 「ねらわれた学園」「妻に捧げた1778話」、本紙「朝晴れエッセー」選考委員も”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2019年11月3日). 2019年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c SF小説の名手、眉村卓さん死去 作品に「ねらわれた学園」 - ウェイバックマシン(2019年12月12日アーカイブ分)
  3. ^ 星雲賞リスト
  4. ^ わたしの母校 住吉高校/1 作家・眉村卓さん 俳句に妻に、人生の出会い”. 毎日新聞 (2018年4月5日). 2021年6月26日閲覧。
  5. ^ 眉村, 卓 (2011年1月18日). 妻のこと僕のこと-SF作家眉村卓氏に聞く 下心の古里. インタビュアー:大石哲也. 山陽新聞.. "日生の記憶作品土台に" 
  6. ^ a b c d 眉村卓 著、日下三蔵 編 『静かな終末』竹書房〈竹書房文庫〉、2021年3月、372頁。ISBN 978-4-8019-2425-3 
  7. ^ a b c 石川喬司 『SFの時代』双葉社(双葉文庫)、1996年、96-101頁。ISBN 4-575-65833-2 
  8. ^ a b c 眉村『静かな終末』p.377.
  9. ^ 宮田昇 『戦後「翻訳」風雲録:翻訳者が神々だった時代』本の雑誌社、2000年3月。ISBN 4938463881 
  10. ^ 京都SFフェスティバル2008でのインタビュー
  11. ^ 大阪芸術大学
  12. ^ 日本SF作家クラブ 編 『日本SF短篇50 :日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー』 1巻、早川書房、2013年。ISBN 9784150310981 
  13. ^ 関悦史閑中俳句日記21 眉村卓句集『霧を行く』」 『―俳句空間―豈weekly』掲載、2010年1月24日(2012年2月16日閲覧)
  14. ^ 眉村卓・日下三蔵編『静かな終末』pp.373-374.
  15. ^ a b c d 眉村卓・日下三蔵編『静かな終末』p.376.
  16. ^ ドラマ愛の詩 幻のペンフレンド2001 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  17. ^ 番組エピソード CG技術&特撮で映像化【SFドラマ特集】-NHKアーカイブス
  18. ^ 番組エピソード 空想・仮想・理想・妄想!『もしもドラマ』 NHKアーカイブス

関連項目[編集]

  • 少年ドラマシリーズ - 眉村原作のドラマ化作品、「まぼろしのペンフレンド」を含むドラマシリーズ
  • ドラマ愛の詩 - 眉村原作のドラマ化作品、「幻のペンフレンド2001」を含むドラマシリーズ
  • ジュブナイル
  • クマゴロー - 眉村卓の渾名、サラリーマンだった眉村がデビュー後もいつもネクタイをしていた事から
  • 佐野洋(作品:『嫌いな名前』の登場人物は眉村卓をベースモデルとしている。ただし内容は創作である)
  • 奥田継夫 - 旧制住吉中学校(現:大阪府立住吉高等学校)の同級生

外部リンク[編集]