清水邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水 邦夫(しみず くにお、1936年11月17日 - )は、日本の劇作家演出家新潟県出身。新潟県立高田高等学校を経て早稲田大学第一文学部演劇科卒業。演劇企画グループ「木冬社」代表。妻は女優の松本典子

来歴[編集]

早稲田大学在学中に初戯曲『署名人』を発表し、注目を浴びる。1960年早稲田大学卒業後、岩波映画に入社するが1965年に退社。劇作家として劇団「青俳」などに戯曲を提供する。

1969年の『真情あふるる軽薄さ』(蜷川幸雄演出)が反響を呼び、蜷川らと結成した劇結社「櫻社」が解散する(1974年)まで、蜷川とコンビを組み、反体制的な若者を描いた作品で人気を集める。9年のブランクを経て、1982年から蜷川との共同作業が復活、『タンゴ・冬の終わりに』では、ロンドンウェストエンドでイギリス人キャストによる上演を行った。

1976年、松本典子らと共に演劇企画グループ「木冬社」を旗揚げ。自作の演出も数多く手がける。

その他、俳優座民藝文学座などに戯曲を提供する一方で映画テレビドラマラジオドラマの脚本、小説の執筆活動も行う。

2001年11月をもって「木冬社」は結成25年で解散。その後、東京・大山のサイスタジオで続けてきた小規模なプロデュース公演を継続している。

主な劇作[編集]

  • 署名人(1958年)
  • 朝に死す(1958年)
  • 明日そこに花を挿そうよ(1959年)
  • 逆光線ゲーム(1962年)
  • 真情あふるる軽薄さ(1968年)
  • 狂人なおもて往生をとぐ(1969年)
  • ぼくらが非情の大河をくだる時(1972年)
  • 泣かないのか?泣かないのか一九七三年のために?(1973年)
  • 幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門(1975年)
  • 夜よおれを叫びと逆毛で充す青春の夜よ(1976年)
  • 楽屋(1977年) ※累計上演回数が日本一である
  • 火のようにさみしい姉がいて(1978年)
  • 戯曲冒険小説(1979年)
  • わが魂は輝く水なり(1980年)
  • あの、愛の一群たち(1980年)
  • 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた(1982年)
  • エレジー 父の夢は舞う(1983年)
  • タンゴ・冬の終わりに(1984年)
  • 救いの猫ロリータはいま…(1985年)
  • 血の婚礼(1986年)
  • 夢去りて、オルフェ(1986年)
  • 弟よ(1990年)
  • 哄笑(1991年)
  • 冬の馬(1992年)
  • わが夢にみた青春の友(1995年)
  • 愛の森(1995年)
  • リターン(1998年)
  • 恋する人々(2000年)
  • 破れた魂に侵入(2001年)

主な小説[編集]

  • BARBER・ニューはま(1987年)
  • 月潟鎌を買いにいく旅(1988年)
  • 風鳥(1990年)
  • 華やかな川、囚われの心(1992年)

映画脚本[編集]

  • 充たされた生活(1962年、松竹)
  • 彼女と彼(1963年、ATG
  • ブワナ・トシの歌(1965年、東宝)
  • 魚群アフリカを行く(1966年、東宝)
  • 北穂高絶唱(1968年、東宝)
  • 祇園祭(1968年、東宝)
  • あらかじめ失われた恋人たちよ(1971年、ATG)※田原総一朗と共同で脚本・監督
  • 竜馬暗殺(1974年、ATG)
  • 幸福号出帆(1980年、東映セントラルフィルム)
  • 悪霊島(1981年、角川映画

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

受賞歴[編集]