太田省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 省吾(おおた しょうご、1939年9月24日 - 2007年7月13日)は、日本劇作家演出家[1]中華民国山東省済南市に生まれる[1]学習院大学政経学部中退。

『水の駅』など沈黙劇と呼ばれる独特のジャンルを生み出す。代表作に『小町風伝』(1977年初演。第22回岸田國士戯曲賞受賞)[1]。『水の駅』、『地の駅』、『風の駅』は沈黙劇三部作と称される[1]

岸田國士戯曲賞の選考委員(第36回から第49回)[2]などを務めた。

生涯[編集]

中華民国山東省済南市に生まれる[1]。1962年、学習院大学を中退する[1]。演出助手などを経て、1968年転形劇場」旗揚げに参加。1970年より劇団主宰となる。

あらいぐまラスカル』などのテレビアニメ脚本も手掛けた。

1988年、「今の演劇の状況が面白くない」と述べて劇団を解散。藤沢市湘南台市民センターの芸術監督に就任する[3]近畿大学教授(1994年度 - 1998年度[4][1]を経て京都造形芸術大学教授[1]2007年肺癌による肺炎ために67歳で逝去[1]

著書[編集]

  • 『飛翔と懸垂(演劇論集)』而立書房、1975年。全国書誌番号:75040680NCID BN06132994
  • 『小町風伝(戯曲集)』白水社、1978年。全国書誌番号:78020120NCID BN14028455
  • 『老花夜想(戯曲集)』三一書房、1979年。全国書誌番号:79023373NCID BN08798108
  • 『裸形の劇場(演劇論集)』而立書房、1980年。全国書誌番号:81001781NCID BN02589885
  • 『動詞の陰翳(演出手帖)』白水社、1983年。ISBN 4560032254
  • 『裸足のフーガ』而立書房、1984年。全国書誌番号:84024268NCID BN1179652X
  • 『夏/光/家』而立書房、1987年。全国書誌番号:87026350NCID BN15333068
  • 『劇の希望』筑摩書房、1988年。ISBN 4480871268
  • 『舞台の水』五柳書院、1993年。ISBN 4906010598
  • 『小町風伝』<リキエスタ>の会、2001年。ISBN 4887521634
  • 『なにもかもなくしてみる』五柳書院、2005年。ISBN 4901646087
  • 『プロセス(演劇論集)』而立書房、2006年。ISBN 4880593230
  • 『太田省吾劇テクスト集(全)』早月堂書房、2007年。ISBN 978-4907838379

関連書籍[編集]

英文による解説書に、ボイド眞理子 『The Aesthetics of Quietude: Ōta Shōgo and theTheatre of Divestiture (静けさの美学 ― 太田省吾と裸形の演劇)』(上智大学出版会、2006年 ISBN 978-4324078860)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
出典
  1. ^ a b c d e f g h i “劇作家・演出家の太田省吾さん死去 「沈黙劇」高い評価”. 朝日新聞. (2007年7月13日). http://www.asahi.com/culture/stage/theater/TKY200707130450.html 2018年9月14日閲覧。 
  2. ^ 岸田國士戯曲賞の歴史 (PDF)”. 受賞作一覧. 白水社. 2018年9月15日閲覧。
  3. ^ 劇作家・演出家の太田省吾さん死去”. シアターガイド. モーニングデスク (2007年7月17日). 2018年9月15日閲覧。
  4. ^ 芸術学科 舞台芸術専攻 (PDF)”. 近畿大学. 2018年9月15日閲覧。