太田省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 省吾(おおた しょうご、1939年9月24日 - 2007年7月13日)は、日本劇作家演出家中国済南市に生まれる。学習院大学政経学部中退。

岸田國士戯曲賞の審査員などを務めた。

来歴[編集]

演出助手などを経て、1968年転形劇場」旗揚げに参加。1970年より劇団主宰となる。『水の駅』など無言劇と呼ばれる独特のジャンルを生み出す。代表作に『小町風伝』(1977年初演。第22回岸田國士戯曲賞受賞)。『水の駅』、『地の駅』、『風の駅』で沈黙劇三部作と称される。

あらいぐまラスカル』などのテレビアニメ脚本も手掛けている。

1988年、「今の演劇の状況が面白くない」と述べて劇団を解散。以後、藤沢市湘南台市民センター芸術監督、近畿大学教授を経て京都造形芸術大学教授。2007年肺癌のため67歳で逝去。

英文による解説書に、ボイド眞理子 『The Aesthetics of Quietude: Ōta Shōgo and theTheatre of Divestiture (静けさの美学 ― 太田省吾と裸形の演劇)』(上智大学出版会、2006年 ISBN 978-4324078860)がある。

著書[編集]