藤田貴大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 貴大(ふじた たかひろ、1985年(昭和60年)4月27日 - )は、日本劇作家演出家。「マームとジプシー」主宰。北海道伊達市出身。

経歴[編集]

10歳のときに伊達市の市民劇団パラムに子役として入団し、高校3年生まで所属。パラムの演出家である影山吉則(のち伊達市教育長)が教鞭をとっていた北海道伊達緑丘高等学校に入学、影山が顧問だった演劇部に入る。在学中に演出としてつくった『りんごの木』が全国高等学校演劇大会ベスト4[1]を獲得。その審査員を務めていた平田オリザから評価を受け、当時、平田が教鞭をとっていた桜美林大学文学部総合文化学科に進学を決める。2007年、大学4年の終わりに「マームとジプシー」旗揚げ。同年、大学卒業[2]

大学卒業後は書店ヴィレッジ・ヴァンガードでアルバイトをしながら生活し、一時期は演劇を辞めて社員となることを考えていた[3]2008年2009年は、主に横浜の小劇場「STスポット」やカフェで公演を続ける。2009年に『たゆたう、もえる』でこまばアゴラ劇場の「冬のサミット2009」に参加。藤田はのちに「24歳で初アゴラというのは、自分としてはすごく遅かったと思っています」と語っている。

急な坂スタジオ・坂あがりスカラシップ2010選抜。2011年、『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年、『cocoon』で第17回鶴屋南北戯曲賞候補。同年、第63回横浜文化賞文化・奨励芸術賞受賞。2016年、『cocoon』(再演)で第23回読売演劇大賞演出家賞ノミネート(優秀賞)。

幅広いジャンルの作家とコラボレーションを行う「マームと誰かさん」シリーズでは、これまでに大谷能生飴屋法水今日マチ子穂村弘名久井直子と共作をした。2014年には、川上未映子の詩を女優の青柳いづみが演じる『まえのひ』公演・全国ツアーも行われ、川上はこの公演のために詩「まえのひ」を書き下ろした。2018年にはその続編として、『みえるわ』(マームとジプシー10周年ツアー vol.2)が行われた。

作風[編集]

象徴的なシーンを別の角度から何度も見せる「リフレイン」を特徴とする。また、役者が本来持つパーソナリティーを観察し、劇中の人物と擦り合わせを行うことで生まれるリアルなドラマや個々の質感を作品に大きく反映させている。ほぼ素舞台で行うパフォーマンスは視覚の大部分を観客のイメージに任せ、モノローグと対話とがシームレスに混在していることから、時には小説的とも評される。

主な作品[編集]

舞台[編集]

著作[編集]

戯曲[編集]

  • かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。(2012年4月、白水社)
  • カタチノチガウ (en-taxi 43号 2014年秋号)
  • 書を捨てよ町へ出よう (文學界 3月号)「特集 寺山修司 vs 藤田貴大」
  • タイムライン (ユリイカ 2016年5月号)

エッセイ[編集]

  • おんなのこはもりのなか(2017年4月、マガジンハウス)

詩集[編集]

  • Kと真夜中のほとりで(2017年5月、青土社)

共作漫画[編集]

  • mina-mo-no-gram(ミナモノグラム)今日マチ子とのコラボレーション (2013年7月、秋田書店)

連載[編集]

  • T/S 「ちくま」連載
  • 夏毛におおわれた 他 「文藝」連載

短篇小説[編集]

  • うすれる、ゆれる 「QuickJapan」連載
  • たゆたう、ゆれる 「ぽこぽこ」web連載[5]
  • N団地、落下。のち、リフレクション。「新潮」2013年9月号掲載
  • コアラの袋詰め 「文藝」2014年8月号掲載

エッセイ[編集]

  • 世界の、もしくは、まいにちの。車窓から。「シアターガイド」連載
  • おんなのこはもりのなか 「アンアン」連載

出演番組[編集]

詩と批評[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]