山元清多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山元 清多
プロフィール
誕生日 (1939-06-11) 1939年6月11日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没日 (2010-09-12) 2010年9月12日(71歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
主な作品
テレビドラマムー一族
青が散る
はいすくーる落書
カミさんの悪口』シリーズ
映画佐賀のがばいばあちゃん
舞台 『さよならマックス』
『比置野(ピノッキオ)ジャンバラヤ』
受賞
第27回岸田國士戯曲賞
(『比置野(ピノッキオ)ジャンバラヤ』)
その他
劇団黒テント所属

山元 清多(やまもと きよかず、1939年6月11日 - 2010年9月12日[1])は日本脚本家劇作家演出家東京都出身。東京大学教育学部教育心理学科卒業。劇団黒テント所属。妻は女優の稲葉良子[2]

略歴[編集]

大学在学中より芝居の執筆を開始し、「六月劇場」を経て、1968年に黒テントの前身である「演劇センター68」に参加。佐藤信加藤直とともに黒テントの座付き作家となり、また演出も担当した。ブレヒト作品の設定を日本に置き換えた『ハザマとスミちゃん』や『隠し砦の肝っ玉』など、さまざまな舞台の脚本・演出を手掛け、1983年には『比置野(ピノッキオ)ジャンバラヤ』で第27回岸田國士戯曲賞を受賞している。

脚本家としてテレビドラマ等で多くのヒット作がある。

2010年9月12日に肺がんのため東京都新宿区の病院で死去。71歳没[1][2]

作品[編集]

舞台[編集]

  • 海賊(1969年)
  • さよならマックス(1973年)
  • 比置野(ピノッキオ)ジャンバラヤ(1983年)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

作詞[編集]

著書[編集]

  • しろいくれよん(PHP研究所 1979.3)
  • さよならマックス 戯曲集(而立書房 1980.12)
  • 比置野ジャンバラヤ(白水社 1983.8)
  • 愛するということ(テイ・アイ・エス 1993.4)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山元清多氏死去 脚本家 - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ a b “「がばいばあちゃん」など脚本 劇作家山元清多さん死去”. アサヒ・コム (朝日新聞社). (2010年9月13日). オリジナル2010年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100915033814/http://www.asahi.com/obituaries/update/0913/TKY201009130261.html 2017年4月26日閲覧。 
  3. ^ 長年にわたり岸田森のペンネームと言われてきたが、2005年以降の調査で山元が盟友・岸田のアイデアに基づいて書いた作品(ギャラは全額、岸田から山元に渡された)と判明している。武井崇著「岸田森 夭折の天才俳優・全仕事」洋泉社、2017年。P74-76。「特撮秘宝 Vol.7」洋泉社、2017年。P180、P207

関連項目[編集]