ムー (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムー
ジャンル テレビドラマ
脚本 スタッフ参照
演出 久世光彦
出演者 郷ひろみ
渡辺美佐子
樹木希林
南美江
清水健太郎
岸本加世子
左とん平
由利徹
伊東四朗
伴淳三郎
オープニング ムー一族「ムーのテーマ」
製作
プロデューサー 久世光彦
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年5月18日 - 1977年11月9日
放送時間 水曜21:00 - 21:55
放送枠 水曜劇場 (TBS)
放送分 55分

ムー』は、TBSのテレビドラマ枠『水曜劇場』で1977年昭和52年)5月18日から同年11月9日まで放送されていたコメディ仕立ての連続テレビドラマ。なお同名のオカルト雑誌「ムー」創刊(1979年)より本作の方が先で、特に関連性はない。

概要[編集]

東京・新富の足袋屋「うさぎや」を舞台にしたホームコメディ。続編に『ムー一族』がある。

演出・プロデューサーは、同じく『水曜劇場』で放送されていた『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』を手がけた久世光彦が担当。

それまでコメディーリリーフ的な役柄が多かった伊東四朗が本格的に役者として主演した作品であり、岸本加世子のデビュー作でもある。郷ひろみ樹木希林の名コンビの掛け合いも当作品の見どころのひとつで、伴淳三郎由利徹といった名脇役もコミカルな演技を見せた。

基本的には郷が実質的な主役だが、クレジット上の主役は渡辺美佐子であった。

それまでの『水曜劇場』の作品と比べてバラエティ的要素が増えており、「生放送」という回も多く見られた。舞台である足袋屋「うさぎや」の前の通りをさまざまなジャンルのゲスト(カメオ出演)がただ通り過ぎていくという「通行人ゲスト」も、番組名物となった(次作『ムー一族』で、バラエティ要素はさらにエスカレートすることとなる)。

本放送後、肖像権や作中の使用楽曲の著作権の絡み、さらに主要キャストだった清水健太郎の度重なる不祥事もあり、地上波や衛星放送(BS-TBSTBSチャンネルなど)での再放送はほとんどなくなったが、2009年1月にDVD-BOXが発売された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

視聴率[3][編集]

第1回11.8%、第2回12.3%、第3回9.4%、第4回13.5%、第5回10.9%、第6回12.6%、第7回12.4%、第8回14.5%、第9回14.2%、第10回13.0%、第11回13.3%、第12回13.5%、第13回14.5%、第14回14.7%、第15回13.7%、第16回11.6%、第17回13.0%、第18回12.5%、第19回16.8%、第20回15.6%、第21回15.6%、第22回16.2%、第23回18.3%、第24回19.5%、第25回18.1%、最終回21.2%。

脚注[編集]

  1. ^ 続編の「ムー一族」では「のぐちともこ」名義で出演。のちの久世光彦夫人(久世朋子)。
  2. ^ 同局の「8時だヨ!全員集合」で誕生し、現在もフジテレビ系にて不定期放送中の「バカ殿様」に扮してゲスト出演。
  3. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。
TBS 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
乱塾時代子育て合戦
(1977.4.6 - 1977.5.11)
ムー
(1977.5.18 - 1977.11.9)
せい子宙太郎
(1977.11.16 -1978.5.10)