ムー (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムー
ジャンル テレビドラム
脚本 スタッフ参照
演出 久世光彦
出演者 郷ひろみ
渡辺美佐子
樹木希林
南美江
清水健太郎
岸本加世子
左とん平
由利徹
伊東四朗
伴淳三郎
オープニング ムー一族「ムーのテーマ」
製作
プロデューサー 久世光彦
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年5月18日 - 1977年11月9日
放送時間 水曜21:00 - 21:55
放送枠 水曜劇場 (TBS)
放送分 55分
テンプレートを表示

ムー』は、TBSのテレビドラマ枠『水曜劇場』で1977年昭和52年)5月18日から同年11月9日まで放送されていたコメディ仕立ての連続テレビドラマ。なお同名のオカルト雑誌「ムー」創刊(1979年)より本作の方が先で、特に関連性はない。

概要[編集]

東京・新富の足袋屋「うさぎや」を舞台にしたホームコメディ。続編(一部設定が変更されたパラレルストーリー)に『ムー一族』がある。

演出・プロデューサーは、同じく『水曜劇場』で放送されていた『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』を手がけた久世光彦が担当。

それまでコメディーリリーフ的な役柄が多かった伊東四朗が本格的に役者として主演した作品であり、岸本加世子のデビュー作でもある。郷ひろみ樹木希林の名コンビの掛け合いも当作品の見どころのひとつで、伴淳三郎由利徹といった名脇役もコミカルな演技を見せた。

基本的には郷が実質的な主役だが、クレジット上の主役は渡辺美佐子であった。

それまでの『水曜劇場』の作品と比べてバラエティ的要素が増えており、第8話など「生放送」という回も多く見られた。舞台である足袋屋「うさぎや」の前の通りをさまざまなジャンルのゲスト(カメオ出演)がただ通り過ぎていくという「通行人ゲスト」も、番組名物となった(次作『ムー一族』で、バラエティ要素はさらにエスカレートすることとなる)。

本放送後、肖像権や作中の使用楽曲の著作権の絡み、さらに主要キャストだった清水健太郎の度重なる不祥事もあり、地上波や衛星放送(BS-TBSTBSチャンネルなど)での再放送はほとんどなくなったが、2009年1月にDVD-BOXが発売された。2019年11月11日よりBS12 トゥエルビにて、久々となる再放送が開始された。

キャスト[編集]

  • 宇崎安男:伊東四朗(足袋屋「うさぎや」四代目主人。拓郎曰く大黒柱の影に隠れる消極的存在)
  • 宇崎小春:渡辺美佐子(「うさぎや」のおかみ。安男の妻。事実上の一家の大黒柱)
  • 宇崎健太郎:清水健太郎(長男。男気があり優しい。ボクシング中継に興奮し桃子とシャドウを始めたが、中継のクリーンヒットに目を奪われた瞬間、誤って桃子の左耳を殴り流血させて聴力を奪ってしまう。自分の過失を重く受け止め、自責の念に苛まれ家出のような格好で葉山の自動車修理工場で勤務)
  • 宇崎桃子:五十嵐めぐみ(長女。23歳。毎日Gパンでボーイッシュ。他愛ない兄妹間のふざけ合いで左耳を負傷し聞こえない障害を抱える。本人の自信や結婚の障害として大きな影を落としている)
  • 宇崎拓郎:郷ひろみ(次男。19歳。一橋大に落ち、代々木ゼミナールに通う浪人。家族思いで優しいが短気。金田さんと仲が良く、日々凝ったおふざけに付き合って楽しんでいる。「一応な」が口癖)
  • 宇崎うらら:南美江(安男の母。77歳。従業員などからはご隠居と呼ばれるが、たまに作業も手伝う)
  • 金田(かねた)久美子:樹木希林(うさぎやのお手伝いさん。拓郎と仲が良い。誤ってかねださんと呼ぶと必ず「かね『た』です」と訂正する。今日付けで辞めたいなどお騒がせ者だが、小春らに愛されている。初期クレジットでは下段に『悠木千帆改メ』と表示)
  • 香川加世子:岸本加世子(うさぎやの住込お手伝いさん。16歳。新潟県親不知から上京。[1]「ハイ!」という大きくハッキリした返事が好感度が高いが、よく階段から滑り落ちる。クレジットには「(新人)」の表記がある)
  • 野口五郎:左とん平(うさぎやの足袋職人。まだ駆け出しだが短気で乱暴な口調。歌手の野口五郎とは同姓同名だが無関係)
  • 徳さん[2]伴淳三郎(うさぎやの足袋職人。縫製を任されるうさぎや勤続50年のベテラン)
  • 平さん[3]由利徹(うさぎや向い、履物と傘屋の「近松屋」主人。安男と仲がいい)
  • とも子:小菅秋[4](平さんの娘。口調やしぐさが幼い感じ)
  • 更科:細川俊之(元ボクサーの陶芸家)
  • しのぶ:中島ゆたか(小料理屋「しのぶ」の女将)
  • 花子:井上加奈子(金田さんの家政婦仲間)
  • タケ:滝谷典子(金田さんの家政婦仲間)
  • 小りん:田中美智子(うさぎや常連の若手芸者)
  • お柳:田辺節子(うさぎや常連の若手芸者)
  • 千代丸:鮎川いづみ(うさぎや常連の中堅芸者)
  • お米さん:緋多景子(噂話が大好きな近所のおしゃべり主婦)
  • 京子:内藤杏子(健太郎の葉山の恋人)
  • 役名無し:村田和正[5](新聞・牛乳配達やおでん屋、甘味処など町中のちょい役で出演)
  • 大学生: たこ八郎(第8話以降 ガラの悪い応援団風で誰でもナンパするリーダー格)

ゲスト[編集]

  • いかりや長介(第1話:少し変な地域の老人 第15話:しのぶで更科の横で全く同じ格好同じしぐさをする男 ノンクレジット)
  • 森光子(第4話 本人役 特別出演)
  • ピンク・レディー(特別出演)
  • 鈴木清順(第8話 謎の老人客(失踪中の金融王「鈴木清十郎」)[6]
  • 生島博(第8話 TBSアナウンサーとして台東区入谷あさがお市の中継で更科としのぶにインタビュー)
  • 池部良(第10話 早乙女こうじ[7] 空襲時に安男を助けた旧い知人。30年数年前に島根に移転した)
  • 志村けん(第15話 なぜか宇崎家内に「お前それは無いだろう」のセリフと共にバカ殿姿で一瞬登場 ノンクレジット)
  • 森本レオ(第16話 3時にあいましょうディレクター)
  • 野村泰治(第16話 TBSアナウンサー 3時にあいましょう司会本人役)
  • 遠藤泰子(第16話 TBSアナウンサー 3時にあいましょう司会本人役)
  • 沢田研二(特別出演)

ほか

スタッフ[編集]

音楽[編集]

視聴率[編集]

出典:「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。

第1回11.8%、第2回12.3%、第3回9.4%、第4回13.5%、第5回10.9%、第6回12.6%、第7回12.4%、第8回14.5%、第9回14.2%、第10回13.0%、第11回13.3%、第12回13.5%、第13回14.5%、第14回14.7%、第15回13.7%、第16回11.6%、第17回13.0%、第18回12.5%、第19回16.8%、第20回15.6%、第21回15.6%、第22回16.2%、第23回18.3%、第24回19.5%、第25回18.1%、最終回21.2%。

脚注[編集]

  1. ^ 1話で「加えるに世の中の子」と自己紹介している。
  2. ^ 第16話で「かしわざき」と名乗る
  3. ^ 第16話で「いしのまき へいすけ」と名乗る
  4. ^ 続編の「ムー一族」では「のぐちともこ」名義で出演。のちの久世光彦夫人(久世朋子)。
  5. ^ 本職は当番組AD
  6. ^ 大半のシーンに出演もセリフ一切なし
  7. ^ クレジットには早乙女のみで、劇中で安男が読んだ手紙の差出人名をコウジと発していただけなので漢字表記不明
  8. ^ メキシコのロス・トレス・カバジェロスのカバー。2020年現在でもジャニーズJr.の番組や舞台などで歌い継がれている
  9. ^ ジャニーズの12th SingleなのにA面があおいソロ名義の同曲となっている
TBS 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
乱塾時代子育て合戦
(1977.4.6 - 1977.5.11)
ムー
(1977.5.18 - 1977.11.9)
せい子宙太郎
(1977.11.16 -1978.5.10)