永井愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 愛(ながい あい、1951年10月16日[1] - )は、日本の女性劇作家演出家[2]

父は画家の永井潔

略歴[編集]

東京都出身[3]東京都立富士高校時代から演劇部に入る[4]桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科卒[2][1]

春秋団に研究生として参加し、そこで出会った大石静1981年、「二兎社」を結成[1]。脚本、演出、出演を大石と二人で行う[1]。翌1982年の、老若男女12人を二人で演じた『カズオ』は再演を重ね、初期の代表作となる[5]

1997年に初演の「見よ、飛行機の高く飛べるを」は、岡崎市の愛知県第二師範学校女子部を舞台に、永井の祖母の志津と市川房枝をモデルにして描いた。

1991年、大石は二兎社を離れ、以後永井が単独で主宰[1]日本劇作家協会前会長[6]、理事[7]。2016年3月より副会長[8]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『カズオ』JICC出版局 1990
  • 『時の物置』而立書房 1996
  • 『パパのデモクラシー』而立書房 1997
  • 『僕の東京日記』而立書房 1997
  • 『ら抜きの殺意』而立書房 1998
  • 『見よ、飛行機の高く飛べるを』而立書房 1998
  • 『萩家の三姉妹』白水社 2000
  • 兄帰る』而立書房 2000
  • 『こんにちは、母さん』白水社 2001
  • 『新・明暗』而立書房 2002
  • 『日暮町風土記』而立書房 2002
  • 『中年まっさかり』光文社 2002 のち文庫
  • 歌わせたい男たち』而立書房 2008
  • 『ぼくにできること』文芸社 2009
  • 『片づけたい女たち』而立書房 2013
  • 『書く女』而立書房 2016(樋口一葉を描く)
  • 『ザ・空気』而立書房 2018 
  • 『ザ・空気 ver.2』而立書房, 2019.12

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『日本女性文学大事典』(2006) p213 津金規雄執筆
  2. ^ a b 二兎社
  3. ^ 今月の戯曲:永井 愛『かたりの椅子』”. Performing Arts Network Japan. 2014年4月20日閲覧。
  4. ^ 『朝日新聞』2020年11月12日「語る 人生の贈りもの」(3)
  5. ^ 『朝日新聞』2020年11月13日「語る 人生の贈りもの」(4)
  6. ^ Japan Playwrights Association - 第1回 ミノカモ学生演劇祭 ⇒終了しました 2013年3月
  7. ^ Japan Playwrights Association - 役員 2014年度
  8. ^ 日本劇作家協会新会長に鴻上尚史氏 坂手洋二氏からバトン”. スポニチアネックス (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  9. ^ 演劇大賞 過去の受賞作 第6回(1999年) : 読売演劇大賞 : 文化関連事業 : 読売新聞へようこそ:
  10. ^ 文化庁芸術祭賞受賞一覧 文化庁
  11. ^ 紀伊國屋演劇賞 第31回〜 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店
  12. ^ 芸術選奨歴代受賞者一覧(昭和25年度 - ) 文化庁
  13. ^ 鶴屋南北戯曲賞 光文文化財団 光文社
  14. ^ 白水社 : 第44回岸田國士戯曲賞選評(2000年)
  15. ^ 演劇大賞 過去の受賞作 第8回(2001年) : 読売演劇大賞 : 文化関連事業 読売新聞
  16. ^ 読売文学賞 第51回(平成11年度)〜第60回(平成20年度) : 読売文学賞 : 文化関連事業 : 読売新聞へようこそ:
  17. ^ 朝日舞台芸術賞 - 朝日新聞社の賞・コンクール
  18. ^ バッカーズとは?・アワード事業『演劇奨励賞』
  19. ^ 演劇大賞 過去の受賞作 第13回(2006年) : 読売演劇大賞 : 文化関連事業
  20. ^ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150312/k10010013131000.html
  21. ^ 第25回読売演劇大賞(2018年) 受賞者・受賞作紹介

外部リンク[編集]