前田司郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前田 司郎
プロフィール
誕生日 (1977-04-13) 1977年4月13日(40歳)
出身地 日本の旗 日本東京都品川区五反田
受賞
第52回岸田國士戯曲賞受賞(2008年
三島由紀夫賞(2009年)
向田邦子賞受賞(2015年)
その他
五反田団主宰

前田 司郎(まえだ しろう、1977年4月13日[1] - )は、日本劇作家演出家俳優小説家映画監督脚本家

略歴[編集]

東京都品川区五反田出身。日本大学豊山高等学校和光大学人文学部文学科卒業。1997年に劇団「五反田団」を旗揚げし、2017年現在も主宰。北海道戯曲賞最終選考委員を務めている。

受賞・ノミネート歴[編集]

人物[編集]

小学生の頃から小説らしきものは書いていたが、初めのうちは数十枚書いたところで読み直して書くのをやめるというのを繰り返していた。演劇に興味を持ったのは中学生の頃で、学校がつまらなくなり文学的なものに飢えていたときに小劇場の存在を知った[5]。小説を書いても最後まで書けずにいたが、読み返さずに書いてしまう戯曲の手法を小説に持ち込んだところ、最後まで書けるようになったという[5]

著書[編集]

戯曲[編集]

小説[編集]

  • 『愛でもない青春でもない旅立たない』講談社、2005年9月 講談社文庫、2009年10月
    • 初出:『群像』2005年8月号
  • 『恋愛の解体と北区の滅亡』講談社、2006年6月 ISBN 9784062134200
    • 「恋愛の解体と北区の滅亡」(『群像』2006年3月号)
    • 「ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ」(『群像』2006年5月号)
  • 『グレート生活アドベンチャー』新潮社、2007年9月 新潮文庫、2010年8月
    • 「グレート生活アドベンチャー」(『新潮』2007年5月号)
    • 「ゆっくり消える。記憶の幽霊」(書き下ろし)
  • 『誰かが手を、握っているような気がしてならない』講談社 2008年3月 ISBN 978-4-06-214555-8
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』幻冬舎、2008年12月 幻冬舎文庫、2011年1月
  • 『夏の水の半魚人』扶桑社、2009年2月 新潮文庫、2013年5月
  • 『逆に14歳』新潮社、2010年2月
  • 『ガムの起源 お姉さんとコロンタン』光文社、2011年4月
  • 『濡れた太陽 高校演劇の話(上・下)』朝日新聞出版、2012年6月
  • 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』集英社、2013年10月
  • 『私たちは塩を減らそう』キノブックス、2015年6月
  • 『道徳の時間/園児の血』キノブックス、2016年6月

エッセイ[編集]

  • 『口から入って尻から出るならば、口から出る言葉は』晶文社、2015年5月

映画[編集]

短編映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.558
  2. ^ 選考委員の中で福田和也のみ高く評価した。
  3. ^ 文化活動【向田邦子賞】/受賞者 第33回:前田 司郎 - 東京ニュース通信社(2015年4月7日)
  4. ^ “「オーバー・フェンス」「団地」が最優秀作品に、第8回TAMA映画賞結果発表”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). http://natalie.mu/eiga/news/204340 2016年10月7日閲覧。 
  5. ^ a b 2008年6月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社
  6. ^ 五反田団 主宰・前田司郎さんインタビュー(後編) - LOAD SHOW(2014年6月6日)
  7. ^ 小泉今日子&二階堂ふみ、母娘役で初共演!前田司郎監督作でダブル主演”. 映画.com (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  8. ^ “ネプチューン、前田司郎脚本「空想大河ドラマ」銘打つ新感覚コメディに挑戦”. お笑いナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/owarai/news/208929 2016年11月11日閲覧。 

外部リンク[編集]