岸田國士戯曲賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキポータル 関連ポータルのリンク

岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)は、劇作家岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い[1]

1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年新潮社岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。創設時の名の通り新劇の作家に与えられる賞として始まったが、1960年代後半からは脱新劇的傾向のある小劇場作家も多く受賞するようになっていった。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。

最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。

受賞作品一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

第31回から第40回[編集]

第41回から第50回[編集]

第51回から第60回[編集]

第61回から第70回[編集]

  • 第61回(2017年) - 上田誠『来てけつかるべき新世界』
  • 第62回(2018年) - 神里雄大『バルパライソの長い坂をくだる話』、福原充則『あたらしいエクスプロージョン』
    • 候補作
      • 糸井幸之介『瞬間光年』
      • サリngROCK『少年はニワトリと夢を見る』
      • 西尾佳織『ヨブ呼んでるよ』
      • 松村翔子『こしらえる』
      • 山田由梨『フィクション・シティー』
      • 山本卓卓『その夜と友達』
  • 第63回(2019年)- 松原俊太郎『山山』
    • 候補作
      • 坂元裕二『またここか』
      • 詩森ろば『アトムが来た日』
      • 瀬戸山美咲『わたし、と戦争』
      • 根本宗子『愛犬ポリーの死、そして家族の話』
      • 古川日出男『ローマ帝国の三島由紀夫』
      • 松村翔子『反復と循環に付随するぼんやりの冒険』
      • 山田百次『郷愁の丘ロマントピア』
  • 第64回(2020年)- 市原佐都子『バッコスの信女-ホルスタインの雌』、谷賢一 『福島三部作 第1部「1961年:夜に昇る太陽」 第2部「1986年:メビウスの輪」 第3部「2011年:語られたがる言葉たち」』
    • 候補作[4]
      • 岩崎う大 『GOOD PETS FOR THE GOD』
      • キタモトマサヤ 『空のトリカゴ』
      • ごまのはえ 『チェーホフも鳥の名前』
      • 西尾佳織 『終わりにする、一人と一人が丘』
      • 根本宗子 『クラッシャー女中』
      • 山田由梨 『ミクスチュア』

選考委員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一例をあげると第58回受賞者の飴屋法水は、受賞時53歳であり、自身の主宰劇団を旗揚げしてからは31年目という大ベテランであった。その他にも、永井愛三谷幸喜中島かずき等も、劇作家としての活動歴が20年近くに達しての受賞であった。
  2. ^ タニノクロウ「地獄谷温泉 無明ノ宿」が第60回岸田國士戯曲賞を受賞”. ステージナタリー (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ 本日、第60回岸田國士戯曲賞の選考会が開催!最終候補作は8作品”. ステージナタリー (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  4. ^ “第64回岸田國士戯曲賞の最終候補作が決定、選考会は2月13日”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年1月23日). https://natalie.mu/stage/news/364284 2020年1月23日閲覧。 

外部リンク[編集]