如月小春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きさらぎ こはる
如月 小春
生誕 1956年昭和31年)2月19日
東京都
死没 (2000-12-19) 2000年12月19日(44歳没)
出身校 東京女子大学
職業 劇作家、演出家

如月 小春(きさらぎ こはる、本名: 楫屋 正子、かじや まさこ、出生名: 伊藤 正子、1956年2月19日 - 2000年12月19日)は、劇作家演出家エッセイストである。

人物[編集]

東京都杉並区出身[1]東京女子大学文理学部哲学科卒業[1]

劇作家・演出家として活動し、野田秀樹渡辺えり子らとともに1980年代小劇場ブームをリードした。また、エッセイストとしての著作も多く、司会者・コメンテーターなどとしてもテレビにも出演していたほか、アジア女性演劇会議実行委員長・日本ユネスコ国内委員会委員・兵庫県立こども館演劇活動委員・立教大学講師なども歴任した。

経歴[編集]

小学校時代を中野区の哲学堂公園付近、中学・高校時代を武蔵野市成蹊中学校・高等学校で過ごし、その間、同校と交換留学制度のあるオーストラリアのニューサウスウェールズ州カウラ高等学校に留学した[1]

大学在学中に東京大学とのインターカレッジ劇団、「劇団綺畸(きき)」で活動を始め、1976年(昭和51年)に処女戯曲 『流星陰画館』を発表した。その後『ロミオとフリージアのある食卓』(1979年初演)、『ANOTHER』(1981年)、『工場物語』(1982年)などの作品を次々と作・演出した。同じ劇団に吉見俊哉がいた。

1982年(昭和57年)、「綺畸」を脱退。翌年自らの劇団「NOISE」を設立し、『DOLL』(1983年)、『MORAL』(1984年 - 85年)などを上演した。これらでは音楽映像など他分野とのコラボレーションによる、従来の演劇の枠にとらわれないパフォーマンスが行われた。劇団「NOISE」には約30名の劇団員が所属し、マスコミからは「都会派演劇集団」と評されることもあった[1]

2000年(平成12年)12月、クモ膜下出血により死去。

舞台[編集]

  • 流星陰画館
  • 新御伽草子'79
  • ロミオとフリージアのある食卓
  • 光の時代
  • 家、世の果ての・・・
  • ANOTHER
  • 工場物語
  • Art Collection 1
  • DOLL
  • リア王の青い城
  • トロイメライ
  • MORAL
  • Art Collection 4 ― Dancing Voice
  • MORAL 2nd
  • ISLAND
  • SAMSA
  • 砂漠のように、やさしく
  • NIPPON CHA! CHA! CHA!
  • MOON
  • ESCAPE
  • 夏の夜のアリスたち
  • 夜の学校
  • A・R ― 芥川龍之介素描
  • 月夜のサンタマリア
  • 朝、冷たい水で
  • モホイの涙
  • テン、テン、天まで飛んでいけ!

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 坂本龍一と如月小春のラジオパフォーマンス「LIFE」 1984年 NHK-FM

音楽[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 如月小春 『都市の遊び方』(新潮文庫) 昭和61年4月発行

関連項目[編集]