黒鉄ヒロシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒鉄 ヒロシ
本名 竹村 弘
生誕 1945年8月3日(70歳)
高知県高岡郡佐川町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1968年 -
ジャンル ナンセンス漫画、歴史漫画
代表作 『ひみこーッ』
『赤兵衛』 他
受賞 第43回文藝春秋漫画賞(1997年)
第2回文化庁メディア芸術祭漫画部門(1998年
第47回小学館漫画賞審査委員特別賞(2002年
紫綬褒章2004年
テンプレートを表示

黒鉄 ヒロシ(くろがね ひろし 1945年8月3日 - 男性)は、日本漫画家、コメンテーター。高知県高岡郡佐川町出身。本名は竹村 弘(たけむら ひろし)。

略歴[編集]

人物[編集]

ペンネームは実家である司牡丹酒造の屋号黒金屋に由来する。黒鉄の漫画はギャグ漫画が多い。歴史雑誌歴史街道の表紙絵を担当し、見開きに描いた人物に関するコメントをしている。

大のギャンブル好きで、阿佐田哲也の作品に挿絵を描いたほか競馬ファンとしても知られる。阿佐田とは、個人的にも交流し、家族同然の仲となった。2013年9月15日放送のドラマ『いねむり先生』(テレビ朝日系、原作・伊集院静)では、黒鉄をモデルとした「黒上」役を阿部サダヲが演じている。

また読売ジャイアンツのファンとしても有名で、『ニュースステーション』には初期のプロ野球応援企画に度々出演。どんなことがあっても毎年巨人は優勝するとし、何があっても巨人が優勝すれば世の中は安泰だとこじつける「安心理論」を披露している。

TBS系列クイズ番組クイズダービー』の初代3枠解答者として出演し、同番組司会の大橋巨泉から“裏切り狸”(うらぎりだぬき)と呼ばれていた。しかし、漫画に専念したい理由で降板し、3枠解答者を黒鉄と同じ高知県出身の漫画家はらたいらに譲った。奇しくもはらたいらに代わってから同番組がTBSの人気番組としての地位に立ち上がることになった。

ひげを生やすようになったのはパチンコ屋にいた際に高校生に間違えられ(当時30歳代)、警察官に年齢を訊かれたからと、笑っていいともに出演した時に語っている。

主な漫画作品[編集]

出演番組[編集]

情報・クイズ・バラエティ他[編集]

タイトル 放送日
「顔つきと言葉づかい」に現れる指導者像【1】 東日本大震災をめぐって 2011年3月26日
「顔つきと言葉づかい」に現れる指導者像【2】 文明の危機の予兆と民主主義 2011年4月2日
喫煙と賭博には道理がある【1】 2011年12月17日
喫煙と賭博には道理がある【2】 2011年12月24日
性根をなくしたメディア気質【1】 2012年6月16日
性根をなくしたメディア気質【2】 2012年6月23日
「父と子」の「葛藤と和解」〔1〕 父親と息子の危ない関係 2012年9月29日
「父と子」の「葛藤と和解」〔2〕 息子殺しの深い意味 2012年10月6日
「父と子」の「葛藤と和解」〔3〕 「父なき家」のゆくえ 2012年10月13日
「金銭(かね)の咄噺(はなし)」-金で買えないものは・・・ 2012年11月24日
「金銭(かね)の咄噺(はなし)」【2】-日本人にはお金以外の美徳のような価値観がある 2012年12月1日
この偽善者流、不景気面、幼稚症状をいかにせん【1】 政治 2012年12月29日
この偽善者流、不景気面、幼稚症状をいかにせん【2】 経済 2012年12月29日
この偽善者流、不景気面、幼稚症状をいかにせん【3】 文化 2012年12月29日
もはやこれまで、現代日本の時代閉塞 2013年11月23日
中江兆民「民主主義の元祖に非ず」 2013年11月30日
「原発」はいかに議論されるべきか 都知事選をどうみたか 2014年3月8日

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

共著[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]