中野孝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中野 孝次(なかの こうじ、1925年大正14年)1月1日 - 2004年平成16年)7月16日)は、日本作家ドイツ文学者評論家。元國學院大學教授。主著に『清貧の思想』など。

人物[編集]

千葉県市川市大工の子として生まれ、独学で旧制高校に進み、第二次大戦出兵を経て、東京大学独文科を卒業[1]。1952年から28年間、国学院大学で教鞭を執る傍ら、フランツ・カフカギュンター・グラスなど現代ドイツ文学の翻訳紹介に努めた[1]。1966年に1年間滞欧ののち、日本の中世文学に傾倒、1972年に初の著作『実朝考』を刊行、1976年には洋画との出会いをもとに半生を検証したエッセイ『ブリューゲルへの旅』で独自の世界を確立した[1]。その後も自伝的小説『麦熟るる日に』、愛犬の回想記『ハラスのいた日々』、凛然と生きる文人を描いた『清貧の思想』など多彩な執筆活動を続けた[1]

『清貧の思想』、愛犬ハラス(柴犬)との日々を描いた『ハラスのいた日々』はベストセラーとなり、後者はテレビドラマ・映画化されている。『暢気眼鏡』の尾崎一雄を慕い、碁や焼き物も愛好した。

政治的には平和主義者であり、反核アピールでは井上靖井上ひさし大江健三郎と行動を共にし、大岡昇平に対しては弟子格の関係にあった。反核アピールは吉本隆明柄谷行人らの批判を受け、柄谷とは1985年に『文學界』の企画で行われた座談会にて激烈な口論に発展した[2]吉本隆明は、大江健三郎、中野孝次、埴谷雄高など左翼はずっと「戦争はダメ」「自分たちは平和主義者」と主張してきたが、それは「戦争自体がダメ」という観点とはまるで違い、そのことでいえば大江・中野・埴谷は全て落第と評価している。大江・中野・埴谷がやった反核運動で主張したことは、日本の米軍基地アメリカの核兵器が持ちこまれ「けしからんから反対」ということだけであり、日本に照準を定めているソ連の極東地区核弾頭ミサイルのことは何もいわなかった。社会主義ソ連平和主義でいい国だけど、資本主義アメリカは悪い国だという、ご都合主義・政策的・戦略的な平和主義が根底にあり、それは「戦争自体がダメ」という本当の意味での平和主義の模倣にすぎず、大江・中野・埴谷は「戦争はダメ」「平和を守れ」と主張するが、戦争になれば、それまでの主張は忘れて、戦争を革命の絶好の好機と考え方を変えるに決まっている、と評している[3]

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『実朝考 ホモ・レリギオーズスの文学』 河出書房新社 1972 のち講談社文芸文庫
  • 『絶対零度の文学 大岡昇平論』 集英社 1976
  • 『ブリューゲルへの旅』 河出書房新社 1976 のち文庫
  • 『我等が生けるけふの日』 小沢書店 1978
  • 『麦熟るる日に』 河出書房新社 1978 のち文庫
  • 『若き木下尚江』 筑摩書房 1979
  • 『文学への希望』 朝日選書 1979
  • 『うちなる山々』 東京新聞出版局 1979 のち『山に遊ぶ心』と改題
  • 『花下遊楽』 弥生書房 1980
  • 『苦い夏』 河出書房新社 1980 のち文庫
  • 『季節の終り』 講談社 1980
  • 『神々の谷 インド・ガンゴトリ紀行』 河出書房新社 1981
  • 『一方通行路』 小沢書店 1981
  • 『南チロルの夏』 集英社 1982
  • 『人生を闘う顔』 新潮社 1982 のち岩波同時代ライブラリー
  • 西行の花 中世紀行』 淡交社 1982
  • 『近代日本詩人選 20 金子光晴』 筑摩書房 1983
  • 『対談小説作法』 文藝春秋 1983
  • 『古典を読む』 今昔物語集 岩波書店 1983 のち同時代ライブラリー
  • 『中世を生きる』 講談社 1983
  • 『自分らしく生きる』 講談社現代新書 1983
  • 『わが体験的教育論』 岩波新書 1985
  • 『はみだした明日』 文藝春秋 1985
  • 『生のなかば』 講談社 1986
  • 『ある中国残留孤児の場合』 河出書房新社 1987
  • 『ハラスのいた日々』 文藝春秋 1987 のち文庫
  • 『人生を励ます言葉』 講談社現代新書 1988 のち『人生を励ます黄金の言葉』講談社+α文庫
  • 『夜の電話』 文藝春秋 1988
  • 『自分らしく人間らしく』 海竜社 1989 のち『自分らしく生きる 人間らしく生きる』+講談社α文庫
  • 『生きたしるし エッセイ集』 文藝春秋 1990 のち文庫
  • 『ひとり遊び 朝日新聞社』 1990 のち文庫
  • 『今を深く生きるために』 海竜社 1990 のち『自分が生きる時間』と改題、三笠書房知的生きかた文庫
  • 『リラの僧院 共生を求めての旅』 文藝春秋 1992 「思索の旅・発見の旅」と改題して岩波同時代ライブラリー
  • 『本阿弥行状記』 河出書房新社 1992
  • 『清貧の思想』 草思社 1992 のち文春文庫
  • 『碧落に遊ぶ』 弥生書房 1992
  • 『プロメテウスの盗んだ火』 マガジンハウス 1992
  • 『生きて今あるということ』 海竜社 1993
  • 『本物の生き方 人間の真実の生とは何か』 海竜社 1994
  • 『贅沢なる人生』 文藝春秋 1994 のち文庫
  • 『生きることと読むことと 「自己発見」の読書案内』 講談社現代新書 1994
  • 『ぼくと兄の日章旗 兄から学んだこと』 ポプラ社 1995 (新・のびのび人生論)
  • 『人生のこみち』 文藝春秋 1995 のち文庫
  • 良寛の呼ぶ声』 春秋社 1995 『良寛にまなぶ「無い」のゆたかさ』小学館文庫
  • 『生きること老いること』 海竜社 1996
  • 『五十年目の日章旗』 文藝春秋 1996 のち文庫
  • 『わが少年記』 弥生書房 1996
  • 『光るカンナ屑 職人かたぎ譚』 小学館 1996
  • 『日本の美徳 恥を知るということ』 光文社 1996
  • 『ハラスよ!!ありがとう』 ポプラ社 1997
  • 『現代人の作法』 岩波新書 1997
  • 『良寛に会う旅』 春秋社 1997
  • 『老年の愉しみ』 海竜社 1997 のち文春文庫
  • 『私の生活作法』 文藝春秋 1997
  • 『我慢の思想』 潮出版社 1997 (潮ライブラリー)
  • 『西洋の見える港町横浜』 草思社 1997
  • 『まっすぐ生きる』 春秋社 1998
  • 『生き方の美学』 文春新書 1998
  • 論語の智慧50章』 潮出版社 1998 (潮ライブラリー)
  • 『存命のよろこび 古典にいまを読む』 角川書店 1998
  • 『なにを遺せますか』 日本経済新聞社 1999 のち文庫
  • 『趣味に生きる愉しみ 老年の過ごし方』 光文社 1999 のち知恵の森文庫
  • 『人生の実りの言葉』 偕成社 1999 のち文春文庫
  • 『暗殺者』 岩波書店 1999
  • 『犬のいる暮し』 岩波書店 1999 のち文春文庫
  • 『よく生きることは人間の仕事である』 海竜社 1999
  • 『老年を幸福に生きる』 青春出版社 1999
  • ヒエロニムス・ボス「悦楽の園」を追われて』 小学館 1999
  • 道元断章 『正法眼蔵』と現代』 岩波書店 2000
  • 『乱世を勁く生きる 中国古典の知恵』 日本経済新聞社 2000 のち文庫
  • 『幸福になるための作法45』 ポプラ社 2000 のち光文社知恵の森文庫
  • 『風の良寛』 集英社 2000 のち文春文庫
  • 『美しい老年のために』 海竜社 2000 のち文春文庫
  • 『わたしの唐詩選 作品社』 2000 のち文春文庫
  • 『自分を活かす “気” の思想 幸田露伴『努力論』に学ぶ』 集英社新書 2001
  • 『自分の顔を持つ人になる』 海竜社 2001
  • 中野孝次作品』 1 - 10 作品社 2001-2002
  • 『老いのこみち』 文藝春秋 2001 『今ここに』として文庫
  • 『中野孝次生きる知恵』 日本放送出版協会 2001 (NHKシリーズ)
  • 『幸福の原理 「無い」ことのゆたかさを見つめ直す15章』 大和書房 2001
  • 『自足して生きる喜び 本当に幸福になるための二十三章』 朝日新聞社 2002 『足るを知る』として文庫
  • 『良寛心のうた』 講談社+α新書 2002
  • 『死を考える』 青春出版社 2002
  • 『幸せな老年のために 「今ココニ」充実して生きる』 海竜社 2002
  • 『いまを生きる知恵』 岩波書店 2002
  • 『中野孝次の論語』 海竜社 2003
  • 『すらすら読める方丈記』 講談社 2003
  • 『「閑」のある生き方』 新潮社 2003 のち文庫
  • 『ローマの哲人セネカの言葉』 岩波書店 2003 のち講談社学術文庫 2020
  • 『中野孝次の生きる言葉』 海竜社 2003
  • 『すらすら読める徒然草』 講談社 2004
  • 『五十歳からの生き方』 海竜社 2004
  • 『セネカ現代人への手紙』 岩波書店 2004
  • 『良寛に生きて死す』 考古堂書店 2005
  • 『芸亭の桜 随筆抄』 神奈川文学振興会 2005
  • 『ガン日記 二〇〇四年二月八日ヨリ三月十八日入院マデ 文藝春秋 2006

共著[編集]

  • 『盤に臨んで燃える 囲碁講義 趙治勲対談』 朝日出版社 1985 (Lecture books)
  • 『ブナの木の下で語ろう 鼎談21世紀をいかに生きるか』 井出孫六,高田宏 信濃毎日新聞社 1998
  • 『犬は東に日は西に』 如月小春,黒鉄ヒロシ 清流出版 1999

翻訳[編集]

編纂[編集]

  • 日本の名随筆』 別巻1 囲碁 作品社 1991
  • 『日本の名随筆』 別巻11 囲碁2 作品社 19921
  • 『清貧の生きかた』 筑摩書房 1993 のち文庫
  • 『大岡昇平の仕事』 岩波書店 1997

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 企画展「中野孝次展-今ここに生きる」神奈川近代美術館、2006年(平成18年)6月10日
  2. ^ 『戦後文学の「内部」と「外部」』(文學界1985年8月号、のち『中上健次 未収録 対論集成』にて再録)
  3. ^ 吉本隆明 『私の「戦争論」』ぶんか社、1999年8月。ISBN 978-4821106844 p211-p212

外部リンク[編集]