ヒエロニムス・ボス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒエロニムス・ボス
Hieronymus Bosch
Jheronimus Bosch.jpg
ヒエロニムス・ボスと推察されている肖像(1560年頃)
生誕 Jeroen van Aken
1450年
Flag of the Low Countries.svg ブルゴーニュ領ネーデルラント スヘルトーヘンボス
死没 1516年8月9日
国籍 オランダの旗 オランダ
著名な実績 絵画
代表作 聖アントニウスの誘惑、快楽の園、最後の審判

ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch オランダ語発音: [ɦijeːˈroːnimɵz ˈbɔs]1450年頃 - 1516年8月9日)は、ルネサンス期のネーデルラントフランドル)の画家初期フランドル派に分類される。本名はイェルーン・ファン・アーケン(Jeroen van Aken)。オランダ語イェロニムス・ボス(Jheronimus Bosch [jeːˈroːnimɵz ˈbɔs])、ドイツ語ヒエローニュムス・ボシュと発音するが、日本では「ヒエロニムス・ボッシュ」と表記されることもある。

生涯[編集]

ベルギー国境近くにあるス・ヘルトーヘンボスの画家一族のもとに生まれた。父アントニス・ファン・アーケン(Anthonis van Aken)、祖父ヤン(Jan)、兄のホーセン(Goossen)および3人のおじ達が画家であった。

「ヒエロニムス」は本名のラテン語読みで、作品にはボス(Bosch)とサインをしている。画名の由来はス・ヘルトーヘンボス(デン・ボス)で生まれ、生涯のほとんどをここに住んでいたことにちなむ。

生前の史料に乏しく、生涯には不明な点が多いものの、父のもとで絵画の修行をしたと推察され、富裕な家の娘との結婚により街のキリスト教友愛団体である「聖母マリア兄弟会」に所属、名士としても活動しながら会の依頼で絵画の制作活動を行っていたと考えられている。

作品[編集]

『快楽の園』

ボスはヨーロッパ各地の王侯貴族たちからの依頼に応じ、多くの作品を制作した。特にスペインフェリペ2世はボスの絵画の熱烈な愛好者であり、マドリードに傑作の多くがある(現在10点がプラド美術館蔵)のもそのためである。しかし、ほとんどの作品が16世紀宗教改革運動での偶像破壊のあおりを受けて紛失し、現在はわずか30点ほどの作品が残されているのみである。また、一部の作品には後補や修正の跡も確認されている他、後世の模作もあり、真贋の判別が困難な物も多い。

聖書に基づく寓話を絵にした作品が多いが、同時期の他の初期フランドル派とは一線を画した、シュルレアリスムを思わせるような幻想的で怪異な作風が特徴であり、それぞれの主題や制作意図も謎に満ちている。その作風はピーテル・ブリューゲルを始めとする後世の画家に大きな影響を与えた。

快楽の園[編集]

現存する作品には普通の板絵のほか、三連祭壇画(3枚のパネルからなる祭壇画)の形式をもつものがいくつかある。この形式は当時のフランドル絵画では頻繁に行われた。有名な「快楽の園」も三連祭壇画である。この作品は、向かって左のパネルに、キリストの姿を取った神がアダムにイブを娶わせている「エデンの園」があり、右のパネルに「地獄」を描き、胴体が卵の殻になっている男、人間を丸呑みにしては、すぐ排泄してしまう怪鳥、その他何とも名づけようのない奇怪なイメージで満たされている。中央の一番大きなパネルは「快楽の園」で、現世と考えられ、無数の裸の男女が様々な快楽に耽っている様が描かれているが、単なる群像ではなく、一種異様な雰囲気であり、背景にはやはり奇妙な、生物とも無生物ともつかない物体が配置されている。

この絵の主題についてはさまざまな解釈がある。中央パネルが好色の罪を表し、その罪を犯した者が右パネルの地獄図で罰せられているとするのが、最も一般的な説であるが、ボスが他の作品『狂人船』では教会勢力を痛烈に批判していることと併せ、この絵はアダム教或いはアダム主義(en)と言われる異端の描写であり、地獄図で拷問されているのは騎士、僧侶などアダム主義の密儀を否定する教会勢力とする説もある。

代表作[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

文献[編集]

  • ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』を読む 著:神原 正明 出版:河出書房新社
  • 「悦楽の園」を追われて―ヒエロニムス・ボス 著:中野孝次 出版:小学館

外部リンク[編集]