小沢書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社小沢書店(おざわしょてん)は、かつて東京都豊島区雑司が谷に存在した文芸出版社歴史的仮名遣いで出版の場合、小澤書店と表記していた。

略史[編集]

1972年に、早稲田大学に在学中だった長谷川郁夫により設立。最初期の出版に、大岡信『あだしの 詩集』、神品芳夫リルケ研究』があった。吉田健一富士川英郎篠田一士川村二郎高橋英夫饗庭孝男桶谷秀昭那珂太郎阿部良雄平岡篤頼窪田般彌鷲巣繁男など、多くの外国文学者、文芸批評家詩人歌人の著作が出されている。

全集・選集類は、吉田健一『ポエティカ Ⅰ.Ⅱ』を始め、『定本吉田一穂全集』、『堀口大學全集』、『青山二郎文集』(増補版も刊)、『小沼丹作品集』、『秋山駿批評』、『晩国仙果 森亮訳詩集』、『柴田宵曲文集』、『小川国夫全集』、『大原富枝全集』、『江藤淳対話集』などを刊行した。

90年代には詩集シリーズ<双書・20世紀の詩人> 、再刻本で<小沢クラシックス世界の詩「日本詩人選」>、<同「世界詩人選」>、<同「中国名詩鑑賞」>を、併せて数十冊刊行した。1984年から97年にかけ、他社初版も含んだ再刻本シリーズ〈小沢コレクション〉が、全50冊刊行された。

井上究一郎『水の上の落葉 詩集』や、『三笠山の月 小田嶽夫作品集』などを刊行した直後の2000年9月に倒産、28年間で約630冊余の著作が出版された。

未完結となった出版書目に、新庄嘉章訳『ジッドの日記』(改訳版、全5巻の内3巻目まで、全巻は2003年に日本図書センターで刊行)、堀越孝一ヴィヨン遺言詩注釈』(全4巻の内3巻まで、4巻目は冬至書房で2002年刊行)、『磯田光一著作集』(全10巻の内5巻分のみ)、『前川佐美雄全集』(1巻目のみ、砂子屋書房全3巻で、2008年完結)などがある。