富士川英郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士川 英郎(ふじかわ ひでお、1909年2月16日 - 2003年2月12日)は、日本のドイツ文学者比較文学者、東京大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

東京に生まれる。父は医学史家富士川游森鴎外は父の友人である。神奈川県立湘南中学校から、旧制広島高等学校を経て1932年東京帝国大学卒。戦前、戦中は雑誌『四季』、『批評』などに寄稿。36年第六高等学校講師となり岡山に住む。38年長男富士川義之が出生(のちにイギリス文学者となった、東大・駒澤大学などで教授を務め、三代にわたる学者一家でもあった)。43年佐賀高等学校教授。

戦後は1946年九州帝国大学講師、49年に新制発足した東大教養学部助教授、56年教授。ドイツ文学、比較文学を講じ、61年からは比較文学比較文化研究室主任教授、同僚は島田謹二氷上英廣。著名な弟子に平川祐弘芳賀徹小堀桂一郎など多数。69年定年退官、名誉教授、玉川大学教授、79年定年、5年間客員教授。89年に日本藝術院会員に選出された。終生鎌倉市に在住した。

ドイツ文学者としてはR・M・リルケが専門で、『リルケ全集』の編纂を行った。またホフマンスタールの最初期の翻訳者で、のちに弟子らと『ホフマンスタール選集』の編纂にも参加した。

近世漢詩の研究でも著名で、『江戸後期の詩人たち』で、1968年に読売文学賞(評論・伝記賞)高村光太郎賞を受賞。1986年、日本芸術院賞受賞[1]。1990年に『菅茶山』で大佛次郎賞を受賞した。汲古書院で刊行された『詩集日本漢詩』(全20巻)、 『詞華集日本漢詩』(全11巻)、『紀行日本漢詩』(全5巻)の編纂にも参与した。

著作[編集]

著書[編集]

  • 『ライナア・マリア・リルケ 詩人の生涯』南風書房 1948
  • 『リルケ』世界評論社 1950
  • 『リルケ 人と作品』東和社 1952
  • 『リルケと「軽業師」』弘文堂 1958
  • 『江戸後期の詩人たち』麦書房 1966/筑摩叢書 1973、復刊1985/平凡社東洋文庫、2012、解説揖斐高
  • 菅茶山頼山陽平凡社東洋文庫 1971、ワイド版2006 
  • 『西東詩話―日独文化交渉史の側面』玉川大学出版部 1974
  • 『鴟鵂庵閑話(しきゅうあんかんわ)』筑摩書房 1977-鴟鵂はミミズクの漢語
  • 『書物と詩の世界』玉川大学出版部 1978
  • 萩原朔太郎雑志』小沢書店 1979
  • 『失われたファウナ 消間詩話』小沢書店 1980
  • 『菅茶山 日本詩人選30』筑摩書房 1981
  • 『鷗外雑志』小沢書店 1983
  • 『儒者の随筆』小沢書店 1983
  • 『黒い風琴』小沢書店 1984
  • 『詩の双生児 朔太郎と犀星』小沢書店 1985
  • 『讀書好日』小沢書店 1987
  • 『讀書游心』小沢書店 1989
  • 『茶前酒後』小沢書店 1989
  • 『本とわたし』湯川書房 1989
  • 『菅茶山』福武書店(上下) 1990
  • 『富士川游』小沢書店 1990
  • 『讀書間適』小沢書店 1991
  • 『讀書散策』研文出版 2003。遺著
  • 『読書清遊 富士川英郎随筆選』講談社文芸文庫 2011-高橋英夫編・解説、富士川義之年譜・書誌 

翻訳[編集]

  • ホフマンスタアル『文藝論集』山本書店 1942
  • ホフマンスタアル『詩に就ての対話』角川書店(飛鳥新書) 1947。上記と同一の版
    • 改訳され「ホフマンスタール選集」に収録。河出書房新社(全4巻) 1972-73
  • 『リルケ書簡集』(既刊全4冊で未完結) 養徳社 1950-51。訳者の一員 
  • トウルン・ウント・タクシス侯爵夫人『リルケの思出』養徳社 1950
  • リルケ/アンドレ・ジイド『孤独と友情の書-往復書簡』原田義人共訳 みすず書房 1953
  • ハッティンベルク『リルケとの愛の思い出』吉村博次共訳 新潮社 1953
  • 『リルケ選集』全4巻 新潮社 1954。訳者の一員
  • 『葡萄の年-リルケ未発表詩集』新潮社〈一時間文庫〉 1954
  • リルケ『愛の手紙』矢内原伊作共訳 三笠書房 1955
  • ジョセフ・アンジェロス『リルケ』菅野昭正共訳 新潮社 1957
  • ルー・サロメ『リルケ』吉村博次共訳 彌生書房〈彌生選書〉 1959
  • 『リルケ全集』全14巻 彌生書房 1960-65。責任編集、訳者の一員
    • 『リルケ全集』全7巻 彌生書房 1973-74。改訂新版
  • 『リルケ詩集』新潮文庫 1963。旧版は、新潮社『世界詩人全集13 リルケ詩集』
     他に 平凡社『世界名詩集大成 ドイツ』、新版で『世界名詩集9 時祷集』、『10 鎮魂歌』に収録。
  • リルケ『芸術と人生』白水社 1966、新装版1997。語句の編訳書
  • 『世界名詩集8 ホーフマンスタール ほか』平凡社 1968
  • 『譯詩集 北方の竪琴』小沢書店 1988

記念論集[編集]

  • 『東洋の詩 西洋の詩』 富士川英郎還暦記念論集 朝日出版社 1970

伝記[編集]

  • 富士川義之 『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』(新書館、2014)、巻末に年譜書誌
2008年秋より『季刊 大航海』(新書館)で連載したが、4回目で休刊(2009年6月発行のNo.71)により中断。書き下ろし全16章で刊行。

目録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1986年2月26日(東京本社発行)朝刊、22頁。

参考文献[編集]

  • 『読書清遊 富士川英郎随筆選』 講談社文芸文庫 2011。附載年譜:富士川義之