吉村順三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしむら じゅんぞう
吉村 順三
生誕 1908年(明治41年)9月7日
日本の旗 日本 東京市本所区
死没 (1997-04-11) 1997年4月11日(88歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1956年)
日本芸術院賞(1975年)
毎日芸術賞(1989年)
所属 吉村順三設計事務所
建築物 軽井沢の山荘(吉村山荘)
皇居新宮殿基本設計
奈良国立博物館
八ケ岳高原音楽堂

吉村 順三(よしむら じゅんぞう、1908年9月7日 - 1997年4月11日)は日本の建築家皇居新宮殿の建設に関わった。

経歴[編集]

東京の呉服商の家に生まれる。東京府立三中卒業。東京美術学校(現 東京芸術大学)で建築を学び、実測と観察を通して日本の古建築に触れた。1931年に卒業[1]後、アントニン・レーモンドに師事。モダニズム建築を体得するとともに、レーモンドに日本建築を伝える。1941年、吉村順三設計事務所を開設。1962年、東京藝術大学教授に就任。1990年日本芸術院会員。

日本の伝統とモダニズムの融合を図った。

吉村の設計物件を特命で手掛けた建設会社としては、1933年から2014年まで営業しており、皇居新宮殿を担当した老舗・岩本組が知られている[2]

作品[編集]

青山タワービル・タワーホール
八ヶ岳高原音楽堂
名称 所在地 備考1 備考2 備考3
/明和紡績工場 1952年 22静岡県藤枝市
/佐倉厚生園サナトリウム 1953年 12千葉県佐倉市 医療施設
/東山魁夷邸  1953年 12千葉県市川市 専用住宅
/三里塚教会 1954年 12千葉県成田市 宗教施設
/共立蒲原病院 1954年 22静岡県蒲原市 医療施設
/国際文化会館 1955年 13東京都港区 前川國男坂倉準三と共同設計
/ニューヨーク日航事務所 1956年 ニューヨーク 現存せず オフィス
/モテル・オン・ザ・マウンテン 1956年 ニューヨーク 専用住宅
/南台の家 1957年 13東京都中野区 専用住宅
/葉山海の家 1957年 14神奈川県葉山町 専用住宅
/箱根ホテル小涌園 1959年 14神奈川県箱根町 宿泊施設
/河庄 1959年 40福岡市中央区
/京都国際ホテル 1961年 26京都市中京区 現存せず 宿泊施設
/東京都立竹早高等学校竹早山荘セミナーハウス 1961年 19山梨県北杜市
/ソニー研究所 1962年 14神奈川県横浜市 現存せず
/軽井沢の山荘(吉村山荘) 1962年 20長野県軽井沢町 専用住宅
/NCRビル 1962年 13東京都港区 オフィス
/東京クラブ 1964年 13東京都港区 現存せず
/池田山の家 1965年 13東京都品川区 現存せず 専用住宅
/浜田山の家 1965年 13東京都杉並区 専用住宅
/俵屋 1965年 26京都市左京区 宿泊施設
/久我山の家 1965年 13東京都杉並区 専用住宅
/日本アメリカーナ大阪ビル 1966年 27大阪府
/御蔵山の家 1966年 26京都府宇治市 専用住宅
/愛知県立芸術大学 1966年 23愛知県長久手市 大学施設
/湘南茅ヶ崎の家 1968年 14神奈川県茅ヶ崎市 専用住宅
/皇居新宮殿基本設計 1968年 13東京都千代田区 途中で宮内庁と意見が対立し辞任
/青山タワービル・タワーホール 1969年 13東京都港区 事務所、音楽ホール
/行川アイランド 1969年 12千葉県勝浦市
/ホテルフジタ京都 1970年 26京都市中京区 現存せず 宿泊施設
/山中湖の山荘 A (亀倉山荘) 1970年 19山梨県山中湖村 専用住宅
/軽井沢の山荘 B (脇田山荘) 1970年 20長野県軽井沢町 専用住宅
/井の頭の家 1970年 13東京都三鷹市 専用住宅
/ジャパンハウス 1971年 ニューヨーク
/田園調布の家・猪熊邸 1971年 13東京都大田区 専用住宅
/奈良国立博物館 新館 1972年 29奈良県奈良市 博物館
/高野パール 1972年 29奈良県奈良市
/ポカンティコヒルの家 1974年 アメリカ 専用住宅 ロックフェラー3世の家
/嬉野温泉 旅館 大正屋 1974年 41佐賀県嬉野市 宿泊施設
/八ヶ岳高原音楽堂 1988年 20長野県南牧村 音楽ホール

受賞歴[編集]

吉村順三に師事した人物[編集]

著書[編集]

  • 『現代日本建築家全集8 吉村順三』三一書房 1972年)
  • 『吉村順三作品集 1 1941-1978』新建築社、1978年)
  • 『吉村順三のディテール 住宅を矩計で考える』宮脇檀共著、彰国社、1979年)
  • 『新建築別冊 日本現代建築家シリーズ 7 吉村順三』(新建築社、1983年)
  • 『吉村順三建築図集』(同朋舎出版、1990年)
  • 『吉村順三住宅作法』中村好文共著、世界文化社、1991年)
  • 『吉村順三作品集 2 1978-1991』(新建築社、1991年)
  • 『吉村順三を囲んで』宮脇檀/六角鬼丈/藤森照信/中村好文、TOTO出版、1992年)
  • 『小さな森の家  軽井沢山荘物語』(建築資料研究社、1996年)
  • 『吉村順三設計図集』(新建築社、1998年)
  • 『建築家 吉村順三のことば100 建築は詩』(永橋爲成監修/吉村順三建築展実行委員会編、彰国社、2005年)
  • 『火と水と木の詩 私はなぜ建築家になったか』(講演録、新潮社、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 東京美術学校編『東京美術学校一覧 従昭和6年至昭和7年』東京美術学校、1931年、p.229
  2. ^ 藤森徹『あの会社はこうして潰れた』日本経済新聞出版社、2017年4月10日初版、21-26頁、 ISBN 9784532263379
  3. ^ 『朝日新聞』1975年4月8日(東京本社発行)朝刊、18頁。

関連文献[編集]

  • 栗田勇『現代日本建築家全集8 吉村順三』(三一書房、1972年)
  • 稲葉なおと『巨匠の宿』新潮社、2004年)
  • 『JA 59 吉村順三』(新建築社、2005年)
  • 稲葉なおと 『匠たちの名旅館 平田雅哉・吉村順三・村野藤吾』(集英社インターナショナル、2013年)
  • ギャラリーエークワッド編 『三里塚教会物語と吉村順三展:時代を越えて生き続ける小さな木造教会』〈木造モダニズム展第5回〉、2013年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]