山本孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 孝(やまもと たかし、1936年9月18日 - 2012年10月9日)は大鼓方大倉流能楽師。父である山本敬一郎(能楽師・大鼓方大倉流)及び亀井俊雄(能楽師・大鼓方葛野流宗家預かり・人間国宝)に師事。

1978年、重要無形文化財「能楽」保持者に認定され(総合認定)、日本能楽会会員になる。2007年、旭日双光章受章。

元能楽協会理事。日本能楽会理事。大阪能楽養成会大鼓主任講師。子に山本哲也

2012年10月9日、死去[1]。76歳没。

受賞歴[編集]

  • 1964年 『道成寺』にて大阪文化祭奨励賞
  • 1990年 『卒都婆小町』にて大阪府民劇場奨励賞
  • 1995年 『半蔀』にて大阪文化祭賞
  • 1997年 主催の山本同門会にて再び大阪文化祭賞
  • 2003年 法政大学観世寿夫賞を受賞。
  • 2011年 日本芸術院賞を受賞。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 訃報:山本孝さん76歳=能楽大鼓片大倉流 毎日新聞 2012年10月10日閲覧