野村守夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村守夫
生誕 1904年8月10日[1]
広島県広島市的場町[1]
死没 (1979-08-24) 1979年8月24日(75歳没)[2][1]
東京都杉並区下高井戸[1]
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 洋画
代表作 「教会のある街」[1]
「丘にある街」[2][1][3]
受賞 「丘にある街」日本芸術院賞(1973年)[2][1][3]
選出 二科会会友(1941年)[1]
二科会会員(1946年)[1]
活動期間 1924年[1] - 1979年[2][1]
この人物に影響を
与えた芸術家
藤島武二[2][1]
灰谷正夫[4]
靉光[4]

野村 守夫(のむら もりお、1904年明治37年)8月10日[2] - 1979年昭和54年)8月24日[1])は、日本洋画家[1][2]広島県広島市的場町出身[1]。作風は都会的に洗練された叙情味のある作品を描いた[1]

来歴[編集]

1904年(明治37年)8月10日[2]広島県広島市的場町に生まれる[1]。1922年(大正11年)、広島市で唯一の印刷所であった谷口印刷所へ就職[4]、図案・石版工に携わる[5]。同期に灰谷正夫靉光がおり、共に将来画家となることを誓いあった[4]。灰谷正夫、靉光が相次いで退社した後に野村も続き、靉光と共に上京した[4]

上京後、東京都小石川川端画学校藤島武二に洋画を学び、1924年(大正13年)第14回二科展出品作「花などの静物」以降、もっぱら二科展に出品を続けた[2][1]

1935年(昭和10年)渡欧、ヨーロッパの都市風景を多く描いた[2]。1936年(昭和11年)、故郷広島市の広島県産業奨励館[注釈 1]で開催された第一回芸州美術展に参加[6]。翌1937年(昭和12年)、靉光らと共に広島フォルム美術協会に参加するも、1938年(昭和13年)に中川為延と共に同会を脱退[6]。1939年には日中戦争当時のハルビンを描いた油絵「ハルビン太陽島」を残している[3][注釈 2]

1941年二科会会友[1]となる。戦後は二科会再建に際し会員に推薦された[1]。1973年(昭和48年)第57回二科展出品作「丘にある街」が日本芸術院賞恩賜賞受賞[2][1][注釈 3]。同年、ブラジル政府よりコメンダドール章受章[1]

1979年(昭和54年)8月24日、急性肺炎のため東京都杉並区のロイヤル病院にて死去、享年75[1]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 原爆ドーム[6]
  2. ^ この油絵は2006年4月20日、中華人民共和国遼寧省瀋陽市内の骨董品店にて発見された[3]
  3. ^ 日本芸術院[7]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「野村守夫」(2015年12月14日)、2016年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “野村守夫”. コトバンク. 2016年10月2日閲覧。
  3. ^ a b c d 故野村守夫氏の反戦画発見/中国・瀋陽、一般公開へ”. 四国新聞社 (2006年4月20日). 2016年10月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e 金田晋, p. 260.
  5. ^ 【灰谷正夫 作品展】”. 八千代の丘美術館 (2013年). 2016年10月2日閲覧。
  6. ^ a b c 金田晋, p. 262.
  7. ^ 作品詳細”. 日本芸術院. 2016年10月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]