雨宮治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雨宮 治郎(あめのみや じろう、1889年5月17日 - 1970年5月13日)は、彫刻家、日本芸術院会員。群馬県出身。

1920年東京美術学校彫刻科卒業、1923年同研究科卒業、帝展文展日展に出品し、1950年日展審査員、日展運営会参事、1951年東京学芸大学教授、1957年日本芸術院賞受賞、1958年日展評議員、1962年日本彫塑会委員長、1964年日本芸術院会員、日展理事、1966年勲三等瑞宝章受章、1969年日展顧問。

娘の雨宮敬子も彫刻家、芸術院会員。2013年現在日本体育大学世田谷キャンパス(深沢)1階エントランスホールには「健人(けんと)」の大ブロンズ像が飾られている。