森田茂 (洋画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森田 茂(もりた しげる、1907年明治40年)3月30日 - 2009年平成21年)3月2日)は、茨城県出身の洋画家である。

経歴[編集]

茨城県真壁郡下館町(現在の筑西市)に生まれ、東京都に住んでいた。文化勲章受章、日本芸術院会員、日展顧問、東光会会長、茨城県名誉県民、豊島区名誉区民、筑西市名誉市民。

原色を多用し、色を塗ったというより絵具を擦り付けたという様な、力強い筆致の重厚な画風が特徴である。初期の作品は、人形や人物の絵が多いが、1965年(昭和40年)の東南アジア巡遊後は風景画も多く描くようになる。1966年昭和41年)に偶然目にした山形県羽黒山地方の郷土芸能である黒川能に強く惹かれ、この黒川能を描き続けることをライフワークにしており、このシリーズの中の一作で1970年(昭和45年)の日本芸術院賞を受賞している。その他、舞妓を描いたシリーズなどもある。

年譜[編集]

代表作[編集]

  • 『黒川能』『金蔵獅子』等。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1970年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  2. ^ 森田茂さんが死去 洋画家、黒川能描く 47news 2009年3月3日

外部リンク[編集]