下館市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下館市
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
下館市関城町明野町協和町
筑西市
現在の自治体 筑西市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
団体コード 08206-6
面積 86.25km²
総人口 64,002
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 茨城県
結城市協和町明野町関城町
栃木県
小山市二宮町
市の木 サクラ
市の花 バラ
下館市役所
所在地 308-0825
茨城県下館市大字下中山732番地1
座標 北緯36度18分25.5秒
東経139度58分58.2秒
下館市の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

下館市(しもだてし)は、かつて茨城県北西部にあった下館都市圏の中核をなすである。2005年3月28日真壁郡関城町明野町協和町と合併して筑西市(ちくせいし)となった。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

「下館」の地名については諸説あるが、平安時代の940年(天慶3年)に下野押領使の藤原秀郷(俵藤太)が平将門の乱平定のため、上館・中館・下館の三館を築いたことが、その始まりといわれている[1]。この地は、平安時代から鎌倉時代までは伊佐氏(常陸伊佐氏)の領地であった。室町時代の1478年(文明10年)頃に、結城氏の家臣、水谷伊勢守勝氏によって下館城が築城される。江戸時代になると、徳川光圀の兄である松平頼重によって水戸城下にならって町割りが行われて、下館藩の城下町として真岡木綿や結城紬などの商業の町として発展し、「関東の大阪」と呼ばれるまでになっていった[1]

1889年(明治22年)の町制施工時に、下館町が成立。明治から大正にかけ、下館駅に水戸鉄道(現JR水戸線)、真岡軽便線(現真岡鐵道真岡線)、常総鉄道(現関東鉄道常総線)が相次いで開業し、交通の要衝となって行った[1]。いわゆる昭和の大合併では、1954年(昭和29年)に、五所村、中村、河間村、大田村、嘉田生崎村(かたおざきむら)の周辺5村を統合編入して下館市が誕生した。そして、平成の大合併では、2005年(平成17年)に下館市は関城町、明野町、協和町との合併により筑西市となり、1000年以上の歴史を持つ「下館」の地名は消滅することになった[1]

年表[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

地域[編集]

  • JR水戸線関東鉄道常総線真岡鐵道真岡線の三線が乗り入れるターミナル駅の下館駅の北部が中心市街地。住居表示で言えば、甲・乙・丙の三地区および周辺地区が含まれる。「甲乙丙」の三地区は明治期の旧・下館町にあたり、「旧市内」或いは単に「下館地区」と呼ばれる。かつて下館の商人たちは「下館商人」と呼ばれ、彼らの力により町の整備が進み「関東の大阪」と呼ばれる商都として隆盛を極めた。

下館地区の通称町名[編集]

  • 旧市内は「甲乙丙」の住所表記とは別に、通称としての町名が存在する。自治会や子供会は町単位で設置され、下館祇園祭では各町ごとに神輿を出し、地区運動会では町対抗競技が行われる。またどの町にも「児童館」があり、子供会の行事からカラオケ大会まで老若男女を問わない町の集会所となっている。行政上の正式な住所表記ではないのだが、「甲乙丙」は旧市内を便宜的に3地域に分けたもの(地番も甲乙丙通しで振られている)に過ぎないため、旧市内においては甲乙丙よりも町名が親しまれており、字名(甲・乙・丙)を通称町名と併記する場合は、町名を先に書く習慣がある。
(例「下館市本城町x番地」…「本城町」は「甲」の中にある町の1つであるが、「本城町x番地」と書くことは無い。郵便物は「本城町x番地」「本城町x番地」「x番地」のいずれでも届く。行政上の住所では「下館市甲x番地」と町名を省く。)
  • 合併で誕生した筑西市は住所を文字通りそのまま引き継いだため、行政上の住所は「筑西市甲x番地」と「下館」が全く入らないものになったが、「筑西市本城町甲x番地」と町名を使う習慣はそのまま引き継がれている。
下館地区の通称町名一覧(五十音順)
通称町名はあくまで「通称」であり、その境界は厳格に定められているわけではない。概ねその家や店がどの町の自治会に入っているかとか、伝統的な暗黙の境界線によるところが大きいので、町の境界線は住民自身も把握しきれないほど曖昧で複雑だが、基本的に変わることはなく、代々受け継がれる。また、町が甲乙丙の区分に跨ることはほとんど無いが、必ずしも合致しているわけではない。
(例:田中町の場合、JR下館駅は「田中町乙」、スピカビルは「田中町丙」。)
町名 よみがな 所属 備考
旭町 あさひちょう
東町 あずまちょう 乙・丙 またがっている町名
荒町 あらまち
泉町 いずみちょう
稲荷町 いなりちょう
大町 おおまち 一・二・三丁目がある
春日町 かすがちょう
金井町 かないちょう
栄町 さかえちょう
桜町 さくらまち
十軒町 じっけんまち
新花町 しんはなちょう
末広町 すえひろちょう
鷹場町 たかばちょう
田中町 たなかちょう 乙・丙 またがっている町名
田町 たまち
西町 にしまち 一・二・三丁目がある
根岸町 ねぎしちょう
富士見町 ふじみちょう
南町 みなみちょう
本城町 もとしろちょう
薬師町 やくしまち

下館都市圏[編集]

一般的な都市圏の定義については都市圏を参照。

「10%都市圏」(通勤圏)[編集]

都市圏の変遷[編集]

都市雇用圏(10%通勤圏)の変遷

自治体('80) 1980年 1990年 1995年 2000年 自治体('06)
下館市 下館都市圏
110843人
下館都市圏
117699人
下館都市圏
118078人
下館都市圏
98261人
筑西市
関城町
協和町
明野町 つくば都市圏

下館市の学校[編集]

高等学校[編集]

など

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

主な公共施設[編集]

出身著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小野寺敦 監修 『茨城「地理・地名・地図」の謎』 (2014, pp. 29-30)
  2. ^ 字の区域の設定(平成3年5月13日 茨城県告示第569号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第241号: p.1-2, (1991年5月13日) 
  3. ^ 町の区域の設定(平成12年4月17日 茨城県告示第511・512号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1152号: p.2-3, (2000年4月17日) 
  4. ^ 町の区域の設定(平成14年11月5日 茨城県告示第1418号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1413号: p.1-4, (2002年11月5日) 
  5. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  6. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

参考文献[編集]

  • 小野寺敦 監修 「地名と方言にまつわる不思議にせまる」『茨城「地理・地名・地図」の謎』 実業之日本社〈じっぴコンパクト新書〉、2014年、初版、pp.29-30。ISBN 978-4-408-45517-4

関連項目[編集]