片山晋呉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 片山 晋呉 Golf pictogram.svg
Shingo Katayama
Shingo Katayama.jpg
基本情報
名前 片山 晋呉
生年月日 (1973-01-31) 1973年1月31日(44歳)
身長 171 cm (5 ft 7 in)
体重 73 kg (161 lb)
出身地 茨城県下館市
(現・筑西市
経歴
メジャー選手権最高成績
マスターズ 04位: 2009
全米オープン 35位: 2002
全英オープン 34位: 2003
PGA選手権 04位タイ: 2001
成績
優勝回数 日本男子:28回
初優勝 サンコー・グランドサマートーナメント (1998)
賞金王 2000年・2004年-2006年・
2008年
賞金ランク最高位 日本男子:1位 (5度)
2014年12月8日現在
テンプレートを表示

片山 晋呉(かたやま しんご、1973年1月31日 - )は、茨城県下館市(現筑西市)出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。

経歴[編集]

アマチュア[編集]

子供のころ、ゴルフ場経営者の父の影響でゴルフを始め、5歳でラウンドデビュー。それ以後もゴルフの英才教育を受け、茨城県内屈指のゴルフの名門校である水城高等学校から日本大学に進学。日本オープン選手権・ベストアマチュア賞などを獲得する。在学中の1994年に、日本学生ゴルフ選手権競技で優勝する。

プロ[編集]

1995年にプロゴルファーテスト合格。グローイングツアー(現在のチャレンジトーナメント)では上位に君臨するも、レギュラーツアーでは予選落ちを繰り返すが、江連忠プロ(ティーチングプロ)の指導の下で頭角を現す。1998年に後援競技の「サンコー・グランドサマートーナメント」でレギュラーツアー初優勝を果たした。

2000年ダンロップフェニックストーナメントやメジャータイトルの「ゴルフ日本シリーズ・JTカップ」などで優勝を飾り、初の賞金王(賞金ランキング1位)に輝く。2003年日本プロゴルフ選手権大会で初優勝を達成。2004年に2度目の日本ツアー賞金王になった。2005年日本オープン選手権ABCチャンピオンシップで優勝し、2年連続3度目の賞金王が確定した。トレードマークはカウボーイハットであったが2009年夏からイメージチェンジを計っている。ツアー競技で優勝するたびに様々なパフォーマンスを繰り広げることでも知られる。

2001年全米プロゴルフ選手権で4位入賞。この時アメリカのゴルフファンにも「カウボーイ・シンゴ」という愛称で呼ばれた。

2007年、背中や右膝などを痛めていたため、全英オープンを欠場。

2007年ブリヂストン・オープン後のインタビューで16歳の石川遼に「だけどこの先このままプロの試合でやっていても、トップ10に入ることはあっても、たぶん勝つことはないと思う。次は、プロも必死でくるからね」とコメント。

2008年、昨年に引き続き背筋痛を理由として7月17日から開催の全英オープンを欠場。欠場表明後、国内ツアーで永久シード獲得となる通算25勝にあと1と迫っており、2連覇がかかる7月3日から開催の日本ゴルフツアー選手権に出場した。世界最古のメジャー大会を袖にした形となった片山の行動に対して、全英オープンを主催するR&A日本ゴルフツアー機構会長小泉直に対して、次年以降の日本ツアー出場枠の削減を示唆したという。小泉は8月25日の理事会の定例会見において「非常に恥ずかしい思いをした」と自身の心境を振り返った。小泉によれば特別顧問青木功も「われわれがつくった地盤を壊す選手がいて困る」と憤慨していたという。[1][2]

2008年8月5日、全英オープンに続いて、出場登録していた全米プロゴルフ選手権を背筋痛のため欠場することを発表した[3]

2008年の日本オープンゴルフ選手権競技ではドライバーをバッグから抜いたクラブセッティングで戦い、-1で完全優勝。通算25勝となり、永久シード権を獲得。

2009年のマスターズ・トーナメントでは10アンダーで回り、首位と2打差の4位に入る大健闘を見せた。マスターズでの日本選手としては伊沢利光2001年)と同じ順位であり、首位との差では中嶋常幸1991年)の4打差を抜いて最も接近する日本人最高成績となった。

2009年シーズンはマスターズ・トーナメントで4位に入ったものの、未勝利に終わる。

2010年シーズンのマスターズ・トーナメントで昨年の雪辱を果たそうとするが、結果は「75 77 計152(+8)」の78位タイで無念の予選落ち。

2013年シーズンのコカ・コーラ東海クラシックで-7で並んだ星野英正冨山聡とのプレーオフを制し、2008年の三井住友VISA太平洋マスターズ以来5年ぶりの優勝を果たした(通算27勝目)。

2016年にはユーラシアカップのアジア選抜に選出。

優勝歴[編集]

日本ツアー (28)[編集]

勝数
メジャー (7)
ツアー (21)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 1998年8月9日 サンコーグランドサマーチャンピオンシップ -14 (67-66-68-73=274) プレーオフ 日本の旗 細川和彦
2 1999年6月6日 JCBクラシック仙台 -16 (69-63-69-67=268) プレーオフ 日本の旗 桧垣繁正
3 2000年4月20日 キリンオープン -4 (70-70-70-70=280) 2打差 オーストラリアの旗 アンドリュー・ストルツオーストラリアの旗 ピーター・シニア中華民国の旗 林根基
4 2000年5月21日 マンシングウェアオープンKSBカップ -16 (68-65-66-73=272) 1打差 日本の旗 佐藤信人
5 2000年11月19日 ダンロップフェニックストーナメント -19 (65-66-66-68=265) 4打差 アメリカ合衆国の旗 ボブ・メイ
6 2000年12月3日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -16 (69-67-67-68=271) 1打差 日本の旗 宮瀬博文
7 2000年12月10日 ファンケルオープンin沖縄 -11 (66-69-69-73=277) 2打差 日本の旗 谷口徹
8 2001年3月11日 東建コーポレーションカップ -8 (69-63-73=205) 2打差 日本の旗 中嶋常幸
9 2001年4月22日 キリンオープン -16 (64-70-70-67=271) 6打差 日本の旗 飯合肇
10 2001年9月9日 サントリーオープンゴルフトーナメント -16 (66-68-68-60=268) 3打差 日本の旗 深堀圭一郎北アイルランドの旗 ダレン・クラーク
11 2002年9月15日 サントリーオープンゴルフトーナメント -15 (68-68-68-65=269) 4打差 日本の旗 井戸木鴻樹日本の旗 今野康晴
12 2002年12月8日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -19 (62-66-66-67=261) 9打差 ニュージーランドの旗 デビッド・スメイル
13 2003年5月18日 日本プロゴルフ選手権大会 -17 (71-66-66-68=271) 1打差 大韓民国の旗 S・K・ホ
14 2003年11月2日 ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント -16 (64-69-68-64=265) 9打差 日本の旗 宮本勝昌
15 2004年5月2日 中日クラウンズ -16 (65-64-63-72=264) 2打差 オーストラリアの旗 ポール・シーハン
16 2004年7月11日 ウッドワンオープン広島ゴルフトーナメント -22 (70-63-70-63=266) 5打差 日本の旗 小田龍一
17 2005年10月16日 日本オープンゴルフ選手権競技 -2 (71-73-70-68=282) 2打差 オーストラリアの旗 グレイグ・ハリー日本の旗 川岸良兼
18 2005年10月30日 ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント -14 (70-65-70-69=274) 2打差 フィジーの旗 ディネッシュ・チャンド 
19 2006年4月30日 中日クラウンズ -18 (63-67-62-70=262) 2打差 日本の旗 川原のぞみ 
20 2006年9月3日 フジサンケイクラシック -10 (66-71-68-69=274) 3打差 中華人民共和国の旗 梁津萬 
21 2006年10月29日 ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント -17 (71-70-68-62=271) プレーオフ 大韓民国の旗 梁容銀 
22 2007年7月1日 UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ -9 (69-68-67-67=271) 1打差 日本の旗 竹本直哉
23 2007年10月21日 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント -18 (68-67-67-68=270) 1打差 日本の旗 深堀圭一郎
24 2008年5月18日 日本プロゴルフ選手権大会 -23 (67-66-67-66=265) 6打差 中華人民共和国の旗 梁津萬 
25 2008年10月19日 日本オープンゴルフ選手権競技 -1 (68-72-72-71=283) 4打差 日本の旗 石川遼
26 2008年11月16日 三井住友VISA太平洋マスターズ -16 (67-68-68-69=272) プレーオフ 日本の旗 今野康晴
27 2013年10月6日 コカ・コーラ東海クラシック -7 (74-76-64-67=281) プレーオフ 日本の旗 星野英正日本の旗 冨山聡
28 2014年11月30日 カシオワールドオープンゴルフトーナメント -17 (70-64-72-65=271) 3打差 日本の旗 冨山聡

プレーオフ記録 (5-2)[編集]

※太字はメジャー大会

No. 大会 対戦相手 内容
1 1998年 サンコー・グランドサマートーナメント 日本の旗 細川和彦 プレーオフ3ホール目、片山がパー、細川がボキー。片山の優勝。
2 1999年 JCBクラシック仙台 日本の旗 桧垣繁正 プレーオフ3ホール目、桧垣がダブルボキー以上が確定、片山がパーパットを決め、片山の優勝。
3 2002年 日本プロゴルフ選手権大会 日本の旗 久保谷健一 プレーオフ2ホール目、片山がパー。久保谷がバーディパットを決め、久保谷の優勝。
4 2006年 ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 大韓民国の旗 梁容銀  プレーオフ2ホール目、梁容銀がパー以上が確定、片山がバーディパットを決め、片山の優勝。
5 2008年 三井住友VISA太平洋マスターズ 日本の旗 今野康晴 プレーオフ1ホール目、今野がパー。片山がバーディパットを決め、片山の優勝。
6 2012年 コカ・コーラ東海クラシック 大韓民国の旗 H・W・リュー プレーオフ1ホール目、片山がボギー。リューがパーパットを決め、リューの優勝。
7 2013年 コカ・コーラ東海クラシック 日本の旗 星野英正日本の旗 冨山聡 プレーオフ1ホール目、星野、冨山がボギー。片山がパーパットを決め、片山の優勝。

主な戦歴・記録[編集]

メジャー選手権成績[編集]

大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
マスターズ DNP DNP T40 CUT T37 DNP T33 T27 T44 CUT 4
全米オープン DNP DNP CUT T35 DNP DNP CUT CUT T36 CUT DNP
全英オープン 71 CUT CUT T50 T34 DNP DNP CUT DNP DNP DNP
PGA選手権 DNP CUT T4 CUT CUT T62 T23 DNP T50 DNP CUT
大会 2010 2011 2012 2013
マスターズ CUT DNP DNP DNP
全米オープン DNP DNP DNP DNP
全英オープン DNP DNP DNP T44
PGA選手権 DNP DNP DNP DNP

DNP = 出場せず
CUT = ハーフウェイ・カット
T =順位タイ
黄色はトップ10入り.

エピソード[編集]

  • 父、太平は陸上の棒高跳びの国体選手で、1964年の東京五輪では聖火ランナーを務めている。[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “片山 背中の痛みで全英オープン欠場”. スポーツニッポン. (2008年6月25日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/06/25/07.html 
  2. ^ “片山欠場余波…全英OP日本枠が削られる?”. スポーツニッポン. (2008年8月26日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/08/26/02.html 
  3. ^ スポニチ Sponichi Annex 片山が背中の痛みで全米プロ欠場
  4. ^ 一季出版株式会社 『ジャパンゴルフツアーオフィシャルガイド 2013』 一般社団法人 日本ゴルフツアー機構、2013年4月ISBN 978-4-87265-177-5 
  5. ^ “リオ五輪 ゴルフ・片山晋呉も入場行進”. 毎日新聞. (2016年8月6日). http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160806/k00/00e/050/313000c  2016年8月15日閲覧

外部リンク[編集]