マギー司郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マギー司郎
本名 野澤 司郎
生年月日 (1946-03-17) 1946年3月17日(70歳)
出身地 茨城県真壁郡下館町(現筑西市
方言 茨城弁
師匠 マギー信沢
芸風 マジック
事務所 オフィス樹木
活動時期 1966年 -
配偶者  なし(離婚歴あり)

マギー司郎(マギーしろう、1946年(昭和21年)3月17日 – )は、日本手品師タレント日本奇術協会相談役。本名、野澤 司郎(のざわ しろう)。

茨城県真壁郡下館町(現・筑西市)出身。オフィス樹木所属。

来歴[編集]

人物[編集]

2度結婚しており、現在は独身。

芸風[編集]

メガネに口ヒゲ・黄色い燕尾服の風貌で、飄々とした茨城弁による客いじりで煙に巻くスタイル。

ネタばらしから始まる変則派で「縦縞のハンカチを横縞にする」「麦茶ウーロン茶にする」などのインチキ手品を行いつつ、「うちの近所の八百屋のおかみさんに評判なんだけど、」「板橋鉾田町などの場合も多い)に○○って飲み屋があるの知ってる?そこに週5回通う、常連の○○って人知ってる?その人が大好きなマジック、今からやるから」などのトークで繋ぎ、最後は正統派マジックに戻って高座を締める。

「これはデパート行けば売ってますからね」「ハンカチが繋がるまでに、二日かかるのよ。ずーっと二日待ちますか?」「(ボールやカードの色を変える手品で)赤?…赤は先週で終わっちゃったのよ」などとギャグを挟み、笑いを取る。これという時には最初から正統派マジックを見せる場合もある。

また、先に挙げたインチキ手品を行うと思わせながら、「ここに金魚の入った水槽があります。この水槽に、手品用のピンク色のハンカチを被せます」と言いつつ、「すると…このピンク色のハンカチの向こうにうっすらと金魚が見えるでしょ?このうっすらと見えるのが…僕大好きなの…」とおとぼけの類を披露することも少なくない。

弟子のマギー審司を助手に伴っていた頃は『移動マジック』と称し、最初から客に箱の中身を見せぬまま、中身が移動したかどうかを審司だけに証言させるなどの掛け合いも見せていた。師弟でCM共演も果たしている。

エピソード[編集]

  • 座右の銘は「自分の弱点は武器になる。弱点をさらけ出せば人は強くなれる」「芸人は犯罪でなければ何をしたって構わない
  • 都下に複数のアパートを借り、その日の気分や都合に応じて泊まり分けている。各々固定電話がなく携帯電話も持っていないため、連絡を取るには出先に赴くか、アパートを順に訪ねるしかない。
  • 駆け出しの頃ネタがなかなか受けず、「僕も大変なのよ…」「僕マジックが上手く出来ないんですよねぇ」と呟いたら受けたため、手品と共に客いじりを工夫をするようになったという。
  • NHK課外授業ようこそ先輩』に出演した際、「“自分のだめなところ”を敢えて口に出しつつ、マジックを披露すること」を後輩に課題として与え、それを実践した子供達を大いに褒めた。同番組は日本賞・最優秀番組賞を受賞した。
  • 新聞紙を1万円札に変えるマジックを行った際、通貨偽造容疑で神奈川県警の事情聴取を受けた。これは『トリビアの泉』(フジテレビ)で映画『容疑者室井慎次』風の再現VTRまで作られ、弟子のマギー審司も出演した。
  • 全国銀行協会(JBA)の『マギー司郎が教える金融犯罪のタネと仕掛け』という小冊子に登場、オレオレ詐欺、銀行口座売買等の金融犯罪の手口、防止策の説明と、おまけの手品2種類を披露している。
  • ビートたけしより先輩で歳も上なのだが、毎回共演するとぞんざいな扱いを受けている。尤も、そのキャラクター故にそんな扱いをされても可哀想には映らないので、ネタとしてそうされている可能性もある。
  • ノブ&フッキーフッキーのモノマネレパートリーの1人でもある。

マギー一門[編集]

  • マギー信沢 - 司郎、瑠美の師匠
    • マギー司郎
      • マギー隆司 - 1983年に弟子入りした最初の弟子
      • 青木和彦 - 2番目の弟子だが、手品師ではなく俳優として活動中
      • マギー審司 - 3番目の弟子、マセキ芸能社所属
      • マギー勝司 - 4番目の弟子
      • マギー裕基 - 5番目の弟子
      • マギー隆史 - 6番目の弟子、現在はオフィス樹木のウェブサイトの『マギー一門系図』から外されている
      • マギー塁 - 7番目の弟子、兄弟子の隆司の弟子入りよりも後の1984年生まれ
      • マギー布野 - 8番目の弟子
      • マギー直樹 - 9番目の弟子、ホリプロコム所属
      • マギー憲司 - 10番目の弟子
      • マギー幸人 - 11番目の弟子
      • マギー夏樹 - 12番目の弟子
      • マギー利博 - 13番目の弟子
    • マギー瑠美 - 妹弟子

受賞歴[編集]

  • 1981年 放送演芸大賞ホープ賞
  • 1982年 放送演芸大賞ホープ賞
  • 1997年 奇術協会天洋賞
  • 2004年 日本賞 教育ジャーナルの部 最優秀番組 - 主演した「課外授業ようこそ先輩 『おしゃべりマジックで強くなろう』」が受賞

テレビ出演[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

など

テレビドラマ[編集]

映画出演[編集]

  • 愛を乞うひと(1998年・東宝・竹内俊夫役)
  • 呪戒 JUKAI(2005年)
  • 指輪をはめたい(2011年・ギャガ+キノフィルムズ・赤富士薬品社長役)
  • HEART BEAT〜ハートビート(2012年・ミュージックシネマズジャパン)

ラジオ出演[編集]

CM出演[編集]

書籍[編集]

  • 生きてるだけでだいたいOK-“落ちこぼれ“マジシャンが見つけた「幸せのヒント」(2007年、講談社ISBN 9784062141000

関連人物[編集]

  • ゼンジー北京 - 「タネも仕掛けもちょっとあるネ」でお馴染みの、ニセ協和語の客いじりと、ネタばらしインチキ手品の先駆者。
  • ゆーとぴあ・ホープ(城後光義) - 同じ『田端グループ』の長。現在の芸風を考案し授けた。
  • 我修院達也 - キャバレー巡業時代からの友人(当時:桜一平)で現在も親交がある。桜から歌を教わりテレビで優勝したこともある。
  • 6代目三遊亭円楽 - 真打昇進前から親交があり、「縦縞のハンカチが横縞のハンカチになる」ネタの真似を『笑点』の大喜利でも演じた。
  • マギー - 劇作家・俳優。芸名は司郎に由来するが、師弟関係はない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d MOOK『笑点五〇年史 1966-2016』155ページ

外部リンク[編集]