日本奇術協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益社団法人日本奇術協会(こうえきしゃだんほうじんにほんきじゅつきょうかい)は、日本で最大かつ唯一のプロマジシャンのための組織で、奇術の振興を図ることを目的とする法人である。英訳は、Japan Professional Magicians’ Association(JPMA)

沿革[編集]

主な事業[編集]

  • 公演の開催
  • 研修会、講演会の実施
  • 奇術に関する調査研究
  • 奇術に関する国際交流
  • 日本古来の伝統奇術の保存及び継承
  • 奇術界の発展に寄与した団体及び個人に対する顕彰
  • 機関誌「ワン・ツー・スリー」の発行
  • FISM国内選考会の主催

など。

歴代会長[編集]

  1. 松旭斎天洋
  2. 松旭斎天右(初代)
  3. 松旭斎天洋    
  4. アダチ龍光
  5. 松旭斎天晴
  6. アダチ龍光
  7. 松旭斎広子  
  8. 松旭斎すみえ
  9. 北見マキ
  10. 渚晴彦

奇術の日[編集]

マジシャンの掛け声をもじって「ワン、ツー、スリー」つまり「1、2、3」の付く12月3日を「奇術の日」に制定し、1990年から大々的なイベントを開催している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]