マギー審司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マギー審司
本名 三浦 審
生年月日 1973年11月11日(43歳)
出身地 宮城県気仙沼市
血液型 B型(RH-)
身長 174cm
方言 共通語
最終学歴 宮城県気仙沼高等学校
師匠 マギー司郎
芸風 マジック
事務所 マセキ芸能社
活動時期 1994年 -
配偶者  吉田有希
公式サイト マセキ芸能社によるプロフィール

マギー 審司(マギー しんじ、1973年11月11日 - )は、日本お笑いタレント手品師。本名、三浦 審(みうら しん)。

宮城県気仙沼市出身。マセキ芸能社所属。手品師のマギー司郎の3番弟子である。3人兄弟の次男。血液型B型(RH-)。

人物[編集]

気仙沼市立南気仙沼小学校気仙沼市立条南中学校宮城県気仙沼高等学校卒。 実家は気仙沼市で電器店を営む。

高校卒業後に単身渡し、寿司屋でアルバイトをしていた。英語が話せない為、客とは簡単なマジックでコミュニケーションをとっていた。その寿司修行中に客として来店したTIMというマジシャンから本格的なマジックを習い、1年間修行を積む。[1] [2]

帰国後の1994年、マギー司郎に弟子入りし、「マギー審司」の芸名を授かり日本での芸能活動を開始。当初は司郎のアシスタントとしてコンビネタで笑いを取るなどの芸を披露していた。

2004年頃より、ピンでのテレビ出演などが増え、2005年には第21回浅草演芸大賞新人賞を受賞。以降も、司郎譲りのお喋りマジックで活躍。

2005年、モデルの吉田有希(よしだ ゆき)との交際が発覚した際は、取材にも「付き合っています」と答え、実際、互いのブログにおいて、同じ日付に同じ場所で遊んでいる等の共通点も多くあり、特に交際を隠していなかったという。

一方で、2006年8月25日の結婚時は、一部スポーツ誌において、字が同じであるアイドルの吉田有希(よしだ ゆうき)と間違って報道された(『アッコにおまかせ!』より)。

2008年1月に第一子となる女児が誕生。2011年1月27日に第二子となる男児が誕生。

宮城県ゆかりの著名人が任命される「みやぎ夢大使[3]」に任命されている。2011年3月、92歳の祖母と叔母と親類の女性が東日本大震災に巻き込まれて死亡した[4]

ボウリングのベストスコアは279という[5]

柔道の有段者(二段)であり、最近は正月のテレビ番組で芸能人柔道対決のような場面でも活躍。2005年日本テレビ放送網で放送された『レッスルコロシアム ザ芸能界!最強格闘王者グランプリMAX』(アマチュアレスリングスタイルでの対戦)では決勝戦で草野仁に敗れたものの、準優勝に輝いている。

芸風[編集]

「手品師」という職業名に拘り、「マジシャン」と自称することは稀である。本人曰く「本当はお笑い芸人になりたかった」と言う通り、お笑い芸人の一人として分類されることが多い。『オンエアバトル』や『笑いの金メダル』にも出演した。

主に赤い背広を着用して人前に出るが、マギー司郎のアシスタント出演が多かった頃には背広でなく薄緑色のベストを着用してステージに出ていた。

喋り方や奇術スタイルは、どことなく師匠の司郎に似ており、芸風はマギー一門を正当に継承している(世間で「司郎の弟子」といえば真っ先に名前が挙がるほど)。師匠同様、「意図的に」下手なマジック・誰もがタネを予想できるマジック・小道具ありきのマジック・インチキ臭いマジックなどを行って笑いを取る。得意なネタは「大きくなる耳」で、その際に「でっかくなっちゃった」と言うのがお約束(バリエーションとしては「小さくなる耳」という演目もあり、最後に親指にはめた小さな耳を突き出し、大木こだまの「チッチキチー」を行う)。

ピンで出演した際の相棒は「フェレットレッサーパンダを足して2で割ったようなぬいぐるみ」の「ラッキー(くん)」とその妹の「アンラッキー(ちゃん)」。巧みな指使いで、あたかも本当に生きているかのように動かすことができる(たまに器用な芸能人にはあっさりマネをされ、それで笑いを取ることもある)。ちなみに2005年からは増田屋と契約しており、ラッキーの友達としてモーラーが新たに加わった。

マジックだけでなくものまねも行う(ゆーとぴあピース和田アキ子伊東四朗など。特にピースのものまねは明石家さんまも絶賛するほどの腕前)。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

通貨偽造フジテレビ警察に逮捕(もちろん番組上の演出)されている
サンドウィッチマン狩野英孝(狩野は同じ事務所の後輩であり、「尊敬する芸人」に審司の名前を挙げている)との共演番組。3組ともに宮城県出身であり「みやぎ夢大使」に任命されている。
「マギマギ先生」として「プリンセス☆アヤヤのハッピーマジックコーナー」に出演。
第82回放送では同事務所所属のこばやしけん太キスキスバンバン青春ダーツダムダムおじさん、ルシファー吉岡と一緒に「ドーナツ限定販売」という作品で挑戦。結果、19点で合格し技術賞を受賞した。なお、タレントとしては異例の一般参加であったため、この時は本名の「三浦審」名義で参加していた。(地区予選から本戦までの模様はブログでも取り上げられている。)
第86回放送では師匠の司郎と手品師仲間17人とともに「春の訪れ」という作品で参加、見事満点を取り3位入賞を果たした。なお、賞金は実家のある気仙沼が東日本大震災で被災していた事から、全額、桜の苗木を購入し被災地に寄付した。
ミニ番組

テレビコマーシャル[編集]

ウェブサイト[編集]

  • 中日新聞ほっとweb|マギー審司の中日審聞(2014年3月 - )

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

PV[編集]

ライブ[編集]

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』(テレビ朝日系、2006年9月2日
  2. ^ 「爆笑オンエアバトル2」(双葉社、2001年4月20日)
  3. ^ みやぎ夢大使(宮城県)
  4. ^ 親族3人目犠牲…マギー審司気丈に報告
  5. ^ ブラックマヨネーズの学生ボウリング甲子園
  6. ^ “マギー審司が土曜朝のTVショッピングに登場、初回は焼き魚を紹介”. お笑いナタリー. (2016年3月22日). http://natalie.mu/owarai/news/180627 2016年3月23日閲覧。 
  7. ^ 東海地区発4K情報番組 7月より放送開始 (PDF)”. 株式会社コミュニティネットワークセンター. 2016年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]