烏龍茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
烏龍茶
China tea.jpg
各種表記
繁体字 烏龍茶
簡体字 乌龙茶
拼音 Wūlóngchá
注音符号 ㄨ ㄌㄨㄥˊ ㄔㄚˊ
発音: ウーロンチャー
台湾語拼音 O͘-liông-tê オーリオンテー
英文 Oolong tea
テンプレートを表示
烏龍茶の茶葉
ウーロン茶(浸出液)[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 0 kJ (0 kcal)
0.1 g
食物繊維 0 g
(0) g
飽和脂肪酸 0 g
一価不飽和脂肪酸 0 g
多価不飽和脂肪酸 0 g
0 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
(0) μg
(0%)
0 μg
チアミン (B1)
(0%)
0 mg
リボフラビン (B2)
(3%)
0.03 mg
ナイアシン (B3)
(1%)
0.1 mg
(0%)
0 mg
ビタミンB6
(0%)
0 mg
葉酸 (B9)
(1%)
2 μg
ビタミンB12
(0%)
(0) μg
ビタミンC
(0%)
0 mg
ビタミンD
(0%)
(0) μg
ビタミンE
(0%)
0 mg
ビタミンK
(0%)
0 μg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
1 mg
カリウム
(0%)
13 mg
カルシウム
(0%)
2 mg
マグネシウム
(0%)
1 mg
リン
(0%)
1 mg
鉄分
(0%)
0 mg
亜鉛
(0%)
0 mg
他の成分
水分 99.8 g
カフェイン 20 mg
タンニン 30 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

烏龍茶(ウーロンちゃ)は、中国茶のうち青茶せいちゃあおちゃ)に分類され、茶葉発酵途中で加熱することで発酵を止めた、半発酵である。淹れた茶の水色(すいしょく)は黄褐色。

概要[編集]

中国茶は、1978年中国安徽省の安徽農業大学の陳椽教授によって緑茶白茶黄茶黒茶青茶紅茶の6種(六大茶類)に区分され、これにジャスミン茶など花茶を加えた7種が現在最も一般的な分類方法として知られている(区分について、詳しくは中国茶の項目を参照のこと)。

中国語でいう「青」は「黒っぽい藍色」を指す。青茶に対して、緑茶は茶葉を摘んだ直後に加熱するため発酵の過程がなく、紅茶黒茶は完全に発酵させて乾燥させたものである。

一説によれば烏龍茶という名前は中国広東省で製茶されたお茶の形状や色がのように黒く、のように曲がりくねっているため名付けられたという[2]

産地[編集]

広東省東部の潮州市潮安県で製茶されている「石古坪」や鳳凰山周辺で生産される「鳳凰単叢」が、現在の烏龍茶の祖であると推測されている[3]

実際の生産量では福建省がトップで、台湾がこれに続く。福建省北部にある武夷山市武夷岩茶が烏龍茶の代表的銘茶として知られているが、日本においては、福建省中部の安渓県で作られる「鉄観音」が、香港においては「水仙」の知名度が高い。台湾産では南投県鹿谷郷の凍頂烏龍茶、台湾中央山脈の梨山、阿里山、杉林渓など標高1000m以上の茶園で生産される高山茶、首都台北市郊外で生産される文山包種が質の高い烏龍茶の銘柄として有名。

現在の烏龍茶は広東省福建省台湾などの、いわゆる華南文化圏が主な産地であるが、近年は台湾の製茶技師などの指導によってベトナムタイの山岳地帯、また独自のタイプの青茶がインドダージリン地方などでも少量が商業的に生産されている。

日本でも一部で生産されているが、生産量はわずかである。

代表的な銘柄[編集]

凍頂烏龍茶[編集]

凍頂の茶葉

凍頂烏龍茶(とうちょうウーロンちゃ)は台湾・南投県鹿谷郷東部の山腹で栽培される烏龍茶の名称。現在では台湾の広範囲において栽培されており、台湾を代表する烏龍茶として認知されている。味は緑茶に近いが、殺青(茶葉の加熱処理)の方法が日本茶とは異なるため、独特の爽やかな香りがする。

東方美人茶[編集]

東方美人茶(とうほうびじんちゃ)は、台湾東北部の新竹県峨眉郷などで採れる。ウンカが葉を食うことで、独特の香りと味わいが生まれる。しばらくしてヨーロッパに輸出されたが、実際に人気が出始めるのは19世紀末から20世紀に入ってからで、英国で名付けられた「オリエンタル・ビューティ(Oriental beauty)」(現在、ビクトリア女王が名付けたという説が巷に広がっているが、年代的におかしい)の訳語として、東洋では響きの美しい「東方美人」が定着した。清代・日本統治時代の頃から台湾の重要な輸出産品であったが、近年では台湾国内でも消費量が増えている。

武夷岩茶[編集]

大紅袍の茶葉

福建省武夷山市武夷岩茶(ぶいがんちゃ)は烏龍茶の代表的銘茶として、また英国人によるインド紅茶の原型となったお茶としても名高く、その中でも大紅袍(だいこうほう)は、国が管理する茶樹で国賓待遇の客に提供される。白鶏冠水金亀鉄羅漢などが四大岩茶として知られている。

鉄観音[編集]

鉄観音(てっかんのん)は福建省南部の安渓県が産地。台湾や広東省でも作られている。生産量は烏龍茶全体の5%ほどの割合を占める。名の由来には諸説ある。日本でも有名な烏龍茶である。

水仙[編集]

水仙(すいせん)は福建省と広東省で生産される。香港では有名な烏龍茶で多くの中国料理のレストランで出されているが、烏龍茶という総称では分かってもらえず、「水仙」(広東語:ソユシン)と言って注文しないと烏龍茶が飲めない場合がある。

鳳凰單欉[編集]

鳳凰單欉(ほうおうたんそう)は、広東省潮州市の銘茶で、広東省の烏龍茶を代表する銘柄。鳳凰山周辺で生産され、現在の烏龍茶の祖といわれる。

飲み方[編集]

淹れる湯の温度は80度以上の高温が適し、二煎目以降を飲む。

最初に茶壷(急須)へ茶葉を入れ、熱湯を注ぐが、一度目に湯を入れる目的は、(1)茶器を温め、(2)茶葉を開かせ、(3)茶葉のほこりなどを洗い落とすためである。このため、一煎目は時間を置かず、さっと茶海か湯呑に湯を移し、暖めたら捨てる。一煎目は短時間しか茶葉に触れないため、決して美味ではなく、飲まない。

二煎目は茶葉の性質に応じて30秒から1分程度の時間をかけて成分を抽出してから、最後まで茶海か湯呑に移しきる。二煎目では聞香杯を使い、香りを楽しんでもよい。茶葉にもよるが四、五煎目まで美味しく楽しめる。煎じる回数が増えるごとに蒸らす時間を約10秒ずつ長くするとよい。

もっともこれらは正式な場で出す茶の淹れ方としての一例であり、家庭で飲まれるものは各人の好み、各家庭、地域によって方法が異なる。

効果[編集]

ウーロン茶重合ポリフェノール(Oolong Tea Polymerized Polyphenols;OTPP)という烏龍茶特有のポリフェノールが含まれており、これは脂肪の吸収を抑え、脂肪分解を促進する働きがあるため、ダイエットによいとされる[4]。近年ではその効果が注目され、健康食品としても飲用される。サントリー2006年特定保健用食品として黒烏龍茶を発売した。カフェインが含まれるため興奮作用や利尿作用がある。他にも消化を助けるほか、体を温める作用があり、冷え性対策にも有効とされる[5]

清涼飲料水[編集]

日本においては、1895年下関条約台湾から日本に割譲され、事業等で現地を訪れた人々に烏龍茶の存在が知られるようになった。大正時代には銀座に烏龍茶の喫茶販売店ができて輸入も行われ、通の人たちに利用されるようになった[6]

しかし、日本における本格的な普及は1970年代に痩身や美容に効果があると伝聞されたことに始まる。当時爆発的な人気があったアイドルデュオピンク・レディー[7]が、美容のために愛飲していることが1978~79年頃に話題となったことから脚光を浴びて[8]、年間輸入量が2トンから280トンに急増し、第1次ブームとなる。この時期の烏龍茶は湯で淹れた飲み方が主流であり、茶葉を用いる屋内使用であった。その後、粗悪品が出回りブームは下火になる。

1979年伊藤園が中国土産畜産進出口総公司と輸入代理店契約を締結。1981年2月に伊藤園が世界初の缶入りウーロン茶として商品化[9]。同年12月、サントリーが缶入り烏龍茶を発売し[10]、油分の多い料理に適し、飲み口もさっぱりして後を引かないというキャッチフレーズと併せて、冷やしても美味しく手軽に飲むことができるとする日本独自のスタイルが生まれて屋外市場の展開が始まる。1983年ポッカコーポレーションが缶入りの宇治の露製茶とほうじ茶を、1985年に伊藤園が缶入りの緑茶[11]を発売したこともあり、烏龍茶は清涼飲料水としての市民権を得た。

酒税法の改正に影響を与えたチューハイブームのピークである1985年には、焼酎を烏龍茶で割ったウーロン割りが現れ、1991年にはレゲエパンチが生まれ、需要が更に伸びる。この時期が烏龍茶の第2次ブームとなった。

缶入り烏龍茶のトップブランドのサントリーは、飲食料品の製造販売会社の永谷園と共同開発した夏季限定商品として冷やした烏龍茶を用いた茶漬けを2005年5月から8月にかけて発売し、永谷園は2002年から販売している冷やし茶漬けのイメージの定着を、サントリーは消費のさらなる拡大を図る。

2005年現在における烏龍茶を含む茶系飲料水の消費量は、社団法人 全国清涼飲料工業会(全清飲)のソフトドリンクの品目別生産量の推移[2]によると炭酸飲料コーヒー飲料が横ばいに推移し、果汁飲料が下降線を示している中で茶系飲料は徐々に上昇しており、全清飲の『平成十年清涼飲料総合調査』では好きな清涼飲料水の1位になっている。

本場中国では、烏龍茶は福建省、広東省という限られた地域で飲まれているものであり、かつ熱い茶を自分でいれて飲むことしか考えられなかったが、1990年代後半にサントリー上海でペットボトル入りの烏龍茶発売を検討した際、上海では加糖タイプの台湾系烏龍茶が販売活動を開始しておりサントリーもそれに倣って加糖、無糖2種のペットボトル入り烏龍茶を発売した。

その後台湾大手の統一食品もペットボトル入りに参入、現在は地元中国のメーカーも類似の清涼飲料水を発売している。当初中国での主流は砂糖を加えたものであり、無糖のものを探すのには骨が折れる状態であったが、2011年時点では無糖の烏龍茶も普及し、コンビニエンスストアースーパーマーケットなどで手軽に無糖の烏龍茶も買うことができる。

2007年2008年に殺虫剤が混入させられた中国製冷凍餃子が流通し、中国産食品の安全性に不安を感じる消費者が急増、烏龍茶の消費にも影響を及ぼした。中国以外の代替地が求められたが、烏龍茶を作る茶の木は日本の緑茶などの茶の木と根本的に同一植物であるため、2015年に入ると日本国内産茶葉を加工した烏龍茶を原料とした烏龍茶飲料が発売されるに至った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ 楊品瑜 (1999). 台湾茶の楽しみ方とおいしい料理. 三心堂出版社. ISBN 4883423131.  34p
  3. ^ 松下智、『茶の民族誌―製茶文化の源流』、1998年、雄山閣出版
  4. ^ 栄養情報/栄養事典/ウーロン茶ポリフェノール 日本医療栄養センター
  5. ^ 『太極拳 カラダも心も美しくなる!』54頁。
  6. ^ 兒島新平、「臺灣烏龍茶は斯くの如くの人が始めた」『三府及近郊名所名物案内』pp77-78、1918年、東京、日本名所案内社 [1]
  7. ^ 彼女らの出身地は日本茶の産地でも有名な静岡県であった。
  8. ^ サントリー烏龍茶 秘話(男の浪漫伝説 Vol.86) | ドリームメール
  9. ^ 伊藤園ウーロン茶 伊藤園
  10. ^ サントリー烏龍茶 サントリー
  11. ^ お~いお茶 緑茶 伊藤園

関連項目[編集]