どっちがどっち!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どっちがどっち!
放送時間 土曜18:00-18:30
放送期間 2002年10月5日-12月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK名古屋放送局
テンプレートを表示

どっちがどっち!』は、NHK教育の『ドラマ愛の詩』枠で2002年10月5日から12月28日まで全12回が放送されたテレビドラマ[1]

原作は山中恒児童文学作品『おれがあいつであいつがおれで[1]。原作のドラマ化ではなく、設定を借りたオリジナル作品である。

あらすじ[編集]

りりかと淳は愛知県瀬戸市に住む、南坂小学校の6年生。気が弱く涙もろいりりかと、わんぱくで正義感の強い淳は性格が正反対。北坂小学校とのリレー大会の日、それぞれが家出を目論むが、その時公園で居眠りしている手品師の鞄を盗み出した不良中学生達を注意した登校中の淳が絡まれ追われる羽目になり、そこに出くわしたりりかも巻き込まれ追われる羽目になる。逃げる途中、坂から転げ落ちた2人は、気が付くと体が入れ替わっていた。

キャスト[編集]

齋藤りりか - 飯田美心[1]
南坂小学校6年生。気が弱く涙もろい性格。北坂小学校とのリレー対決の日、手品師の鞄を盗んだ不良中学生達を注意して絡まれ追われた淳と一緒に逃げる途中で坂から転がり落ちた弾みで体が入れ替わってしまい、その後しばらくは淳の体のまま生きる事となった。
古谷淳 - 渋谷謙人[1]
南坂小学校6年生。幼い頃に両親が離婚して父に引き取られ、男手一つで育てられた。離婚して家を出て行った母に会いたがっているが父にはそれを許してもらえない(父に内緒で母と手紙のやり取りをしていたが、第10話にてそれが父にバレて激怒される)。わんぱくだが正義感は強い。北坂小学校とのリレー対決の日、公園で居眠りしている手品師の鞄を盗み出した不良中学生達を注意し絡まれ追われる羽目に遭い、そこに出くわしたりりかと一緒に逃げる途中で坂から転がり落ちた弾みで体が入れ替わってしまい、その後しばらくはりりかの体のまま生きる事となった。終盤では父が経営する運送店が倒産し、父と共に九州のほうへ引っ越す事となった。
古谷土彦 - 梨本謙次郎[1]
淳の父。運送店を営み、自らトラックのハンドルを握る。息子の淳が幼い頃に元妻の天澤茜と離婚し、男手一つで淳を育てて来た。淳が茜と会う事さえ許さないほどの頑固一徹な性格(第10話にて淳が茜と会おうとして手紙のやり取りしていた事が判明し激怒する)。終盤では自身の経営する運送店が倒産し、その運送店をたたんで淳と共に九州のほうへ引っ越す事となった。
手品師 - マギー司郎[1]
ある日公園で居眠りしている時に不良中学生達に鞄を盗まれ、それを淳が取り返した際に目を覚ます。その後お祭りで手品を披露し、その時にりりかと淳に出会う。
天澤茜 - 美保純[1]
淳の母。病院の健康相談員。息子の淳が幼い頃に元夫の土彦と離婚して家を出て行ったが、淳の事をいつも気にかけて手紙を出している。ある日りりかと体が入れ替わった淳と出会い、その淳からはさすらいの健康相談員と言う意味でサスケと呼ばれる。
齋藤すみか - 杉山美智子(現・野中美智子
りりかの妹で、北坂小学校4年生。
齋藤まゆ - 伊藤友乃[1]河崎有紀(中学1年時)
りりかの祖母で、花の実母。りりかと入れ替わった淳からはまゆバアと呼ばれる。根住大五郎とは同級生で幼なじみ。中学1年生の頃、偶然夏祭りに来ていた根住大五郎と体が入れ替わった。
根住大五郎 - 天野鎮雄[1]植聖(中学1年時)
淳が通う根住柔道場の師範。通称クマネズミ。りりかと体が入れ替わった際にカジラを倒した淳をスカウトする。齋藤まゆとは同級生で幼なじみ。中学1年生の頃、偶然夏祭りに来ていた齋藤まゆと体が入れ替わった。
齋藤花 - 戸川京子[1] ※戸川はこのドラマが遺作となった。
りりかの母。自宅で齋藤バレエ教室を営んでいる。第9話ではりりか(この時点では彼女と入れ替わった淳)が一体どんな事をしてるのか知りたくて根住柔道場へ柔道を習いに訪れる。
齋藤幸太郎 - 伊沢勉
りりかの父。サラリーマンの仕事をしている。
矢田響子 - 間瀬なつみ
南坂小学校の児童会長で、りりかと淳のクラスメイト。
梶剛 - 古川貴博[2] ※当時、『中学生日記』と並行で出演。
りりかと淳のクラスメイトでガキ大将。通称カジラ(ゴジラにちなんで)。淳と同じ柔道場に通っている。ガキ大将であって喧嘩も柔道も強いのになぜかりりかと淳に絡んだ不良中学生逹には勝てずあっさりやられてしまう。ある日りりかと体が入れ替わった淳に倒される。
久保田篤史 - 本庄駿太
南坂小学校の児童副会長で、りりかと淳のクラスメイト。勉強が出来て成績優秀であり、とても児童副会長とは思えない。
上野一也 - 堂領肇
りりかと淳のクラスメイト。
吉野アケミ - 伊原茉莉花
りりかと淳のクラスメイト。とても気が強い。
沖津博 - 海宝直人[2]
北坂小学校の児童会長。非常に穏和で優しい性格であり、とても北坂小学校の児童とは思えない。歯が無駄に光っている。
木戸ミツオ - 小栗一将[2]
北坂小学校6年生。通称キドラ(キングギドラにちなんで)。南坂小学校のカジラと同じくガキ大将であり、とても喧嘩や柔道が強い(柔道で左利きの選手に弱いと言う情報が流れたが、実は嘘だった)。とても小学生とは思えないぐらいの大柄。
早見マリ子 - 高橋祐月
北坂小学校の児童副会長。博の側近。とても児童副会長とは思えないぐらい気が強くしっかりしている。
元さん - 外山文孝
土彦が営む運送店の従業員。淳が母と会うために手紙のやり取りをしている事を唯一知っており、最初はその事を土彦には内緒にしていたが、第10話にて判明してしまい土彦が激怒する羽目となった。
香取先生 - 佃典彦
りりかと淳のクラスの担任。
林校長 - 藤尾年樹
南坂小学校の校長先生。
山田師範代 - 新実
淳が通う柔道場の師範代。

スタッフ[編集]

テーマソング[編集]

サブタイトル[編集]

  1. おれがあいつであいつがおれで[2]
  2. 柔道少女 りりか[2]
  3. バレエ少年 淳[2]
  4. 柔道対決 りりかVSカジラ[2]
  5. 絶体絶命!入れ替わりテスト[2]
  6. 決戦!りりかVSキドラ[2]
  7. 俺たちはパシリじゃない![2]
  8. 林間学校の怪談[2]
  9. 秘密の冒険旅行[2]
  10. その転校、待った![2]
  11. ラストチャンス[2]
  12. 奇跡のクリスマス[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n ドラマ愛の詩シリーズ「どっちがどっち!」” (日本語). 日本放送協会. 2015年10月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 各回あらすじ” (日本語). 日本放送協会. 2015年10月24日閲覧。
  3. ^ どっちがどっち! おれがあいつで・あいつがおれで” (日本語). テレビドラマデータベース. 2015年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]