たけしの誰でもピカソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけしの誰でもピカソ
ジャンル バラエティ番組
演出 菊池計理、今井康之、井村秀樹
小林俊博、手塚公一 ほか
出演者 北野武
篠原勝之
今田耕司
渡辺満里奈 ほか
ナレーター 井上和彦小山茉美
奥田民義島津冴子 ほか
オープニング 展覧会の絵
エンディング #歴代エンディングテーマを参照。
製作
プロデューサー 伊藤成人、牛原隆一
瀬崎一世 ほか
制作 テレビ東京
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から2003年4月まで
放送期間 1997年4月18日 - 2003年4月4日[1]
放送時間 金曜 21:00 - 21:54
放送分 54分
2003年4月から放送終了まで
放送期間 2003年4月11日 - 2009年3月20日[2]
放送時間 金曜 22:00 - 22:54
放送分 54分

たけしの誰でもピカソ』(たけしのだれでもピカソ)は、テレビ東京系列局ほかで放送されていた芸術をテーマにしたバラエティ番組で、ビートたけし冠番組である。通称「誰でもピカソ」、略称「誰ピカ」。テレビ東京電通イーストの共同製作。テレビ東京系列局では1997年4月18日から2009年3月20日まで放送。

概要[編集]

「芸術をフツーの目線で楽しむ」というコンセプトの下に行われていた番組で[3]、ありとあらゆるアートとそれらを手掛ける芸術家たちを紹介。また、サックス奏者・歌手バレエダンサー役者お笑い芸人なども紹介していた。年間の3割近くが音楽関係の特集で、2割近くがお笑い関連の特集で占められていた。

番組の最高視聴率は2001年8月24日放送分の19.3%で、この回の放送内容はMr.マリックのマジック披露だった。テレビ東京で15%以上の数字が出るのは珍しく、この年のテレビ東京の年間視聴率で1位となった。

2003年春の改編までは金曜21時台に放送されていたが、同時間帯で『最高!ブギウギナイト』がスタートするのを受けて金曜22時台へ移動。以来、2009年春に番組が終了するまでこの時間帯で放送され続けた。

視聴率は安定していたものの、不況による制作費削減などの影響で番組は終了[4]。「今後は3か月に1度の特番を放送する予定」としていたが、特番の放送はレギュラー放送の終了以来行われていない。たけしは後継番組の『たけしのニッポンのミカタ!』にも引き続き出演している。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

  • ビートたけし - 本名の北野武名義で出演。
  • 篠原勝之
  • 今田耕司 - 元は第1回のゲスト出演者で、ゲスト出演を経てレギュラーになった。
  • 渡辺満里奈 - 産休を取って一時降板していたが、後にレギュラーに復帰した。

準レギュラー[編集]

ナレーター[編集]

お笑い居酒屋[編集]

人気急上昇中の若手お笑い芸人が数組登場してネタを披露した後、居酒屋のセットでトークをする企画。2006年7月7日放送の第17回まで繰り返し行われていた。

この企画は、2003年7月18日放送分で行われた「たけしの漫才居酒屋」が元になっているが、この時は若手芸人が登場する企画ではなく、馴染みのお笑い芸人とのトーク企画色が強かった。それが2004年2月13日放送分からたけしと若手お笑い芸人を結び付かせる企画として「お笑い居酒屋」へとリニューアルし、ヒット企画になった。最初に若手芸人によるノーカットのお笑い舞台があり、舞台終了後にそのまま居酒屋で久本雅美扮する女将と今田扮する居酒屋の板前がその若手芸人を中心にトークを進め、常連客のたけしが批評するという流れに変わる。出演する若手芸人がたけしに直接観られることによって緊張しないようにするため、あえてステージと居酒屋セットを離して設置していた。この第2回以降が好評となり、定番企画となった。

また、第3回まで居酒屋の女将として出演していた久本は多忙のため、第4回は悪い魔法使いに茄子にされるという設定で欠席。以降、第5回は茄子のまま小人化、第6回は失恋の傷心旅行、第7回で傷心旅行のまま失踪という流れを経て久本は降板し、板前役の今田が司会進行を務めるようになった。その後、第8回から柴田理恵が隣の店のおばさんと称して出演。第9回で柴田はたけしの話に号泣している。この2004年1月7日放送の第9回を最後に「お笑い居酒屋・第1期」が終了。

2005年5月13日放送の第10回で「お笑い居酒屋・第2期」へと新装開店された。たけしが毎回変装して登場するのが恒例となるが、途中で企画変更となる。この第2期への路線変更から幾度も企画のマイナーチェンジを繰り返し、若手中心の企画から大きく変更された。

第1期の出演者[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

芸人大辞典[編集]

2008年[編集]

アートバトル[編集]

番組のコーナー「アートバトル」では審査員5人が各10点満点で採点し、その週で最高得点を獲得した人がチャンピオンとなった。5週連続でチャンピオンになるとグランドチャンピオンとなり、ニューヨークで個展を開くことができた。その後、7回勝ち抜き制に変更されて一時休止したものの、復活の要望が寄せられて2003年に再開。年に1回の開催になった。挑戦者と審査員の数が変更され、優勝者の賞品がニューヨークアートの旅になった。

審査員[編集]

篠原勝之(審査委員長)
審査員の中では最も辛口。10点満点を出したことはなく、「10点満点は俺自身」と公言していた。点数発表後、大きな色紙に点数を筆で大書して挑戦者に進呈していた。
今田耕司
審査員の中では最も甘口。8点以上を連発することが多く、7点以下を出すことはほとんどなかった。

他に3人が週替わりで審査員を務めた。

主なゲスト審査員[編集]

番組タイトル命名[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーター:井上和彦、小山茉美(初期) → 大海吾郎、奥田民義、島津冴子(中期)
  • 構成:渡邊健一、はたせいじゅん、都築浩、右近亨、わぐりたかし藤原琢也、酒井健作、興津豪乃、コバヤシマナブ、蓮勺朝子、中本麻里、ひめはじめ
  • 技術プロデューサー:森野憲俊
  • SW(スイッチャー):島本健司 → 藤本伸一
  • カメラ:花島和弘 → 河西純 → 藤本伸一(SWに上がる前)→ 小池悟志
  • VE(ビデオエンジニア):高橋正直
  • 音声:石井俊二
  • 照明:藤井梅雄
  • 音効:有馬克己(スカイウォーカー) → 田村智之
  • VTR編集:石丸健一 → 吉野雅久
  • MA:松元祐二、林光伸 → 村上敏之、高山元
  • 美術装飾:栗田寛 → 和田修吾
  • 小道具:中山大吉
  • メイク:石坂智子
  • 電飾:柴崎武人 → 小池浩史
  • リサーチ:ノマド
  • タイムキーパー:伊藤裕子
  • 番組宣伝:伊藤淳也 → 鈴木紀子(テレビ東京)
  • アシスタントプロデューサー:武藤大司(電通)、斉藤嘉久・正垣吉朗(イースト)
  • 演出ディレクター:菊池計理・手塚公一 → 今井康之・井村秀樹・小林俊博・山本雅泰・河合希絵・末永みはる・坂田政度(イースト)、阪本香子、堀だいすけ
  • プロデューサー:伊藤成人 → 牛原隆一(テレビ東京)/井口高志 → 町田修一 → 遠藤道子 → 森田昌泰 → 武藤大司(電通)、瀬崎一世(イースト)
  • 協力:ニユーテレスFLTル・オブジェ・アール・スタジオ砧スタジオまるビデオ(以前はRVC・六本木ビデオセンター)、ヌーベルポスプロセンター、クジラノイズ
  • 企画協力:オフィス北野
  • 製作:テレビ東京、電通(表記なし)、イースト

歴代エンディングテーマ[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 金曜 21:00 - 21:54 (1997年4月18日 - 2003年4月4日[1]
金曜 22:00 - 22:54 (2003年4月11日 - 2009年3月20日[2]
製作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立局
三重県 三重テレビ 水曜 22:30 - 23:25 ( - 2007年9月26日)
水曜 22:15 - 23:10 (2007年10月3日 - 2008年3月19日)
水曜 20:00 - 20:55 (2008年4月2日 - 2009年4月15日)
19日遅れ
滋賀県 びわ湖放送 金曜 21:00 - 21:54 (1997年4月18日 - 2003年4月4日[1]
木曜 21:00 - 21:55 (2003年4月頃[5] - )
木曜 21:00 - 21:54 ( - 2008年9月18日)
木曜 22:00 - 22:55 (2008年10月2日 - 2009年4月22日)
同時ネット(2003年3月まで)
34日遅れ
奈良県 奈良テレビ 水曜 21:00 - 21:55 ( - 2009年4月8日) 12日遅れ
和歌山県 テレビ和歌山 金曜 21:00 - 21:55 ( - 2009年3月27日) 7日遅れ
宮城県 ミヤギテレビ 日本テレビ系列 月曜 25:00 - 25:55 ( - 2009年4月27日) 17日遅れ
秋田県 秋田放送 土曜 17:00 - 17:55 ( - 2009年3月28日) 15日遅れ
広島県 広島テレビ 土曜深夜(1998年4月 - 1999年3月)
日曜 11:40 - 12:35 (2005年10月 - 2006年3月)
山口県 山口放送 月曜 16:00 - 16:53 ( - 2008年9月22日)
月曜 15:55 - 16:50 (2008年9月29日 - 2008年11月17日)
52日遅れ
徳島県 四国放送 不定期放送
愛媛県 南海放送 木曜 24:44 - 25:39 (2009年2月12日 - 2009年4月23日) 97日遅れ
青森県 青森テレビ TBS系列 不定期放送
岩手県 IBC岩手放送 1997年打ち切り[6]
山形県 テレビユー山形 金曜 24:35 - 25:30 ( - 2008年9月26日)
月曜 24:29 - 25:24 (2008年10月20日 - 2009年4月27日)
17日遅れ
福島県 テレビユー福島 日曜 14:00 - 15:00 ( - 2009年3月29日) 23日遅れ
新潟県 新潟放送 土曜 14:00 - 14:54 ( - 2008年12月20日)
土曜 16:00 - 16:54 (2008年12月27日)
火曜 24:59 - 25:53 (2009年1月6日 - 2009年3月24日)
36日遅れ
長野県 信越放送 日曜午前(1997年~2003年頃)
石川県 北陸放送 日曜 24:30 - 25:30 ( - 2008年3月23日)
日曜 24:00 - 25:00 (2008年3月30日)
木曜 09:55 - 10:50 (2008年5月1日 - 2009年4月16日)
23日遅れ
広島県 中国放送 土曜昼前(2003年秋頃)
高知県 テレビ高知 土曜午後(2001年秋、2007年秋頃)
長崎県 長崎放送 月曜 24:30 - 25:25 (1998年頃[7]
土曜 16:00 - 16:54 (2002年頃[8]
木曜 24:30 - 25:25
富山県 富山テレビ フジテレビ系列 不定期放送
長野県 長野放送 火曜 14:05 - 15:00 (2007年10月16日 - 2008年3月25日) 約2か月遅れ
熊本県 テレビ熊本 水曜 24:45 - 25:40 ( - 2009年4月15日) 19日遅れ
鹿児島県 鹿児島テレビ 木曜 24:40 - 25:40 (2008年10月2日 - 2009年4月23日) 27日遅れ
沖縄県 沖縄テレビ 木曜 25:45 - 26:15 (2001年頃[9]
月曜 24:40 - 25:35 (2002年頃[10]
一時期30分バージョンを放送[9]
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
金曜午後(2000年頃)
静岡県 静岡朝日テレビ テレビ朝日系列 月曜 25:15 - 26:10 (2008年10月6日 - 2009年4月27日) 31日遅れ
長野県 長野朝日放送 土曜午後(2003年4月~2004年9月)
広島県 広島ホームテレビ 水曜深夜(2001年頃)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2003年4月4日放送分は21:00 - 22:48の2時間スペシャルで放送。
  2. ^ a b 最終回は、同時ネット局では21:00 - 22:48の2時間スペシャルで放送。
  3. ^ ■たけしの誰でもピカソ 13年目突入寸前!大無礼講スペシャル<最終回>”. 岐阜放送. 2014年11月28日閲覧。
  4. ^ 「まず俺を切れ」たけしのリストラ拒否で『誰ピカ』打ち切りへ - 日刊サイゾー”. サイゾー (2009年2月1日). 2009年2月1日閲覧。
  5. ^ timetable”. びわ湖放送. 2003年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。
  6. ^ 打ち切り後、県人関係の内容を取り扱う回を中心に不定期放送。
  7. ^ table”. 長崎放送. 1998年1月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。
  8. ^ NBCテレビ番組表”. 長崎放送. 2002年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。
  9. ^ a b 沖縄テレビ タイムテーブル”. 沖縄テレビ. 2001年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。
  10. ^ OTV 週間番組表”. 沖縄テレビ. 2002年2月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 金曜21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
決戦!クイズの帝王
(1996年4月19日 - 1997年3月21日)
たけしの誰でもピカソ
(1997年4月18日 - 2003年4月4日)
最高!ブギウギナイト
(2003年4月18日 - 2003年9月12日)
テレビ東京系列 金曜22:00 - 22:54枠
芸術に恋して!
(2001年10月19日 - 2003年3月28日)
たけしの誰でもピカソ
(2003年4月11日 - 2009年3月20日)
たけしのニッポンのミカタ!
(2009年4月10日 - )