キャバレー (接待飲食店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キャバレーとは、日本において1960年代から1970年代に流行した、ホステスが客をもてなす飲食店。料金は時間制で"明朗会計"、ショーを行うステージや生バンド付きのダンスホールがあり、より大衆化した1970年代以降はおさわりなど、お色気サービスを伴う店も登場した。

歴史[編集]

キャバレー・ハリウッド 赤羽店

第二次世界大戦後、進駐軍向けのキャバレーが生まれた。福富太郎はボーイから身を起こし、キャバレー・ハリウッドをチェーン展開して財をなし、「キャバレー太郎」と呼ばれた[1]。他にハワイ・チェーン、グアム・チェーン、ロンドン・チェーンなどがあった。1971年ドルショック、続く1973年オイルショックにおいてはネオンサインの自粛や関連する諸般の事情から客足が遠退き次々とキャバレーは廃業へ追い込まれていった。その後1976年頃よりディスコの台頭によってキャバレーの存続自体が難しくなり、さらに追い討ちをかけるかの如く1980年代半ばからはキャバクラなどの新たな業態に押され、キャバレーは次第に劣勢になった[2]

2010年代に入ると、「地域で最後のキャバレー」という説明とともに大型店舗の閉店が報じられるようになった。2013年5月の新聞記事によると、同年2月に北海道札幌市の「札幌クラブハイツ」が閉店したため、その時点で存続していた大型のキャバレーは日本全国でも東京都大阪府だけになったという[3]。東京都中央区銀座の「白いばら」閉店を伝える2018年2月の雑誌記事によれば、同店は銀座で最後のキャバレーであった[4]。「キャバレー・ハリウッド」の北千住店・赤羽店の閉店を報じた2018年12月の新聞記事によると、この2店舗が東京都内で営業を続けていた最後のキャバレーであった[5]

法律上の位置づけ[編集]

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」により、接待飲食等営業、1号営業に分類され、「キヤバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業」に当たる。

ナイトクラブは「設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業」であり、席に付いて接待をするかどうかで一応区別されている)

その他[編集]

なお、「ピンクキャバレー」、「しびれるキャバレー」などと称して性行為のサービスを行う店があるが、本項のキャバレーとは異なり、実際の内容はピンクサロン同様の性風俗店である。

本来のキャバレー(cabaret)はフランスで発達したダンスホールや舞台のある酒場。歌、踊り、コメディショーなど、パフォーマンスを楽しめる飲食店である。

脚注[編集]

  1. ^ グランドキャバレー2002グランドキャバレー史を参照。
  2. ^ 参考文献として福富太郎著『昭和キャバレー秘史』(文藝春秋)ISBN 9784167656959
  3. ^ 宇都宮想(2013年5月6日)、"消えるキャバレー、消える「昭和」、消える“情”…客を見詰め続けたホステスたちは文化を守った"(ページ1234)、産経ニュース、2019年1月19日閲覧。
  4. ^ なかだえり「"健全夢世界"の終焉 さようなら! 銀座キャバレー「白いばら」」『東京人』第33巻2号(通巻392号)、都市出版、2018年2月、 126-132頁。
  5. ^ ““都内最後”キャバレーの灯が消える 「ハリウッド」北千住、赤羽店が30日閉店”. ZAKZAK. 夕刊フジ. (2018年12月28日). http://www-origin.zakzak.co.jp/soc/news/181228/soc1812280020-n1.html 2019年1月13日閲覧。 

関連項目[編集]