田宮謙次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田宮 謙次郎
Kenjiro Tamiya 1959 Scan10015 160913.jpg
1959年1月
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県下館市(現:筑西市
生年月日 (1928-02-11) 1928年2月11日
没年月日 (2010-05-05) 2010年5月5日(82歳没)
身長
体重
175 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手投手
プロ入り 1949年
初出場 1949年
最終出場 1963年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2002年
選出方法 競技者表彰

田宮 謙次郎(たみや けんじろう、1928年2月11日 - 2010年5月5日)は、茨城県下館市(現・筑西市)出身の元プロ野球選手外野手投手)・コーチ監督解説者政治家

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

旧制下館商業卒業後は日本大学に進学し、東都大学リーグでは投打兼任で活躍。1947年秋季には打率.427で首位打者を輝く。柔道にも精を出し、二段の腕前だった。1948年のシーズン終了後に大阪タイガースが大学中退・プロ入りを勧めて交渉を行い、最終的に3年契約を結んだが、阪神との交渉を終えて実家に戻ると翌日には読売ジャイアンツの関係者が入団交渉に来るとの電報が届けられていた。田宮は茨城出身ということもあり巨人ファンで、三原脩監督自ら交渉に訪れた巨人側も「まだ仮契約の段階。撤回できる」と熱心に誘ったが、田宮は「最初に声をかけてくれたから」とそのまま大阪に入団した。

阪神時代[編集]

入団当初は投手として活躍。1年目の1949年から11勝を挙げ、将来のエースとして期待された。1950年3月16日の対国鉄スワローズ戦では9回二死まで1人の走者も出さなかったが、27人目の打者の中村栄の打球が藤村富美男の判断ミスにより内野安打となり、日本初の完全試合どころかノーヒットノーランも逃す結果となってしまった。その後は肩の故障に悩まされたため1952年途中から外野手に転向し、投手としてはこの「完全試合未遂」が最後の勝利となった[1]1954年にレギュラーの座を獲得し、初めて規定打席に到達して打率3割、30盗塁(2盗塁死)を残した。当初は主に5番を務めていたが、藤村富美男に衰えが見えだすと4番も務めた。1955年は成績が落ちるもリーグ5位の打率.288を記録し、1956年にはリーグ3位の打率3割、1957年にはリーグ2位の打率.308と37盗塁を記録。1958年には打率.320で首位打者を獲得して大型新人長嶋茂雄の三冠王を阻み、リーグ4位の62打点を残した。1958年オフ、田宮は同年に取得したA級10年選手制度の権利である「ボーナス受給の権利」「移籍自由の権利」の二者択一からボーナス受給の権利を行使するつもりでいたが、本来はどちらの権利を行使するにしても、3年後の再取得の際にはB級となってボーナス受給の権利のみになるはずだった。しかし当時はこの部分が明文化されておらず、コミッショナー機関が示した「A級権利でボーナスを得て残留すればその選手はA級のままであり、移籍自由の権利は残る」という見解が正式とされてしまった。このため、近い将来移籍する可能性がある選手にボーナスは出せないと考えた阪神球団側はボーナスの金銭交渉に消極的になり、最終的に田宮に契約の意思がないことを通知。やむなく田宮は移籍自由の権利を行使して大毎オリオンズに移籍した[2]

大毎時代[編集]

阪神時代に続いて主に3番や5番を任された。1960年には前半戦は2番、後半戦は1番を打ち、リーグ2位となる打率.317の成績を残した。首位打者を獲得した榎本喜八、本塁打・打点の2冠を獲得した山内一弘(打率は3位)との3人でリーグの打率上位3傑を独占。「ミサイル打線」の一翼を担い、同年のリーグ優勝に大きく貢献した。1961年は自己最高となる.328の打率を残してリーグ3位となる。1962年も3割に到達したが、1963年には本堂保次監督から冷遇されてスタメン出場が減少。規定打席に到達できず、この年限りで現役を引退。

引退後[編集]

引退後は1964年から1967年までTBS解説者を経て、1968年から1969年まで中日ドラゴンズ一軍打撃コーチ、1970年からは東映フライヤーズヘッドコーチに就任。松木謙治郎の後を受け1970年から監督に就任するも全てBクラスに終わり日拓ホームとなった1973年に前期限りで解任された。その後は1974年から1987年までTBS解説者の活動を再開したほか、自費で米国へ渡ってコーチ留学をした。1984年からは阪神のOB会会長を18年間務め、歯に衣着せぬ物言いで名物会長として親しまれた。一方で1999年に監督に就任した野村克也とは激しく対立し、野村がOB会総会を欠席する事態にまで発展した。1988年には村山実の要請で古巣・阪神のヘッドコーチに就任するが、5月6日に試合前休養となり、フロント入りした[3]1994年から1995年までは台湾プロ野球味全ドラゴンズ監督を2年間務めた後、2000年には郷里・下館市議会議員に当選(1期で引退)。2002年1月には市民栄誉賞を受賞し、野球殿堂入りも果たした。自身の名を冠した野球大会の主催や中学硬式クラブチームの顧問など、長らく地元のアマチュア野球普及に力を尽くし、同郷の後輩の井川慶の後見人にもなっていた。

2010年5月5日午前10時42分、脳内出血のため茨城県筑西市の病院で逝去[4]。82歳没。

エピソード[編集]

  • 俳優田宮二郎の芸名の由来となった人物である。田宮二郎はデビュー当初、本名の柴田吾郎名義で活動していたがなかなか芽が出なかったため、大映社長で大毎オリオンズオーナーだった永田雅一が田宮にあやかって強制的に命名した。その後、田宮は東映監督就任直後に田宮二郎と週刊ベースボール誌上で対談を行っている[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1949 大阪 40 71 66 7 12 2 0 1 17 6 0 0 0 -- 3 -- 2 21 -- .182 .239 .258 .497
1950 19 21 20 1 4 1 0 0 5 2 0 0 0 -- 1 -- 0 2 1 .200 .238 .250 .488
1951 6 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1952 94 213 190 20 47 8 2 7 80 34 6 0 4 -- 14 -- 5 17 0 .247 .316 .421 .737
1953 80 217 189 24 44 6 0 3 59 17 14 3 2 -- 17 -- 9 24 1 .233 .326 .312 .638
1954 125 437 393 63 118 26 6 7 177 60 30 2 4 5 26 -- 9 50 1 .300 .357 .450 .808
1955 117 458 427 41 123 25 2 4 164 43 21 14 0 0 20 1 11 48 5 .288 .336 .384 .720
1956 126 500 454 58 136 33 12 11 226 42 25 14 0 0 40 6 6 70 7 .300 .364 .498 .862
1957 110 442 390 62 120 23 8 12 195 56 37 5 0 4 40 6 8 40 2 .308 .384 .500 .884
1958 120 459 387 57 124 33 9 11 208 62 12 4 2 4 60 20 6 28 6 .320 .419 .537 .957
1959 大毎 124 511 454 72 130 32 1 9 191 54 21 7 1 4 40 5 12 41 17 .286 .360 .421 .780
1960 133 558 479 61 152 28 9 12 234 62 13 6 5 3 59 9 12 41 13 .317 .405 .489 .894
1961 130 560 509 83 167 35 1 11 237 71 6 3 0 4 39 3 8 32 11 .328 .385 .466 .851
1962 132 520 477 58 147 17 2 11 201 49 1 2 0 1 34 2 8 29 20 .308 .364 .421 .786
1963 132 403 370 35 103 15 3 7 145 39 4 1 0 2 23 1 8 23 10 .278 .334 .392 .726
通算:15年 1488 5372 4807 642 1427 284 55 106 2139 597 190 61 18 27 416 53 104 467 94 .297 .365 .445 .810
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1949 阪神 34 20 8 0 1 11 7 -- -- .611 702 159.2 169 14 57 -- 7 61 1 2 103 81 4.56 1.42
1950 6 5 1 1 1 1 2 -- -- .333 96 23.0 25 4 8 -- 1 13 0 0 18 16 6.26 1.43
1951 5 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 54 10.1 20 0 3 -- 0 0 0 1 9 7 5.73 2.23
1952 5 2 1 0 0 0 2 -- -- .000 60 13.0 16 1 6 -- 1 2 0 0 8 7 4.85 1.69
通算:4年 50 28 10 1 2 12 12 -- -- .500 912 206.0 230 19 74 -- 9 76 1 3 138 111 4.85 1.48

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • オールスターゲーム選出:7回(1955年~1958年、1960年~1962年)
  • 通算1000試合出場:1960年5月29日(53人目)

背番号[編集]

  • 28 (1949年)
  • 6 (1950年 - 1951年)
  • 22 (1952年 - 1958年、1960年途中 - 1963年)
  • 9 (1959年 - 1960年途中)
  • 67 (1968年 - 1969年)
  • 40 (1970年)
  • 41 (1971年)
  • 50 (1972年 - 1973年)
  • 70 (1988年)

脚注[編集]

  1. ^ 【3月16日】1950年(昭25) あと1人…田宮謙次郎 幻の完全試合第1号 スポーツニッポン 2010年3月1日
  2. ^ 田宮の一件を受けて翌年「A級選手がボーナス、移籍いずれの権利を行使した場合でも3年後にはB級選手となる」と明文化されたが、B級選手にも交渉の順番はウェーバー方式、交渉拒否は2度までの制限付きながら移籍の権利が与えられた。国鉄の金田正一は1959年にA級選手の権利によりボーナスを受給し、1964年にB級選手の移籍権利により巨人に移籍している。
  3. ^ 岡崎球団社長 辞任で田宮ヘッドフロントへ転出 産経新聞、2013年11月30日
  4. ^ 元東映監督の田宮謙次郎氏死去 産経新聞 2010年5月5日
  5. ^ 週刊ベースボール1971年2月15日号「ファン対談 監督俳優二人のTAMIYAのフィーリング」
  6. ^ 筑西市市民栄誉賞受賞者”. 行政. 筑西市. 2017年12月4日閲覧。

関連項目[編集]