長池徳士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長池 徳士 (長池 徳二)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1944-02-21) 1944年2月21日(73歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1965年 ドラフト1位
初出場 1966年4月9日
最終出場 1979年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

長池 徳士(ながいけ あつし、1944年2月21日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手外野手)、野球解説者。旧名及び本名は長池 徳二(ながいけ とくじ)で、1979年に現在の「徳士」に改名。「ミスターブレーブス」と呼ばれる[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

徳島県立撫養高等学校ではエースとして1960年秋季四国大会決勝に進出、高橋善正のいた高知商を降し、翌1961年春の選抜出場を決める。しかし選抜では2回戦(初戦)で松江商に敗退[2]。夏は県予選準々決勝で城南高に敗れ、甲子園には届かなかった。3年生時に南海ホークスのテストを受けたが、鶴岡一人監督に「使い物になるには4年はかかるな。遊びに行ったつもりで大学行ってこい。」の言葉により、鶴岡の母校法政大学経営学部へ進学した[3]

法大では外野手に転向する。東京六大学リーグでは在学中3度の優勝を経験した。1964年秋季リーグで首位打者を獲得。同年10月には、東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された日米大学野球選抜試合に六番打者、右翼手として出場している。4年生の1965年春季リーグではエース里見忠志(河合楽器)を擁し優勝に貢献。直後の全日本大学野球選手権大会に出場するが、1回戦で中京大に敗退している。リーグ通算60試合出場、217打数62安打、打率.286、3本塁打、30打点。ベストナイン3回。法大時代は通算3本塁打の成績が示すとおり長距離砲というわけではなかった。同期には外野手の鎌田豊がいる。

大学を卒業したら南海入団の約束になっていたが、その年からプロ野球はドラフト制度を導入。阪急ブレーブス1965年のドラフトで1位指名を行う(南海は2位指名の予定だった)。ドラフト制度の目的には高騰する一方だった契約金の抑制もあり、南海と3000万円が約束されていたにもかかわらず、1000万円に抑えられた。希望球団に入れず、契約金も抑えられたことで「ホンマ、えらいもん(ドラフト制度)ができよったすよ」と長池は苦笑混じりに振り返っている[3]

現役時代[編集]

入団後は体が硬く、プロでは無理との烙印を押されたが、柔軟体操によって克服。当初はプロのスピードについていけず、特に内角が全く打てなかった。しかし、「スペンサーと並ぶ日本人のスラッガーを作りたい」という西本幸雄監督の要請により青田昇コーチが指導し、徹底した内角打ちの練習が行われた。最初は引っ張れないどころか当たりもせず、ムキになって詰まってばかりで右の掌が腫れあがったという[3][4]。そんな時、青田コーチが「ボールの内にグリップを入れて、内側から打て」とアドバイスし、それを会得するために練習を繰り返しているうちに左肩にアゴを乗せ、腕を大きく後ろに引いて大きくスタンスをとる独特のフォームが生み出された。このフォームは長池の代名詞となった。これは外角のスライダーを打ちにいく際、正面を向いている内にそうなったという。打席では基本的に本塁打にできる打球だけを狙い、外角の球は本塁打にできなかったため、内角を意識するようになった。

青田の指導と長池の努力が実った2年目、1967年6月には東映の尾崎行雄・南海の杉浦忠から2試合に跨って4打席連続本塁打を放つなど活躍。同年のオールスターゲーム第2戦では小川健太郎から3点本塁打を放ち、MVPを獲得した。最終的にシーズンを通して129試合に出場して27本塁打・78打点を記録。打線を引っ張り、阪急の初優勝に貢献した。優勝決定試合では胴上げされ、歓喜のビールかけでは満面の笑みで青田コーチにビールをかけた。苦手だった内角打ちも「絶品」と言われるほど得意となり、今も長池は長距離打者としての自身のことを「青田さんの作品」と称している。ただし、青田は「僕が用事があると言っても長池は帰してくれなかった。1人だけ見ているわけにはいかないからアドバイスしたら離れるんだけど、すぐ『見てくれ』と引き戻されたり。僕が作ったというより、長池自身が努力したんよ」と語っている[3]

1969年打率.316・41本塁打・101打点の成績で本塁打王と打点王の2冠に輝き、野村克也の9年連続本塁打王を阻止。前年退団したスペンサーに代わり4番打者として阪急の優勝に貢献してMVPを受賞する。1970年アキレス腱を痛めた影響で28本塁打に終わるが、1971年には打率.317・40本塁打・114打点で2度目のMVPを授賞。またこの年、当時日本新記録となる32試合連続安打を残した。新記録がかかった32試合目もプレッシャーなどまるで感じさせず、3打席連続本塁打と言う豪快な形での達成だった[5]。これは1979年広島高橋慶彦に塗り替えられたが、パ・リーグ記録として現在も残っている。

1970年1971年と2年連続でライバル視していた大杉勝男に本塁打王を許し、特に71年は長池が40本塁打を記録しながら大杉が41本塁打で本塁打王を獲得したため、「大杉に勝つにはまず40本打たねば。」と大いに意識していたという。1972年も長池が以前から患っていたアキレス腱と肘の故障で1ヵ月程休んでいる間に、大杉は5月に月間15本塁打を放つなど、オールスター戦までに15本差をつけられる。しかし後半戦から猛スパートをかけ、9月には自身も当時プロ野球記録の月間15本塁打を達成。大杉が40本塁打、長池が39本塁打で迎えた最終試合のロッテ戦にて、長池は2本塁打を放ってひっくり返し、逆転本塁打王となった。最終戦での逆転本塁打王は史上初で、阪急ベンチはお祭り騒ぎとなり、最大差の逆転劇として語り草になっている[6]。長池が41本塁打、大杉が40本塁打となって前年とは立場が逆になったが、長池は「大杉の無念さは、俺には痛いほど分かる」と喜びを表に出すことはなかったという[7]

1973年も43本塁打・109打点で二冠を獲得。同年は開幕から好調で、打率もオールスター前には.380前後あり、一時は三冠王も狙える成績だった。しかしシーズン終盤に打率が.313まで落ちてリーグ4位に甘んじ、三冠王を逃した。なお、この時の首位打者はチームメートの加藤秀司だった。1974年は打率.290・27本塁打・96打点の成績で打点王を獲得。打率3割以上4度、本塁打40本以上・打点100以上を各4回記録し、第1次阪急黄金時代の4番打者として活躍した。

上田利治監督時代は指名打者に転向し、1975年にはこの年創設されたDHでのベストナインに選出された。チームも初の日本シリーズ優勝を果たした。翌年、阪急は6度目の挑戦で悲願の打倒巨人を果たしたが、この時は長池は目立った活躍はできず、「あの時はもう僕は終わっていたから面白くない」と振り返っている[4]。初のDHベストナインを受賞しているが、DHについては「気持ちとして半分しか野球をやっていない感じ。手を抜いていたわけじゃないけど、やっぱり打って守ってが野球」と否定的だった[4]

1977年頃からヒザ痛に悩まされ、代打での出場が目立つようになった。1979年より打撃コーチ兼任となり、同年限りで現役引退

引退後[編集]

1980年から1982年まで阪急一軍打撃コーチ、1983年から1984年まで毎日放送解説者、1985年には西武ライオンズ一軍打撃コーチ、1987年から1988年まで南海ホークス一軍打撃コーチ、1989年から1992年まで福岡放送解説者、1993年から1995年まで近藤昭仁監督の下、横浜ベイスターズヘッド兼打撃コーチ。1996年には日本テレビ解説者。1997年から1998年まで再び近藤の下で千葉ロッテマリーンズヘッド兼守備コーチ、ヘッドコーチを歴任。2004年にはオリックスの宮古島キャンプで臨時打撃コーチを務めた。

コーチとしての手腕は高く、秋山幸二金森栄治(西武)、佐々木誠(南海)、鈴木尚典石井琢朗波留敏夫(横浜)、小坂誠福浦和也(ロッテ)を育てた。

現在は1999年から福岡放送の解説者。なお、2009年までは日本テレビ解説者、2012年まではラジオ日本ラジオ関西解説者も兼任していた。また、1999年から2005年までスポーツニッポン野球評論家も兼任していた。

人物[編集]

山口高志によると、1975年頃は自家用車のキャデラックで球場入りする際に、夏場でもカーエアコンをつけず、窓も開けずにレインコートを着て汗を出していたという[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 阪急 68 206 198 18 52 6 4 7 87 22 1 2 2 0 5 0 1 29 3 .263 .284 .439 .724
1967 129 523 466 66 131 15 0 27 227 78 12 9 0 7 44 2 6 54 12 .281 .351 .487 .838
1968 132 547 478 73 114 17 1 30 223 79 12 3 1 7 57 3 4 72 7 .238 .325 .467 .791
1969 129 551 487 95 154 22 2 41 303 101 21 8 0 7 54 4 3 49 14 .316 .388 .622 1.010
1970 121 486 424 59 131 20 1 28 237 102 18 7 0 9 50 3 3 46 9 .309 .386 .559 .945
1971 130 558 476 87 151 19 2 40 294 114 8 9 1 7 69 9 5 37 19 .317 .409 .618 1.027
1972 111 452 386 72 112 11 1 41 248 95 6 4 0 7 56 4 3 36 17 .290 .384 .642 1.027
1973 128 559 479 89 150 16 2 43 299 109 5 5 0 5 73 12 2 46 13 .313 .406 .624 1.030
1974 121 485 442 60 128 18 1 27 229 96 9 7 0 4 38 1 1 38 14 .290 .347 .518 .865
1975 103 423 378 55 102 12 0 25 189 58 6 3 1 5 38 2 1 29 13 .270 .338 .500 .838
1976 110 376 344 25 82 10 0 12 128 59 0 4 2 4 25 1 1 41 12 .238 .292 .372 .664
1977 58 164 142 21 39 2 0 10 71 27 0 0 0 4 18 0 0 19 3 .275 .356 .500 .856
1978 55 120 104 10 27 1 0 5 43 21 0 0 0 2 14 0 0 13 3 .260 .347 .413 .761
1979 54 73 68 3 17 0 0 2 23 8 0 0 0 0 5 0 0 7 1 .250 .301 .338 .640
通算:14年 1449 5223 4872 733 1390 169 14 338 2601 969 98 61 7 68 546 41 30 516 140 .285 .361 .534 .895
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 本塁打王:3回 (1969年、1972年、1973年)
  • 打点王:3回 (1969年、1973年、1974年)

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1969年9月27日、対ロッテオリオンズ27回戦(阪急西宮球場)、2回裏に川畑和人から左越ソロ
  • 150本塁打:1971年6月9日、対近鉄バファローズ8回戦(阪急西宮球場)、7回裏に板東里視から左越2ラン
  • 200本塁打:1972年9月3日、対西鉄ライオンズ21回戦(阪急西宮球場)、5回裏に田中章から左越ソロ ※史上19人目
  • 1000安打:1974年4月10日、対日本ハムファイターズ前期2回戦(藤崎台県営野球場)、5回表に三浦政基から中前安打 ※史上85人目
  • 1000試合出場 1974年6月8日、対南海ホークス前期9回戦(阪急西宮球場)、4番・右翼手で先発出場 ※史上172人目
  • 250本塁打:1973年9月14日、対太平洋クラブライオンズ後期10回戦(平和台球場)、1回表に柳田豊から中越ソロ ※史上11人目
  • 300本塁打:1975年6月22日、対太平洋クラブライオンズ前期13回戦(平和台球場)、7回表に田中章からソロ ※史上8人目
その他の記録
  • オールスターゲーム出場:9回(1967年 - 1975年)
  • 月間15本塁打(1972年9月)
  • 32試合連続安打(1971年5月28日 - 7月6日)
  • 53試合連続出塁(1972年7月29日 - 10月1日)
  • 4打数連続本塁打(1967年6月4日 - 6月6日)
  • 11試合連続打点(1974年6月8日 - 6月25日)

背番号[編集]

  • 3 (1966年 - 1982年)
  • 81 (1985年)
  • 72 (1987年 - 1988年、1993年 - 1995年)
  • 82 (1997年 - 1998年)

登録名[編集]

  • 長池 徳二 (ながいけ とくじ、1966年 - 1978年)
  • 長池 徳士 (ながいけ あつし、1979年 - )

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長池が付けていた背番号3は永久欠番になる予定だったが、1985年から他球団で打撃コーチになった為に取り消し。なお、阪急最後の年に背番号3を付けたのは石嶺和彦である。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ a b c d Sports Graphic Number編『豪打列伝』(文春文庫ビジュアル版)
  4. ^ a b c 『阪急ブレーブス黄金の歴史 よみがえる勇者の記憶』(ベースボール・マガジン社)における加藤英司との対談より
  5. ^ 【7月6日】1971年(昭46) 長池徳士、妻の前での日本記録は豪快な本塁打 - スポニチ
  6. ^ 【10月15日】1972年(昭47) 残り1試合 長池徳士 奇跡の逆転本塁打王 - スポニチ
  7. ^ それだけに1978年の日本シリーズ第7戦で起きた大杉の「ファールのホームラン事件」(空白の79分)は複雑だったとの事。チームのセンターライン強化により自身がDHに回された事も触れている。(福本豊の著書『追憶の球団 阪急ブレーブス 光を超えた影法師』より)
  8. ^ 鎮勝也『伝説の剛速球投手 君は山口高志を見たか』講談社、2014年、p.155。自家用車を持たなかった山口は西京極球場の試合などで長池の車に便乗させてもらっていた。

関連項目[編集]