近藤和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近藤 和彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 (1936-03-02) 1936年3月2日
没年月日 (2002-06-10) 2002年6月10日(満66歳没)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1958年
初出場 1958年4月5日
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

近藤 和彦(こんどう かずひこ、 1936年3月2日 - 2002年6月10日)は、京都府京都市出身の元プロ野球選手外野手)。

天秤打法と呼ばれる独特の構えで打席に立つことで知られる。

経歴[編集]

大阪府高槻市生まれ。平安高校では、1953年春の選抜に控え選手として出場するが、出番は代打1打席のみに終わった。チームも2回戦で伏見高に敗退。卒業後は明治大学政治学科に進む。立大長嶋茂雄らと同期であった。東京六大学リーグでは、2年生からレギュラーとなり、エース秋山登を擁し1955年春季リーグの優勝に貢献。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で日大を破り優勝。また同年の第2回アジア野球選手権大会日本代表(東京六大学リーグ選抜チーム)に選出された。しかしその後は早大、立大の後塵を拝し優勝から遠ざかる。リーグ通算83試合出場、255打数66安打、打率.259、0本塁打、23打点。ベストナイン3回(一塁手1回、外野手2回)。

1958年大洋ホエールズに入団。キャンプで速球を打つ方法を試行錯誤しているうち、剣道の構えからヒントを得た天秤打法を発案。右手はバットのグリップエンド、左手はバットの中ほどを持ち、バットを頭の上に寝かせて構える独特の打法であった。古傷であった肘の痛みを和らげるための方法であったとも言われている。

1年目からレギュラーとして打率.270、13本塁打を記録。1961年7月8日にサイクル安打を記録。自他ともに鈍足の選手であったと認めているが、優れた走塁技術でそれをカバーし、1961年には35盗塁で盗塁王のタイトルを獲得。打率リーグ2位を通算4回、打率3割を通算6回記録したものの、首位打者は一度も獲得できなかった。

1966年5月10日の対阪神タイガース戦で一旦はサヨナラとなる本塁打を放つも、投球前にタイムがかかっていたため打ち直しとなり、ピッチャーゴロに終わった[1]1973年宮原秀明外野手との交換トレードで近鉄バファローズに移籍し、同年に引退。

長嶋茂雄は、近藤のことを「最も有力強力なライバルの一人」として高く評価している。1960年代の実績から、2千本安打はもとより終身打率3割も達成可能と期待されていたが、その後の衰えが早く、惜しくもいずれの記録にも届かなかった。

引退後は大洋の二軍打撃コーチ(1976年 - 1977年)・一軍作戦兼打撃コーチ(1982年)・一軍作戦総合コーチ(1983年1984年)・一軍打撃コーチ(1985年1986年)、フジテレビニッポン放送の野球解説者、1985年~1986年まで大洋の監督だった近藤貞雄に招聘されて日本ハムの一軍打撃コーチ(1989年 - 1990年)・二軍監督(1991年 - 1992年)・一軍ヘッドコーチ(1993年 - 1994年)を務めた。その後はNHK-BSの野球解説者を歴任し、1997年には韓国プロ野球ハンファ・イーグルス打撃コーチを務めた。マスターズリーグの発足に貢献したが、2002年6月10日午前3時55分、多臓器不全のため死去。66歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 大洋 121 468 418 51 113 15 3 13 173 37 10 7 1 2 43 3 4 43 7 .270 .343 .414 .756
1959 110 447 409 45 114 17 4 8 163 22 6 6 3 1 31 1 3 37 7 .279 .333 .399 .732
1960 128 525 459 60 145 21 4 7 195 55 20 12 5 5 55 5 1 45 5 .316 .387 .425 .811
1961 130 555 475 72 150 21 3 11 210 48 35 10 5 0 74 3 1 50 6 .316 .409 .442 .851
1962 130 542 471 71 138 11 0 8 173 38 15 11 15 6 48 3 2 36 3 .293 .357 .367 .720
1963 139 583 485 62 148 10 1 7 181 42 19 5 9 8 77 9 4 34 5 .305 .399 .373 .772
1964 138 586 510 66 139 25 2 7 189 35 7 7 9 1 63 9 3 41 8 .273 .355 .371 .726
1965 134 561 493 75 152 24 0 9 203 33 15 13 9 4 54 7 1 51 7 .308 .375 .412 .787
1966 130 538 482 59 145 14 2 7 184 34 14 6 4 0 49 6 3 50 4 .301 .369 .382 .751
1967 119 483 422 62 138 18 0 7 177 33 6 8 16 3 37 0 5 54 4 .327 .385 .419 .805
1968 126 531 472 55 137 19 1 5 173 28 2 7 9 3 45 0 2 50 9 .290 .352 .367 .717
1969 122 503 444 44 106 12 0 9 145 29 5 2 6 2 48 1 3 66 9 .239 .316 .327 .642
1970 97 338 299 29 76 8 0 7 105 28 4 1 4 1 33 4 1 36 5 .254 .329 .351 .681
1971 67 158 137 9 19 2 0 3 30 12 0 0 2 1 17 1 1 15 3 .139 .237 .219 .456
1972 46 56 51 6 5 2 0 1 10 5 0 0 0 1 4 0 0 10 6 .098 .161 .196 .357
1973 近鉄 52 62 54 2 11 1 0 0 12 4 1 0 2 0 5 0 1 12 0 .204 .283 .222 .506
通算:16年 1789 6936 6081 768 1736 220 20 109 2323 483 159 95 99 38 683 52 35 630 88 .285 .359 .382 .741
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • サイクル安打:1回(1961年7月8日、対阪神タイガース戦、川崎球場) ※史上20人目
  • オールスターゲーム出場:9回 (1960年 - 1968年)
  • 1000試合出場:1965年9月11日(104人目)

背番号[編集]

  • 26 (1958年 - 1973年)
  • 73 (1976年 - 1977年、1982年 - 1986年)
  • 81 (1989年 - 1994年)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]