1975年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 1975年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
阪急ブレーブス() 4(2)
広島東洋カープ() 0(2)
ゲームデータ
試合日程 1975年10月25日-11月2日
最高殊勲選手 山口高志
敢闘選手 山本浩二
チームデータ
阪急ブレーブス ()
監督 上田利治
シーズン成績 64勝59敗7分
(前期1位/PO優勝) 
広島東洋カープ()
監督 古葉竹識
シーズン成績 72勝47敗11分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1974 1976 > 

1975年の日本シリーズ(1975ねんのにっぽんシリーズ、1975ねんのにほんシリーズ)は、1975年10月25日から11月2日まで行われたセ・リーグ優勝チームの広島東洋カープパ・リーグ優勝チームの阪急ブレーブスによる第26回プロ野球日本選手権シリーズである。

広島は初めての日本シリーズ出場。阪急の上田監督、広島の古葉監督は共に広島OBで、広島OB同士による初の日本シリーズとなった(両者は1984年でも再び対戦している)。

阪急が6度目のシリーズ出場で初優勝。阪急は前期優勝の後、プレーオフで近鉄を破ってパ・リーグ代表として出場したが、年間順位では2位であった(1位は近鉄)。年間順位が2位以下のチームが日本シリーズで優勝したのはこの年の阪急が初である。

試合結果[編集]

1975年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月25日(土) 第1戦 広島東洋カープ 3-3 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月26日(日) 第2戦 広島東洋カープ 1-5 阪急ブレーブス
10月27日(月) 移動日
10月28日(火) 第3戦 阪急ブレーブス 7-4 広島東洋カープ 広島市民球場
10月29日(水) 第4戦 雨天中止
10月30日(木) 阪急ブレーブス 4-4 広島東洋カープ
10月31日(金) 第5戦 阪急ブレーブス 2-1 広島東洋カープ
11月1日(土) 移動日
11月2日(日) 第6戦 広島東洋カープ 3-7 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
優勝:阪急ブレーブス(初優勝)

第1戦[編集]

10月25日 阪急西宮球場 入場者:24694人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
広島 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 3 10 1
阪急 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 0
  1. (延長11回)
  2. 広 : 外木場、金城
  3. 急 : 足立、山口
  4. :  急 – 大熊1号ソロ(1回・外木場)、マルカーノ1号2ラン(1回・外木場)
  5. 審判:球審…久喜、塁審…山本文・道仏・岡田和、外審…大野・谷村
  6. 試合時間:4時間29分
広島
打順守備選手
1[二]大下剛史
2[遊]三村敏之
3[一]G.ホプキンス
4[中]山本浩二
5[三]衣笠幸雄
6[右]R.シェーン
走右深沢修一
7[左]水谷実雄
打左山本一義
久保俊巳
8[捕]道原博幸
走捕水沼四郎
9[投]外木場義郎
金城基泰
阪急
打順守備選手
1[中]福本豊
2[右]左大熊忠義
3[一]加藤秀司
4[左]長池徳二
B.ウイリアムス
5[二]B.マルカーノ
6[三]森本潔
平林二郎
渡辺勉
7[捕]河村健一郎
8[遊]大橋穣
当銀秀崇
今津光男
9[投]足立光宏
山口高志

この試合の所要時間4時間29分は当時のシリーズ最長試合時間を9年ぶりに更新するものであり、試合時間が4時間を越えるのもこれが初めてであった[要出典]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月26日 阪急西宮球場 入場者:36418人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 3 1
阪急 1 0 0 0 4 0 0 0 X 5 8 1
  1. 広 : 佐伯、渡辺弘、池谷、宮本幸、若生
  2. 急 : 山田
  3. : 山田(1勝)  : 佐伯(1敗)  
  4. :  広 – シェーン1号ソロ(8回・山田)
  5. 審判:球審…谷村、塁審…大野・山本文・道仏、外審…平光・岡田豊
  6. 試合時間:3時間20分
広島
打順守備選手
1[二]大下剛史
2[遊]三村敏之
3[一]G.ホプキンス
4[中]山本浩二
5[三]衣笠幸雄
6[右]R.シェーン
7[左]水谷実雄
久保俊巳
宮本幸信
佐野嘉幸
水沼四郎
8[捕]道原博幸
打左山本一義
9[投]佐伯和司
渡辺弘基
池谷公二郎
打左守岡茂樹
若生智男
阪急
打順守備選手
1[中]福本豊
2[右]左大熊忠義
3[一]加藤秀司
4[左]長池徳二
B.ウイリアムス
5[二]B.マルカーノ
6[三]森本潔
渡辺勉
7[捕]河村健一郎
8[遊]大橋穣
9[投]山田久志

広島の5番手投手として登板した若生は、阪神在籍時代の1964年の第6戦以来11年ぶりのシリーズ登板となったがこれはシリーズ最多ブランク登板となった[1][要出典]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月28日 広島市民球場 入場者:25000人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
阪急 0 3 1 0 0 0 0 0 3 7 18 1
広島 0 0 0 0 0 2 2 0 0 4 6 1
  1. 急 : 山口
  2. 広 : 金城、渡辺弘、池谷、宮本幸
  3. : 山口(1勝)  : 宮本幸(1敗)  
  4. :  急 – 中沢1号2ラン(9回・宮本幸)、大橋1号ソロ(9回・宮本幸)  広 – 山本浩1号2ラン(6回・山口)
  5. 審判:球審…岡田豊、塁審…平光・大野・山本文、外審…久喜・岡田和
  6. 試合時間:3時間56分
阪急
打順守備選手
1[中]福本豊
2[右]左大熊忠義
3[一]加藤秀司
4[左]長池徳二
走右B.ウイリアムス
5[二]B.マルカーノ
6[三]森本潔
渡辺勉
高井保弘
走三井上修
7[捕]河村健一郎
中沢伸二
8[遊]大橋穣
9[投]山口高志
広島
打順守備選手
1[二]大下剛史
2[遊]三村敏之
3[一]G.ホプキンス
4[中]山本浩二
5[右]R.シェーン
6[三]衣笠幸雄
7[左]水谷実雄
渡辺弘基
久保俊巳
池谷公二郎
佐野嘉幸
宮本幸信
8[捕]水沼四郎
9[投]金城基泰
深沢修一

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月30日 広島市民球場 入場者:25002人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R H E
阪急 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 4 15 1
広島 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 12 0
  1. (延長13回)
  2. 急 : 足立、戸田、山口
  3. 広 : 外木場
  4. :  急 – 森本1号ソロ(2回・外木場)  広 – 山本浩2号ソロ(2回・足立)、山本一1号ソロ(2回・足立)
  5. 審判:球審…岡田和、塁審…久喜・平光・大野、外審…谷村・道仏
  6. 試合時間:4時間49分
阪急
打順守備選手
1[中]福本豊
2[右]左大熊忠義
3[一]加藤秀司
4[左]長池徳二
B.ウイリアムス
5[二]B.マルカーノ
6[三]森本潔
走三渡辺勉
高井保弘
走三井上修
7[捕]中沢伸二
8[遊]大橋穣
9[投]足立光宏
当銀秀崇
戸田善紀
河村健一郎
平林二郎
山口高志
広島
打順守備選手
1[二]大下剛史
2[遊]三村敏之
3[一]G.ホプキンス
4[中]山本浩二
5[右]R.シェーン
打右久保俊巳
6[三]衣笠幸雄
7[左]山本一義
走捕水沼四郎
水谷実雄
木下富雄
8[捕]道原博幸
打左深沢修一
9[投]外木場義郎
佐野嘉幸

試合時間4時間49分は第1戦で記録した4時間29分を上回り、2010年第6戦(中日ドラゴンズvs千葉ロッテマリーンズ ナゴヤドーム、5時間43分)にて更新されるまで35年にわたってシリーズ最長記録だった。また、史上初めて引き分け試合が複数記録された。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月31日 広島市民球場 入場者:25077人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
阪急 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 6 0
広島 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 1
  1. 急 : 山田、山口
  2. 広 : 佐伯、金城、宮本幸
  3. : 山田(2勝)  : 佐伯(2敗)  S: 山口(1勝1S)  
  4. :  広 – 衣笠1号ソロ(2回・山田)
  5. 審判:球審…道仏、塁審…谷村・久喜・平光、外審…岡田豊・山本文
  6. 試合時間:3時間2分
阪急
打順守備選手
1[中]福本豊
2[右]左大熊忠義
3[一]加藤秀司
4[左]長池徳二
B.ウイリアムス
5[二]B.マルカーノ
6[三]森本潔
渡辺勉
7[捕]河村健一郎
8[遊]大橋穣
9[投]山田久志
山口高志
広島
打順守備選手
1[二]大下剛史
2[遊]三村敏之
3[一]G.ホプキンス
久保俊巳
4[中]山本浩二
5[右]R.シェーン
6[三]衣笠幸雄
7[左]山本一義
8[捕]道原博幸
打捕水沼四郎
9[投]佐伯和司
金城基泰
守岡茂樹
宮本幸信

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

11月2日 阪急西宮球場 入場者:30371人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 0 2 0 0 0 0 0 1 0 3 8 2
阪急 0 1 0 5 0 0 0 1 X 7 9 2
  1. 広 : 池谷、金城、渡辺弘、宮本幸、若生
  2. 急 : 足立、戸田、山口
  3. : 戸田(1勝)  : 池谷(1敗)  S: 山口(1勝2S)  
  4. :  広 – ホプキンス1号ソロ(8回・山口)  急 – 中沢2号2ラン(4回・池谷)
  5. 審判:球審…山本文、塁審…岡田豊・谷村・久喜、外審…岡田和・大野
  6. 試合時間:3時間22分
広島
打順守備選手
1[二]大下剛史
2[遊]三村敏之
宮本幸信
若生智男
3[一]G.ホプキンス
4[中]山本浩二
5[右]R.シェーン
6[三]衣笠幸雄
7[左]山本一義
水沼四郎
佐野嘉幸
8[捕]道原博幸
打左水谷実雄
9[投]池谷公二郎
金城基泰
渡辺弘基
苑田聡彦
久保俊巳
阪急
打順守備選手
1[中]福本豊
2[右]左大熊忠義
3[一]加藤秀司
4[左]長池徳二
B.ウイリアムス
5[二]B.マルカーノ
6[三]森本潔
渡辺勉
7[捕]中沢伸二
8[遊]大橋穣
9[投]足立光宏
戸田善紀
山口高志

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞:山口高志(阪急)
  • 敢闘賞:山本浩二(広島)
  • 打撃賞:大橋穣(阪急)
  • 最優秀投手賞:山田久志(阪急)
  • 技能賞:福本豊(阪急)
  • 優秀選手賞:中沢伸二(阪急)、外木場義郎(広島)

※この大会で、広島カープが優勝した場合は、球団の資本の関係でマツダから最優秀賞の自動車が贈呈され、トヨタ自工からは賞金が贈呈される予定だったが、阪急優勝であったためトヨタ提供の自動車が贈呈された。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月25日
  • 第2戦:10月26日
    • NHKラジオ第1 解説:加藤進
    • TBSラジオ(JRN・朝日放送制作) 解説:皆川睦雄 ゲスト解説:小川亨近鉄
    • 文化放送(独自) 解説:河村英文別所毅彦
    • ニッポン放送(NRN・毎日放送制作) 解説:本屋敷錦吾 ゲスト解説:米田哲也
  • 第3戦:10月28日
  • 第4戦:10月30日
    • NHKラジオ第1 解説:加藤進
    • TBSラジオ(JRN) 解説:牧野茂稲尾和久(RKB)
    • 文化放送(独自) 解説:別所毅彦
    • ニッポン放送(NRN・中国放送制作) 解説:長谷川良平、皆川睦雄(ABC)
    • ラジオ関東 解説:笠原和夫、大沢啓二
  • 第5戦:10月31日
    • NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人
    • TBSラジオ(JRN) 解説:牧野茂、稲尾和久(RKB)
    • 文化放送(NRN・中国放送制作) 解説:皆川睦雄(ABC)、横溝桂
    • ニッポン放送(独自) 解説:土井淳、西村貞朗(KBC)
    • ラジオ関東 解説:笠原和夫、大沢啓二
  • 第6戦:11月2日
    • NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人
    • TBSラジオ(JRN・朝日放送制作) 解説:花井悠 ゲスト解説:江夏豊、江本孟紀
    • 文化放送(独自) 解説:河村英文(KBC)、別所毅彦
    • ニッポン放送(NRN・毎日放送制作) 解説:永井正義 ゲスト解説:米田哲也

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ それまでの最多ブランク登板は1960年の第2戦で登板した荒巻淳の10年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]